日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルロス・ゴーン 経営を語る
「ルノーの幹部と会議を重ねたゴーンは、いささかの戸惑いを感じえなかった。
 そこにはミシュランの会議にあった明確さもなく、
 米国式プラグマティズムのかけらもなかったからだ。
 
 『ルノーではさかんに会議が行われて、人々は熱心に議論します。
  ただ、その会議はどれも延々と続き、いつまで経っても終わらないのです。
  しかも、あらゆることが議題にのぼるのに、実際には何も決まらない。
  つまらない細部にこだわり、優先順位の感覚がなく、また実行しようという
  意志が見られませんでした。
  行動や具体化よりも、理論や知識が尊重されるのです。
  しかし、経営というのは実行こそがすべてです。』」

「まず実践的な行動よりも、自分の知識や考えを披露することに力が注がれるのです。」

 カルロス・ゴーン、フィリップ・リエス「カルロス・ゴーン 経営を語る」より


最近、カルロス・ゴーンにはまってます。
コーチングの本が多いね、あとは経営。
コーチングの本も読みましたが、感動したのは経営の本。

ミシュランでタイヤ屋さんをやっていたゴーンは、ルノーで車屋さんになります。
その後、日産に来ます。
その過程がいろいろとインタビュー形式で語られていて非常に面白い。

引用は、ミシュランからルノーに移ったときのルノーの会議に対する印象。

「自分の知識や考えを披露することに力がそそがれる」、、、

重すぎる、、、重すぎる。
気をつけよう。
うちの会社もこういうところある気がする・・・

正しいことを言って、満足。みたいな。


7つの習慣
「習慣も極めて強い引力を持っている。
 それはたいていの人が考えている以上のものである。
 後まわし、短期、批判、わがままなど、生活を支える原則に反する深く根付いた癖を
 捨てることは、弱い意志とわずかな努力だけでできるものではない」

「効果性はそのバランスにある。
 Pに集中し過ぎると健康を害し、機械を故障させ、
 企業を破産寸前に追い込み、人間関係を破たんに導く。
 その一方、PCに集中しすぎることは、まるで毎日三、四時間ジョギングをするようなものである。
 寿命が十年延びると誇るが、その十年をジョギングで過ごしていることに気づいていない」

 スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」より


世界で一番読まれている」と言われるビジネス書。
この売り文句、別の本でも聴いたことあるような、、、
ま、そこは突っ込まないでおこう。

会社の研修で半ば強制的に読まされた感じ。
しか~し、この本は、やっぱり凄い。多くの人に読まれているだけのことはある。
コヴィー自身の体験に基づいて書かれている記述の部分も興味深い。

いろいろと仕事の壁にぶつかりつつある今日この頃。
最近読んだビジネス本も少しずつブログにしていこう。

と言っていつもすぐ終わってしまうのだが ^^;


新しいことを始めるために、自分自身を強くしていくために
「いい習慣」を身につける必要がある。
習慣自体は、身についてしまえば些細なものだ。
でも、なかなか続けられないものだ。

二つ目の引用、この本の中でキーワードとなる「P/PCバランス
Performance(目標達成) と Performance capability (目標達成能力)

目標達成(結果)にだけ集中しすぎると、その目標達成に必要だった能力が
育たなくなる。
また、目標達成能力にだけ集中すると、目標達成ができなくなる。
この二つのバランスが重要だということです。

毎日残業ばかりして、目の前の仕事をばかりをこなしていると(P重視)
未来の仕事に役立つ勉強(PC)ができないってことです。
かと言って、勉強ばかりして(PC重視)その能力を仕事でいかせなかったら
意味がないってことです。

う~ん、まずは自分の時間をうまく確保しよう。

皇居駅伝
「『不可能』の反対語は『可能』ではない。
 『挑戦』だ。」

 ジャッキー・ロビンソン(黒人初のメジャーリーガー)


皇居駅伝なるものに参加してきました。

会社の部署の方々に誘われて、ろくに走れもしないくせに参加してみました。
今年の目標に「ハーフマラソン」を掲げておきながら、まだ10キロくらいしか走れません。
それもかなり遅い。

今年になってから、結構走りこんでるんですが、
今年の9月は異常に暑い!!


皇居駅伝は一人5キロなんですが・・・
朝、9時半スタートで、、、、救急車が6台でてた。

それにしても、休日の朝から走ってシャワー浴びるとおいしいお酒が飲めます。
こんな休日も悪くない。



サマコン
「The greatest obstacle to discovery is not ignorance ,it is the illusion of knowledge.」
 Daniel J. Boorstin(ダニエル・J・ブアスティン)


もう一か月もまえのことですが、やっとこさ日記に書きます。

たんぽぽのサマコンでした。
曲はいつも通り、(得意?の)ドハデな感じから、子供向けの曲から
来てくれた人達に「楽しかった」と言ってもらえる感じでした。

演奏のレベルは、まぁ、置いておいて・・・

このオケでは、今まで考えてなかったようなアイデアが出てきて
すごいなぁ と思ってしまう。
「クラシック」というものに先入観を持ってしまうのはもったいない。

もっと自由に音楽をやっていこうと思える
そんな、演奏会でした。

おわり。



あ、引用の訳を載せ忘れた

 「発見を妨げる最大の障害は、無知ではなく、知っていると錯覚することである」

名言!

告白
「同じ事柄でも考え方ひとつでどうにでもなることは世の中たくさんあります」

「幼なじみだから、『美月ちゃん』と呼びなれていただけかもしれません。
 でも、好きになるにはそれで十分でした。」

 湊かなえ「告白」より


映画を観てきました。&小説を読んでみました。

映画はかなり重い。映像が重い。
でもメッセージ性が強くておもしろかった。
視点を変えながらたんたんと進む感じ。
ちょっと怖いシーンもいくつかありましたが、楽しめました。

そして、小説。
映画で見ているので、だいたいストーリーはわかった状態で読んでいる。
これは、おもしろい!
ストーリーわかって読むと、ひとつずつの伏線の意味が読み取れて面白い。

同じことがらでも観点が違うと、全然変わるものだ。

引用の一つめはまさにそんな感じの名言。
この小説をよく表しています。
ちなみに、一番冒頭の、先生の告白シーンのかなり最初の方にでてきます。
(2ページ目くらい)
小説全体の、一番大きい伏線 ってとこですかね。

コンサル頭で仕事は定時で片付けなさい
「何から手をつけたらいいのかわからないのは、課題が大きな固まりのまま目の前にあるからです。
 分解すれば、一つひとつの形が見えて手に取りやすくなります」

 柴沼俊一「コンサル頭で仕事は定時で片付けなさい」より


最近、残業0 系の本が多い気がする。
単に目にとまるだけかもしれないが、、、

この本はコンサルタントの方が書いた本。
吉越浩一郎先生とは、若干違った観点ですね。

定時で帰れないのは、
「仕事が終わらないから」
ではなくて
「その日にすべき仕事がわからないから」
という主張はおおむね同じ。

よし、明日から気をつけてみよう。

祝・30代
「我々は年をとるにしたがって、良くも悪くもならないが、より自分らしくなってゆく。」
 
 メイ・ランバートン・ベッカー

「他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。
 しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。」
 ラポック

「時間は流れない。それは積み重なる。」

 出典不明

「あなたは一年後、今日始めなかったことを後悔しているかもしれない。」
 
 カレン・ラム

「『期尚早』と言う奴は10年経っても時期尚早と言う。
 『前例がない』と言う奴は200年経っても前例がないと言う。」

 川渕三郎

「その人の幸せ、不幸せを決めるのは、『でも』か『では』だ。
 40歳になって『今からでもできる』と思うか、『今からでは無理』と
 諦めるかは、その人の10年後に大きな影響を及ぼす。

 梁瀬次郎(実業家)


29歳、良い一年でした。本当に良い一年でした。
来年もそう言えますように。

歳を取るのが怖くなくなってきた。
それは、尊敬する人達のほとんどが30代以上だからだ。
そう、経験や実績を積むということは悪いことではない。

いつか、そうやって尊敬される人になるんだ。
自分らしくなるんだ。

号泣
「教育の目的は、機械をつくることではなくて人間をつくることである。」

 ジャン・ジャック・ルソー(フランスの思想家)

「学校で学んだことを一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ。」

 アルベルト・アインシュタイン

「誰かを真似て他人の二級品になるよりも、常に自分自身の一級品でありなさい。」

 ジュディ・ガーラン

もう一週間前の日記になりますが、、、

後輩に号泣された。飲みの席で。

俺のトレーニとして、入ってきた子で、丸二年間面倒を見てきた。
4月からは俺がグループが変わったこともあって、(席はとなりだが)
無事、俺の手を離れ仕事を進めてくれていた。

7月から、トレーナになるらしい。新人君を見ることになるのだ。

・・・それが辛いらしい。
俺みたいに後輩が見れるか不安らしい。

俺は(人事制度上も)、全社が認める特別な男だ。
2年くらいで追い付けるはずもない。
俺みたいになる必要は全然ない。
自分らしく、後輩を見てあげてほしい。
困ったらいつでも相談に乗る。
相談に乗りにくい空気を漂わせてるとしたらそれは、俺の問題だ。
なんとかKAIZENしていこう。

仕事だけできるような、機械みたいな人間に育てた覚えはない。
誰より人間らしい感性を持っているはずだ。
上海だって一緒に行った。何度も飲みに行った。何度もラーメン食べに行った。
人間味がある人間。
それは俺自身の目標であり、俺の教育方針だ。
一瞬たりとも、外したことなんてないはずだ。

本人はどう思っているか知らないが、俺からみると良くなついた子で
人間的にも社会人的にも、よく育ったなと思っていた。
もちろん、俺一人の力じゃない。彼女自身の力だ。
でも、本人がそのことに気づいていない。

そんな俺に対する敬意は、正直ありがたいと思う。
よくできる子と言っても、まだまだ3年目なんだ、不安はあるだろう。
もう少しバックアップしてあげよう。

それにしても、人前にあんなに号泣できるところが、正直うらやましかった。
自分を、あそこまで出せるところが。

さ、俺ももう少し素直に生きていこう!
後輩が先輩から学ぶことよりも、先輩が後輩から学ぶことの方が多いのだ。
改めて、そんなことを痛感した。

和太鼓
「手本を示すのは他人を動かす主要な手段ではない。
 それが唯一の手段なのだ。」
 
 アルベルト・シュバイツァー(ドイツの哲学者・音楽家)



初めて「和太鼓」を聞いてきました。
タオリズム
主催の女性がかっこよかった。

いつも聞いているクラシック音楽とは全然違う、、、
「日本」のクラシックのひとつだと思う。

リズムしかない楽器で、どのような講演なのまともにわかっていないまま
聞きに行きましたが・・・これはすごい!
ちょっとびっくりして、感動してしまいました。

リズムを聞かせる。
ダイナミックスを聞かせる。
合わさった音を聞かせる。
ひとりこの音を聞かせる。

そして、見せる。魅せる。

う~ん、珍しいものを聞かせていただきました。
いい手本を見せていただきました。

ロストシンボル
「科学と神秘主義は密接に結びついていて、両者の違いは単にアプローチの仕方でしかない。
 めざすところは同じだけど、手法が異なるというわけ。」

「ある考えが広く受け入れられているからといって、
 それが真実である証拠にはならない」

「そのような共通の信念が生じたことを、何をもってすれば説明できるでしょうか」
「真実です。」

 ダン・ブラウン「ロスト・シンボル」より


4月の中頃から読み始めました。今、下巻の終りの方まで来ました。
今回って、今までと少し趣向が違うのかな。

宗教やフリーメイソン、象徴などなどを扱った暗号を
どんどん解読していきながらストーリーが進んでいくところは同じ。

書きすぎるとネタばれするので、内容はあまり書きませんが
今までのダン・ブラウンのつもりで読んでるとストーリーが見えないかも。

残りの部分を読んでみないとなんとも言えませんが。


ひとつ目の引用好きです。
「同じ結果に向けて違うアプローチを」
俺の座右の銘が、そのまま出てきた感じでした。

二つ目と三つ目の引用。
この小説の・・・と言うか、ダン・ブラウンの小説のメインテーマはこれでしょうか?

真実とは何か?と考えてもはじまらない。
多くの人が信じているからといって、必ずしも真実ではない。

しかし、多くの民族や宗教、国の習慣などの起源をたどっていくと
共通の考え方によっている部分がある。
この「共通の部分」については、真実と言える可能性が高いということかな。

う~ん、うまく説明できないが・・・
何冊が読んだ人にはわかってもらえると思います。

讃岐旅行の締め
「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」
 
 坂本龍馬


この歌好きです。今回の旅行とあんまり関係ないけど、あえて龍馬。
初日、とまった旅館で龍馬館のあんないとかやってて。
そっか、四国ってそういうところなんだなと思ったわけです。
歴史、あんまり詳しくないからね。少しは勉強しようと思いました。

さて、最終日は有馬温泉に入りました。
茶色のお湯。
熱い方のお湯(44度)は入れなかった、、、ゆるめ(42度)でも十分熱い。

温泉街をぷらっと歩き回っていたら、有馬温泉の源泉を発見。

DSCF0499.jpg

さ、いよいよコーヒーの街、神戸に向かおう!
と言うわけで、わずか30分ほどで神戸に着。

神戸と言えばコーヒー。向かう途中でるるぶを購入。
コーヒーの特集は無い、、、でもやっぱりカフェはたくさん紹介されている。
老舗、にしむらコーヒーにてケーキとコーヒー。
お土産に豆も買いましたよ!

DSCF0502.jpg

南京町にちょっと寄って、そのままぷらっとして、
みんなと別れて横浜に戻ってきました。

さてさて、今回は比較的よく会っている同期二人との旅行でしたが、
こんな感じに旅行するのはひさしぶりで、かなり楽しかった。
変わってないところも多い。変わっているところも多い。
昔からの友人たちに、ちょっと刺激を受けつつ、明日からも頑張ろう
と少し思えた旅行でした。
で、何から頑張ろうか、、って疑問は残ったままですが。

また、どこか行きましょう!

讃岐→姫路→宝塚
「初秋の風を簾にまきとりて 軒はにおほう竹の葉の露」

 上句・本多忠刻
 下句・千姫


二日目。旅館で温泉につかってから、一日スタートです。

まずは、こんぴらにてこんぴらうどん。

DSCF0403.jpg


エビ乗っけちゃいました。
ここはまぁまぁでした。

次へ。
るるぶのお勧め第一位。讃岐にきたらここ。
山越うどん

大きい駐車場が、、、めちゃくちゃ期待できる。
うわ、並んでる!。

DSCF0408.jpg

100人くらい並んでた。
角を曲がったら、まだ列が続いてた、、、結局食べるまで、30分くらい。

どーん。

DSCF0410.jpg

かまたまやま。
釜あげに卵と山芋がかかってる。
おいしかった、、、が、ここまで列ができるほどかな??
まわりの店と、そんなに違いがわからない。

そのまま、谷川米穀店に向かうも臨時休業中、、、
そして、なかむら

ここは駐車場が小さくて、駐車場の待ち時間の方が長かったかな。
結局、食べるまで1時間くらいかかった。

DSCF0412.jpg

かまたまにしました。
山越うどんとの違いがよくわからない。
個人的にはこっちの方が好き。

そして、揚げが美味しそうな写真がでていたがもうへ。

しかーし、揚げが直前に売り切れ。
仕方ないのでそのまま冷やしでいただきました。

写真忘れた、、、

かなり満腹ですが、最後は瀬戸大橋の近くでおか泉

DSCF0415.jpg

うん、ここは麺がレベルが違うくらいにおいしい。
すごい。

結局のところ、がもうと竹清が一番よかったかな。
かまたまよりも冷たいうどんで、ねぎとしょうがと天かすで食べるのが良いとわかりました。

瀬戸大橋を超えて

DSCF0422.jpg

工事中の姫路城へ。
5時までに入らないといけなかったのですが、
駐車場についたのが4時55分。城の入口まで全力疾走でした。しかも雨ふってるし・・・

さすがに、閉門の直前ということでものすごく空いてる。
廊下、だれもいない(笑
かなりレアな写真かな??

DSCF0449.jpg

帰りに城を見上げたら虹が出てた。
いい写真とれた。

DSCF0474.jpg


二日目は、このまま神戸に向かい、神戸牛を食べておわり。

つづく・・・

讃岐うどん
「世にふるは苦しきものを槙の屋にやすくも過ぐる初時雨かな」

 二条院讃岐


讃岐旅行に行ってきました。
うどん、たべまくりです。

高松空港には、昼の12時前に着。はやくも空腹。
レンタカーを借りる前に、さっそく二軒。

まずは、これ。さかえだ

DSCF0368.jpg

あまりの空腹に2玉にしてしまった・・・たべすぎた、失敗。
初の本場讃岐うどん。おいしい!

そのまま2分ほど歩き、竹清
ここのワサビが、麺との相性が絶妙でした。

ここは込み過ぎてて写真撮れず。かわりに店の前の行列を・・・

DSCF0370.jpg


車を借りてきて次へ。
松下製麺所

DSCF0375.jpg

シンプルに冷たいうどんを。麺がおいしい。
さすが。

次、池上製麺所
カーナビの通りに向かったら、音声案内終了と同時に看板が

「カーナビの案内が間違っている場合があります。
 池上製麺所は・・・」と地図が貼ってありました。

みんな間違えるんだろうな、、、
ちょっと期待値が上がりました。

DSCF0376.jpg

かまあげに卵を入れてみました。
麺が美味しい。うん、全部麺がおいしい。

と言うわけで一日目は4件。

その後、少しでもエネルギーを消費しようと、こんぴら山を登りました。

DSCF0400.jpg

本尊のところまでね。ここから先は暗くなってしまったので止めです。

旅館近くの鳥飲み屋で飲んで(まだ食べれた、、、)
温泉浸かって、今日は終わりです。

ひさしぶりによって大学時代からの親友×2と語らいました。
いい夜でした。

つづく、、、

ライアーゲーム
「早寝早起きの、勤勉で、分別があって、金を浪費せず、真っ正直な人間が、運の悪さをこぼすのを見たことがない。
 
 人柄の優れた、よい習慣を持った、鋼鉄のように強く、勤勉な人間は、愚か者には想像もつかぬような悪運に
 見舞われたとしても、決してびくともしない。」

 ジョセフ・アディソン


水曜日の定時退社日を使って映画観てきました。
前々から観たかった「ライアーゲーム」

相変わらずのストーリーのなさ。ただただゲームをするところが面白い。
嘘をついてのだましあい。
知恵比べ、はったりの勝負。

いや~、ものすごくシンプルなルールのゲームなのに
こんなにもいりくんだ勝負になるとは、、、すごい。
よく考えられている。

ドラマ版も、レンタルになったら観てみようと思います。

行動と理由
「疑いながら、ためしに右へ曲るのも、信じて断乎として右へ曲るのも、
 その運命は同じ事です。
 どっちにしたって引き返すことは出来ないんだ。」

 太宰治「お伽草子」より


どんな理由でどんな行動をとろうと、運命を決めるのは行動の方だ。

何をするにも自信をもって行動しよう!
と思う今日この頃。

さ、寝よ。
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。