日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラス思考、マイナス思考
「いい知らせと悪い知らせと、どっちから聞く?」 アメリカのことわざ

「グラスに入っているワインを見て『もう半分しか残っていない』と嘆くのが悲観主義者。
『まだ半分も残っている』と喜ぶのが楽観主義者。」 バーナード・ショウ


珍しくリクエストのあった数学の話。
有名だが疑問が残る、「マイナス × マイナス = プラス」

数学的には、乗法に関して符号の集合 {+, ?} が加法群としての Z / 2Z = {0, 1} あるいは乗法群としての {±1} と同型であるということ。
簡単に言うと、プラスの世界(実際の数字の世界)でする演算と、同様の演算をマイナスの世界(架空の数字の世界)でもしようとすると、「マイナス × マイナス = プラス」と考えることで矛盾なく説明できる。ということ。

例えば、時速40K/hで東に向かって走っている車があったとする。
時速をマイナスにすると、西へ40K/hで走っていることになる。
時間をマイナスにすると、○○時間前ってことになる。
「東に向かう車が○○時間後にいる(未来系)場所」と「西へ向かう車が○○時間前にいた(過去形)場所」とは同じ結果になるのだ。(と、数学では考える)


マイナスな環境にいるときほど、マイナスに考えると、全体としてはプラスになるものです。

マイナスの状況から
「今より悪くなることはない」
こう思えたら、プラスってことですよ、きっと。
でも、この考え方自体は決してプラス思考とは呼べないと思う。
マイナスの状況 × マイナス思考 = 全体としてプラス
って事かな。

ちょっと強引な論旨の展開でした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。