日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーンソフトウェア開発
「高品質と低価格とスピードは、本当に」共存できないのだろうか?
 リーン開発手法を知る前、製造や製品開発を行っていたころには、私たちも『できない』と思っていた。
 しかし、価値とフローと人に焦点をあてることによって、高品質、低コスト、迅速な出荷を実現できる、
 それを私たち自身、市場から逃げ出していった競合他社から学んだのだ。」

「あきらかなことが一つある。
 それは、ソフトウェア開発という産業には、改善の余地がいくらでもあるということだ」


 メアリー・ポッペンディーク「リーンソフトウェア開発」より


今までまとまった形で読んだことのなかった、アジャイル開発に関する本を読んでみました。

大量生産や製造業での成功事例が、ソフトウェア開発にどのような影を落としたか?
この業界で、「常識」とされていることが、どれくらい正しいか?根拠を持っているか?

改善とは何か?マネージメントとは何か?リーダーとは何か?
チームとは、そしてチームの成果とはなにか?効率化とは何か?

自分なりの答えがある人は、読んでみてください。
結構おもしろいです。

最近の仕事の仕方は、「短いスパイラル」を徹底しています!
またまた影響されすぎです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。