日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、ビジネス書を読んでも『仕事ができる人』になれないのか?
「ピカソという画家の尊敬すべきところは、膨大な数の模写を残していることです。
 マネやルノワールなど、模写作品はじつに多彩。
 しかもその人の作品をほぼ完璧に作り上げています。
 でも何よりもすごいのは、ピカソはこういった模写の作業を、画家として成功した後で行っていることだと思います。」

 夏川賀央「なぜ、ビジネス書を読んでも『仕事ができる人』になれないのか?逆転発想で効率的に成果を上げる勉強術」より



最近、ビジネス書を読み漁っていたので、またたまっていたメモを少しずつブログに書いて行こうと思います。


ビジネス書、大好きなんですが、この本は「ビジネス書をよんでも変わらない人が多い・・・」という観点から、
ビジネス書を読んで、何を学ぶべきか、どのように仕事に生かすべきか
が、筆者なりの書かれています。

簡単に言うと「将来のために勉強する」と言うのでは、その勉強は無駄になる。
今のために勉強する」と考えなくてはならない。

たしかに、10年後使える知識、考え方を学ぶのではなく、
明日から仕事で使えるものを、手に入れていく必要がある。

さて、俺は明日から変われるだろうか?

ちょっと要約し過ぎですね、ビジネス書好きな方は読んでみてください。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。