日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリコとルゼル
「与えられた仕事を着実にこなしていく
 ・・・これが私のモットーです。」

 ヘルベルト・フォン・カラヤン(オーストリア指揮者)


久しぶりに演奏会を聴きに行きました。
前回まで所属していたアプリコシンフォニーオーケストラ と今回、初のルゼルです。

14:00~
蒲田のアプリコホール。
曲は「ダッタン人の踊り」と「眠りの森の美女」と「ラフマニノフ1番」
ロシアプログラム。ラフ1って、、、なんてマニアックなんだ。

アプリコは知ってる人が多いだけに、おもしろかった。
いろいろと裏も見てきただけに、演奏を聴いていて不思議な気持ちになりました。
やっぱり音楽は凄い演奏会の本番は凄い
細かいいざこざなんてまったく感じさせない。

全曲打楽器をフル活用。
非常に多くの二酸化炭素を排出している地球にやさしくない演奏でした。

演奏はとってもよかったです。強いて言うならアンコールが欲しかった。明るめの曲。

17:00~
その後、新宿に行って回転寿司
学生の頃はよくたべたなぁ

18:30~
東高円寺。セシオン杉並。ルゼルの演奏会です。
曲は「おもちゃの交響曲」「少年のためのアルバム~子どもの一年」「モーツァルト40番」
今回は小編成の曲がコンセプトみたいです。
非常に省エネで、ECOの精神にのっとってます。二酸化炭素もアプリコの半分くらいでしょう。

でもひとり変な人がいました。
モーツァルトの1stバイオリンの4プルの表。
動き過ぎです。乗りすぎです。非常に見苦しかった。彼は次から乗せないほうがいいでしょう。
演奏全体の二酸化炭素の半分くらいは、きっと彼です。
もうちょっと省エネをこころがけましょう。

おもちゃの交響曲では、日頃は聞いたことのないおもちゃの音がたくさん出てきました。
ビオラ部隊がやってました。鳩笛や水笛など。
今度、ビブラートのかけかたを教えてあげることにしました(笑)

21:00~
そのまま帰るとおもいきや、せっかくなんで新宿のキリンシティに行ってビールを一杯。
やっぱりここのビールはおいしい。おいしい。

一日で、ふたつ演奏会聞いたのは初めてです!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。