日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なるギャッツビー
「Whenever you feel like criticizing anyone,
 just remember that all the people in this world haven't had the advantages that you've had.
 In consequence,I'm inclined to reserve all my judgements」

 映画「The Great Gatsby」より


金曜日は映画の日。

1974年公開の映画「華麗なるギャッツビー
スコット・フィッツジェラルド の原作小説の冒頭の言葉。
映画も、このナレーションで始まる。

人間失敗を繰り返して大きくなるものだ。
他人と同じ失敗を、自分がいつするかわからない。
その、他人の失敗を非難することは簡単。
しかし、大切なのは、失敗からその人を理解してあげれること。相手の立場に立って考えること。

非難からは学ぶものは何もない、
他人に対する思いやりと、理解が大切。


さてさて、明日は土曜だしすこしゆっくり起きれる。せめて午前中は仕事を忘れよう。午後は仕事だし^^;
他人の失敗のせいで、こんなバカみたいに忙しいと思わないこと。
どこにターニングポイントがあったか、自分なりに反省してみよう。

久しぶりに(?)会社でキレた。自分の立場がよくわからないなぁ。
部長や課長の立場から、30前の部下が牙をむいてきたらどうなんだろう?
自分が、彼らの立場ならどう考えるだろう?

なんてことを冷静に考えながら。


エルガーのチェロコン、かっこいい。
譜面が届いた。さらわないと!その前にリード買わないと!楽器調整にださないと!


あっ、引用の訳を忘れてました。
他人のことを批判したくなった時にはいつでも、
 世間の人たちはお前のように有利な立場にあるとは限らないことを思い起こしなさい。

 そのため、私はあらゆる判断を即座に下さない傾向がある」
です。

耳が痛い名言です。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。