日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年に読んだ本
本を読みながらノートを側において、覚えておきたいと思う意味深い箴言をそこに書き留めておくのは好ましいことだ。
 いつか気持ちがふさいだときなど、これを眺めれば、書きとどめられた賢者達の思索は生きてゆくのを助けてくれるだろう。」

 アンドレ・モロア

「よい本を読むためには悪い本を読まないことだ。そのためには読まない技術が必要だ。
 読まない技術とは何か?それは一時的に人気のある本を手にとらないということだ。
 愚か者のために書く著者は常に広い読者層を持つ、ということを覚えておくがいい。」

 ショーペンハウエル


今年読んだ本を、手元のメモから拾い起してみました。
実際にはもっとあるかも。

計47冊。
(うち東野圭吾19冊 )

詳細はこんな感じ


1月
山崎ナオコーラ「人のセックスを笑うな」
若松義人「トヨタ式鬼十訓 私が大野耐一に学んだこと」
宮本文昭「オーボエとの『時間』」
東野圭吾「幻夜」

2月
東野圭吾「容疑者Xの献身」
東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」
西川史子「年収4000万にこだわる理由」
アガサ・クリスティ「オリエント急行殺人事件」
東野圭吾「卒業」
伊藤健太郎「プロマネはなぜチームを壊すのか」

3月
伊藤靖「プロマネは見た!」
伊藤健太郎「プロジェクトはなぜ失敗するのか」
東野圭吾「放課後」
長嶋千恵 余命一ヶ月の花嫁
吉越浩一郎「残業ゼロの仕事力」
東野圭吾「黒笑小説」

4月
小林美佳「性犯罪被害にあうということ」
東野圭吾「悪意」
東野圭吾「流星の絆」
アラン・ピーズ+バーバラ・ピーズ著 藤井留美訳 「Why men dou't listen & women can't read map(話を聞かない男、地図が読めない女)」
P.F.ドラッガー「プロフェッショナルの原点」
原由美子「オシムがまだ語っていないこと」

5月
東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
東野圭吾「同級生」
中川昭一、宋文洲「どうした、日本 中川昭一と宋文洲の不愉快な対話」
東野圭吾「眠りの森」
東野圭吾「宿命」
東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」

6月
東野圭吾「ゲームの名は誘拐」
折原一「倒錯の帰結」

7月
東野圭吾「天空の蜂」
篠田節子「秋の花火」

8月
吉越浩一郎「残業ゼロの人生力」
藤原伊織「テロリストのパラソル」
ドナルド・C・ゴース、ジェラルド・M・ワインバーグ「ライトついてますか?」

9月
吉越浩一郎「2分以内で仕事は決断しなさい」
井坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」
井坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」

10月
世界がもし100人の村だったら
松本幸雄「定時で上がる手帳術」
奥田英郎「ララピポ」
東野圭吾「名探偵の呪縛」

11月
東野圭吾「ガリレオの苦悩」
東野圭吾「聖女の救済」
若松義人「トヨタ式『改善』の進め方―最強の現場をつくり上げる」

12月
東野圭吾「鳥人計画」
宮部みゆき「火車」


えっ、お勧め、、、?
社会人の方は吉越浩一郎は必ず読むこと。
小説なら、「ゲームの名は誘拐」「天空の蜂」です。

来年は読まない技術にも挑戦したいですね。
気になるタイトルの本があったら迷わず手に取ってます!


今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
2008年のカウントダウンに出かけてきます。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。