日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車
「現代のクレジット・ローン破産というのは、ある意味では公害のようなものでもあるのですよ」


「そうやって考えていくと、事故には無数の要因があるし、理由がある。改善しなければならない点も多々ある。
 仮に、今ここで、私がそれを全部棚上げして
 『でも結局は、事故を起こすのは、そのドライバーが悪いからだ。被害者も加害者も同じことだ。
  まともな人間なら事故など起こさない。事故に遭うのは、そのドライバーに欠点があるからだ』
 と言ったらあなたはどう思いますか?
 
 多重債務者たちを、ひとまとめにして『人間的に欠陥があるからそうなるのだ』と断罪するのは易しいことです。 だがそれは、自動車事故に遭ったドライバーを、前後の事情も何も一切斟酌せずに、
 『おまえたちの腕がわるいからそうなるのだ。そういう人間は免許なんて取らないほうがよかったんだ』
 と切って捨てるのと同じことだ。
 『それが証拠に、ほら、事故を起こしていない人間だっているじゃないか』とね。
 そういう人間を見習え、とね」

 宮部みゆき「火車」より


年末にブログまとめて書きます。
しばらくさぼってました。

久しぶりに宮部みゆきを読んでみました。
読みなれた東野圭吾と違い、文章がどこか客観的な感じします。そのせいか会話が多い。
 (東野圭吾はだいたい一人称で書かれてるんです。)
主人公に対して感情移入しにくい感じです。

そのせいか、なかなかエンジンがかからなかったのですが、
取り上げているテーマの面白さから途中からは一気に読めました。

テーマは多重債務。クレジット破産
婚約者が実は多重債務者だった!・・・と言うところからもっと大きな問題に展開していきます。

現在のクレジット産業の問題店や、破産の仕組み などなど。
他人事とは思えない話がたくさん展開されます。

さて、年末はいつもどおり忘年会で皆さんの支払いを立て替えてクレジットのポイントを
稼いでいる今日この頃ですが、、、破産したらどうしよ。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。