日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ララピポ
「この街にテポドンが落ちたとしても、彼はまるで同情する気がない。
 馬鹿が一掃され、世の中がよくなるのではないかと思うほどだ。」

「世間は広い。
 おそらく世の中は、罪の意識を持つだけ損するようにできているのであろう。」

 奥田英郎「ララピポ」より


会社の先輩に借りました。
面白い、、、と言うか、、、おもしろすぎる。
過去最高に面白い。

真面目なのに笑える感じと、登場人物たちのキャラクターというか、境遇と言うか。
隣の芝生は青いと言うか、みんなそれぞれ苦労を抱えながら生きてます。
ちょっと気を抜くと、「自分基準」になりがちですが、
周りの人たちの心の中を少しでも理解してあげれることが大切。

かなりバカバカしくて、でも怖くてまともに受け止められない、、、
何も考えずにも読めるし、ちょっと感情移入すると現実が怖くなるほど考えさせられる。

これはすごい小説です。

・・・でも、間違いなく今まで読んだ中で最もお勧めしない一冊です(笑
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。