日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうした、日本 その2
「日本は金融を非常に軽視する風潮があるということです。
 製造業じゃないと邪道という意識が強い。」

 中川昭一、宋文洲「どうした、日本 中川昭一と宋文洲の不愉快な対話」より


引用は、経済問題についての対話での宋氏の発言。

日本人をお金を株式市場や銀行に預けたりせず、眠らせている。
自分達では運用しないくせに、外国の投資家達が日本株を買っているのを
ハゲタカ」よばわりする。
彼らは日本人が買わないから、買っているんです。
彼らが買わなかったら、日本の企業に資金が入ってこない。日本の経済が潤わない。
戦後日本は、製造業で発展してきたのでこういう風潮がある。

と言う流れの対談です。

たしかに、お金を元手に何もつくらずに、何のサービスも提供せず
お金を増やしていく人がいたら、日本人は毛嫌いするだろう。
 (この対談で引き合いに出されたのは、村上ファンドの村上氏)
しかし、世界的にはこのようなことは一般的で、むしろ投資は重要な経済効果を生む。

なるほど、俺もそういうところあるな。
ものづくりしないのは悪」と思っているところあるな。
一般には、モノづくりより、資産運用の方が儲けが多いんだよな。

もうちょっと経済と金融をちゃんと勉強して、もうちょっと資産運用してみよう。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。