日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性犯罪被害にあうということ
「誤解を招きそうなので伝えておきたいのが、これは寂しいことでも辛いことでもない。
 だから、消す必要もなければ、忘れる必要もない。乗り越える必要もない。
 ということ。」

「知ってほしいだけなのだ。」

 小林美佳「性犯罪被害にあうということ」より


またまた、本屋でジャケ買い。今年になってからジャケ買い多いな。
ノンフィクションものはあまり読まないのですが、前回の「余命一ヶ月の花嫁」で感動して、
ついつい買ってしまった。

著者は、20代で性犯罪被害にあう。
その体験や、その後の生活や活動を中心に、著者の考えやメッセージが詰められている。

半分くらいまで読んでみた感想。

強い。

やはり女性は強い。

人間毎日大きな事件(とまではいかないかもしれないが)が起きていて、
毎日、変化していく。その過程では、その事件は「過去の経験」ではなくて人格の一部となる。
著者の主張は、非常に明快。
う~ん、深い。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。