日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身
「謝る必要はないだろ。
 命令には従いつつ、自分なりに意見はある、というのは正常な姿だと思うぜ。
 そういう人間がいないと、なかなか合理化は進まない。」

 東野圭吾「容疑者Xの献身」より


「幻夜」「嘘をもうひとつだけ」「卒業」に続く、今年4冊目の東野圭吾。
去年、ドラマ化された「ガリレオ」湯川シリーズ。

主人公は、数学の天才。湯川の大学同期。
いまのところ、まだ「再開」したばかりですが、きっとこの先「対決」になるだろう。
かなり楽しみです。

引用は刑事が、言いたい事を言った後で謝って後輩に言うセリフ。
ほとんどそっくりそのままを、職場で後輩に言ったことがある気がして笑えた。


さてさて、話の内容ですが、数学の話が久しぶりにでてきておもしろかった。
リーマン予想って久しぶりにきいたね、まだ証明されてないのだろうか。
ま、されてればすぐニュースになるだろうから、まだ証明されてないだろう。

と言いつつ、こないだ「ポアンカレ予想」が正式に証明されたときは、ニュースを見逃してましたが・・・

↓ポアンカレ予想(wikiより拝借)

宇宙の中の任意の一点から長いロープを結んだロケットが宇宙を一周して戻ってきて、ロープの両端を引っ張ってロープを全て回収できた場合、宇宙の形は概ね球体(=ドーナツ型のような穴のある形、ではない)と言えるのか

すげ~、意味ない、、、
これだから数学はやめられない。。。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。