日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘をもうひとつだけ
「嘘を隠すには、もっと大きな嘘が必要になる」
「人生においてもね」
 (嘘をもうひとつだけ)
 
「そうかもしれないし、そうでないかもしれない。今となってはわからないことだ。
 そして、彼女にとってはどちらでもいいことだった。」
 (狂った計算)

 東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」より


加賀恭一郎シリーズ面白い。面白い。
短編集を買ってみました。

長編と違って登場人物に、自分や身の回りの人を重ねる前に終わってしまう。
書く方はその分のむずかしさがあるんだろうなぁ。

「狂った計算」は面白いです。
長編小説並のどんでん返し。まさに「狂った計算」と言った感じです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。