日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収4000万にこだわる理由
「女はいつも二分される。未婚か既婚か、美人かブスか、金持ちか貧乏か、仕事に生きているか愛に生きているか。」

「女はたとえこの世に自分だけしか存在しなくても、鏡を見ることをやめない生き物。」

 西川史子「年収4000万にこだわる理由」より


ぶらっと立ち寄った本屋で衝動買。ジャケ買
だいたいの場合、本屋で衝動買いするときは、タイトルのインパクトで決まる。

人の話を聞くと、とにかく感動しやすいわたくしですが・・・この本はすごい。
何がすごいって、ここまで自分の本音をさらけ出せるのがすごい

人間、大人になるにしたがって自分をさらけださなくなる
考えてることがあっても、周りに反対されることを恐れて自分の意見を言わなくってしまう人は多いと思う。
この本の著者「西川史子」は、いわずと知れた女医兼タレント
自分の価値観や、育った環境が周りとは違うことに気づきながらも、自分なりの人生感や恋愛観、結婚感、仕事感などを、何のためらいもなく(本人的にはあるのかな?)さらけ出している。

初めの5ページくらいを読んで
「買わなきゃよかった・・・」と思いますが、その先を(がんばって)読み進めていると、だんだん共感する部分が増えてくる。
う~ん、ここまでものが言えるようになったら大物だ。

周りがなんと言おうと守りぬける自分なりの価値観
それを持つだけでなく、主張できるようにならなければいけないですね。
周りと違うことを恐れてはいけない。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。