日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dying eye
「年間どれだけの人間が交通事故で死んでいると思う?一万人だ。
 助かったが怪我をしたという人間は、その何倍もいるだろう。
 そして事故にはならなかったが、一つ間違えば事故になっていたというケースは、さらにその何倍もあるはずだ。」

「年間一万人の交通事故死者がいるということは、それに近い数の加害者もいるはずだ。」

 東野圭吾「Dying eye」より


睡眠時間と勉強時間がなくなる理由。
1:仕事(残業)
2:オーケストラ
3:東野圭吾

です。俺の場合。
でも東野圭吾は面白くて、ついつい読んでしまう。
睡眠時間が・・・


交通事故って、平均すると40秒に一回のペースで起きてるらしい。
東京とか神奈川に限定すると、率的にはもっと高いのかも。

そして、数だけの被害者がいて、加害者がいる
事故の数だけ被害者がいることは分かっていましたが、事故の数だけ「加害者がいる」ことはなんとなく見落としてましたね。
その人たちは、刑事責任などを問われていくんだろうね・・・
人生かわるんだろうな・・・
この小説の主人公みたいに・・・

って考えると怖くなる。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。