日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカ・マヤ・アステカ
「いかなる犠牲においても平和を!」
 ラマルティーヌ


日曜日に、インカ・マヤ・アステカ展を見てきました。
すごく人が多かった(*_*)

紀元前の文明なのかと思ったら、意外や意外、マヤ文明は紀元前からだけど、インカとアステカは15,6世紀の話なのね。
びっくり。
日本では、室町とか戦国時代の文明みたい。

マヤ文明も、最も栄えていたのは7,8世紀ころみたいです。


一番印象に残ったのは生贄の話。
古代文明では、お祭りのときに生贄をささげることが多いみたいですね。
いろんな考え方があるとは思いますが、よくない習慣であることは確かです。

今の日本に生れてよかった・・・と思いきや、、、よくよく考えたら、自ら死にに行くようなことと言うのは、結構最近まで日本でもありましたね。
神風特攻隊とかはその典型的な例だし、日本では「全滅」のことを「玉砕」と言い、さもそれが美しいかのような考え方を刷り込んだ。
今でも「玉砕」と言うと、失敗はしたが果敢に挑戦したことを評価するようなニュアンスがあると思う。(→おれだけ?)

すこし話が拡大してしまうが、環境問題を顧みず自然を破壊しているのも集団自殺行為だ。
何年か後、未来の生物(おそらく人間じゃない)は、21世紀の人類を見て恐ろしがるかもしれない。

なんで、自分たちから死にに行くんだろう・・・
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

あ~、それ私も見に行きたいと思ってるんですよぉ~~☆
Ryo | URL | 2007/09/18/Tue 22:29[EDIT]
来週までよ、いそげ
satoken | URL | 2007/09/19/Wed 00:56[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。