日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jesus christ superstart!
「宗教---『希望』と『恐怖』を両親とし、『無知』に対して『不可解なもの』の本質を説明する娘」

「無信教---世界中の偉大な信仰の中で、一番重要な信仰」

 ピアス「悪魔の辞典」


久しぶりにミュージカル見てきました。
オペラ座の怪人」「キャッツ」に次いで、アンドリュー・ロイド・ウェッバー3作目です。

感想。すごい。この一言。
明日が千秋楽なせいか、ラストはスタンディングオベーション
四季のミュージカルでは初めて見ました。
ミュージカルのすごいところは、カーテンコールまで手を抜かないところ。締めまでしっかりやります。
オーケストラって、プロでも割とカーテンコールでバラバラだったりする。カーテンコールが揃ってると、全然印象が違う。
次回、たんぽぽで、揃えてみませんか?


さてさて、ミュージカル本編に話を戻します。
話は、キリストの最後の7日間を、ミュージカルとして描いたもの。
jesus のカリスマ性を怖れた王が、弟子のユダを味方に引き込み、jesus をとらえ、処刑する。
話の流れ自体は、予想通りでした。

jesus の描かれ方が印象的でした。
jesus の生き方、死に方については諸説あるようですが、このミュージカルの中で描かれたjesus は、言葉少ない寡黙なカリスマでした。

ちょっと憧れる・・・(笑)俺にゃ、無理か ^^;

さて、歴史に描かれたことが事実かどうかは大して問題ではないものです。
真実なんて知っても大して得することもないしさ。

そうそう、理解できない事実を、背伸びして知る必要なんてないんだ。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

mixi招待しました^^楽しいですね^^
leeck | URL | 2007/08/26/Sun 21:56[EDIT]
サンキュ、
日記読みました。

よろしく。
satoken | URL | 2007/08/26/Sun 23:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。