日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分身
「牧場には時折牛の姿が見える。白と黒のまだら模様の牛もいるが、その模様は一頭一頭違っている。
 彼らにも個性があるのだ。」

 東野圭吾「分身」より


読み終わりました。
ちょっと本を離れ過ぎていたせいか、あまりツボがつかめなかった。
ラストがいまいち・・・

話の展開や、初めのころの謎や、伏線が少しずつ明らかになっていくあたりの話の広がり方はさすがなんですが・・・
ラストシーンの前に、頂点を迎えてしまう感じですね。


今日は終電の二本前に帰れました (^○^)
勢いにのって、たまっていた日記を書いてしまった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。