日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の卵
「あなたの年で、そこまで考える必要はないのよ。そんなことを考えなくてもいい時代が、人の一生にはちゃんと用意されているの。
あなたは人と違った環境で育ったせいで、その年にしてとても大人びてしまったけど・・・そしてそれがあなたをとても魅力的にもしているんだけど、それでも、あなたになくしてほしくないものがあるの。いい意味での若気の至りっていうか・・・そうね、つまり、手に入れると決めたら絶対あきらめない強さや、激しさみたいなもの。
ねぇ、もっとがむしゃらに自分勝手になりなさい。あんまり若いうちから、そんなに冷静でものわかりのいい人間になるのはおやめなさい。あなたが今よりちょっとやそっと自分勝手に、わがままにふるまったところで、あなた自身が思っているほどには誰も困らない。」

 村山由佳「天使の卵」より


うわ、効いた効いた・・・始まって数ページで、かなりじーんと来てました。
弱いんだよ、こういう話に・・・

ここ2,3週間、本から遠ざかっていたせいか、この手の恋愛小説をあまり読まないせいか、最近の仕事疲れか・・・かなりのめりこんでしまいました。

すこし気持ちを休めたい・・・

明日は久しぶりに、いつものメンバーですね。
ちょっと発散したいかも ^^;
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。