日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめん、ちょっと重いです・・・
「弱い人々は、譲歩すべき時に決して譲歩しない。」
 レス枢機卿

「過ちて改めざる、これを過ちという」
 孔子「論語」より

「間違っていましたと認めるのを恥じる必要はない。
 それは、言い換えれば、今日は昨日より賢くなったということなのだから。」
 アレグザンダー・ポープ

「倹約した金は儲けた金である」
 レニエ「どんく」より


ちょっと内容重いです&久々長いです。よかったら最後までお付き合いください。
ちょっとした備忘録です。今までなんとなく考えていたことが、今日まとまったです。



例えば、ニュースで脱税や税金の無駄遣いなどを見ると、頭にくる人は多いと思う。

かく言う私もその一人です。税金嫌い(好きな人は多分いない)

昔よくニュースでみたのが、ダムの建設
20年前とかに着工して、完成予定は2020年とかで・・・でも、今では地方の過疎化が進んで、ダムは不要。
でも、着工したからには、どこかの官僚だか政治家のプライドにかけて完成させる
その為に大量の税金がつぎ込まれる。


では、そもそも税金を払うとはどういうことなのか?

人間は一人では生きていけない。特に近代化した社会では、人間は人の助けなくしては生きていけない。
人を助けることや、誰かに、何かに貢献することは大切なこと、一般的に価値にあることとされる。
洋の東西を問わず、宗教を問わず、このあたりは大きく変わらないと思う。

でも、全ての人の人生に貢献すること、これは不可能だ。
だから我々は、社会人として税金を納めることで、社会全体に貢献する。

つまり税金を払うとは、社会全体に貢献するということ。
株式会社とか、資本主義とはそういう仕組みだ。

日本人は戦後60年以上経って、いまだこの考え方をものにできてない。(と言われている)

株式会社にとって、「税金を納める」とは「利益を上げる」こととイコールだ。
利益があるから、その一部を税金として納める。利益がなければ、税金は納めなくてよい(多分、すぐつぶれる)

社会に貢献できないのだから、つぶれてよい。
一部の人間はその会社がなくなれば困るかもしれない。
だが、社会全体は困らない。だから、つぶれてよい。

日本人は人情に走りやすい。目の前の客のために、多少利益が減ってでも貢献しようとする。
しかし、これは株式会社の仕組みからすれば間違っている
一部の人に貢献するために、全体への貢献のチャンス(税金)を失うことは間違っている。

ちょっと極端な理論に走ったが、大雑把に言えばこんな感じだと思う。


話がずれたが、ここで言いたいのは、
株式会社に代表される民間企業にとって、利益が減るということは納める税金が減る
ということを意味する。
つまり、税金を無駄遣いしているのと変わらない

無駄な作業が増えたり、仕事の効率が悪かったりと言うことは、
カラ出張や、資産隠しのように脱税と変わらない。

プロジェクトの初めに計画していた工程などが、プロジェクトが進むにつれ不要とわかったとしても、
「初めに○○さんが必要といったんだから・・・」
と言って、お偉いさんの顔を立てるために無駄を省かないとしたら・・・
まさに、不要なダムを作り続けて税金を無駄にしている一部の政治家と変わらない。

脱税を笑えない。
政治家を笑えない。



色々かきましたが、要は間違えは早く訂正しましょうってことです。
間違いに気づいたとき、間違いを改められることも大切なことだ。そういう大人になろう。
と思う今日この頃。

長文になりました^^
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

ワタクシ、間違いだらけの人生です(T_T)
うん、すごく解る!!
自分の非を認めるって、なかなか出来ることじゃないよね;;
また、偉くなればなるほど尚更難しくなってくる><
でもそれを認めることが出来た時って、なんかむず痒いけど、スッキリした気分になる。
間違えないにこしたことないけど、間違えても素直に謝れる人間になりたいよね^^
ZZヤマサン | URL | 2006/11/19/Sun 20:02[EDIT]
>ワタクシ、間違いだらけの人生です(T_T)
口で言うのは簡単なんですけど、なかなかできないですよね。

でも確かにスッキリした気分になりますね、いろいろ心にひっかかっているものが取れると。
お互い、間違いをなくすことは無理としても、間違いを直していける人間になれるようにがんばりましょう!
satoken | URL | 2006/11/19/Sun 22:26[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。