日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開レッスン
Don't play same voice.For chaging phraze,don't change tempo.
 Think about voice.
 When you sing with your voice,you change your voice naturally for chaging phraze.」

lazy tongue on air

 Robert Botti(ニューヨークフィルハーモニー主席オーボエ奏者)


公開レッスンを聞いてきました。
なかなか貴重な体験をさせてもらいました。う~ん、楽器吹きたくなってきた。

R.シュトラウス、モーツァルト、サン=サーンスとオーボエ奏者にとっては、定番なコンチェルトを聞いてきました。
受講していた生徒も、まぁうまかったけど、なんといっても、ボッティ氏の演奏がすごかった!!かなり感激でした。

中でも強調していたのが、一つ目の引用。

曲のなかでもフレーズを意識して演奏すること(ここまでは誰でも言える)。
フレーズが変わった時にテンポを変えないこと、音色でフレーズの違いを出すこと。(voiceは音色・声色の意味でも使ってました)

実際にはテンポも変わるのだが、あくまで音色で音色で、音量で音量でと繰り返していました。
声で歌う時のことを考えてみなさい(Think about voice)、フレーズを変えようと思ったら(for chaging phraze)歌っているときであれば(When you sing with your voice)自然と声も変わるはずだ(you change your voice naturally)
なるほど

二つ目の引用はモーツァルトのコンチェルト1楽章の時に繰り返していた言葉。
(タンギングが忙しい曲でも)息だけでフレーズを作れるようになること。その時に、息を調整するために補助役として舌を使う。舌は「なまけもの」でかまわない。
息(air)の上に(on)、なまけものの(lazy)舌(tongue)が乗っかっているイメージ。
微調整以外には使わないこと。

う~~~~ん、難しい ><

ところで、我々SEからすると static と言う単語は結構使います。
訳としては「静的」と訳します。
(ちょっと専門的ですが)メモリ内の特定の領域を固定して使用する時に使う単語です。もちろん、他の意味でも使います。
逆の意味では「Dynamic」という単語を使います。こっちは「動的」と訳します。メモリを固定ではなくて、動的に確保するイメージのときに使用します。

今日の公開レッスンで、ボッティ氏が
「static block」と言う言葉を、悪い例として使っていました。
(フレーズに)躍動感を感じないと言ったニュアンスですかね。
この時に対にして使った単語は「movement」と、なんともうひとつが「forward」です。
意味が深い。
流れるようにフレーズをとること。前に前に推進力を持つこと。
でしょうか。
業界が違うと対に使う単語がこうも変わるんですね。

よし、明日からの練習に役立てよう。
皆さんもご参考に・・・

そうそう、弦楽器のことも例に挙げていたんですが
管楽器を演奏するときには、フォルテは弦楽器でいう左手で作るイメージ」と言っていました。
ニュアンスとしては、息の力(弦楽器でいう右手)ではなく、ヴィヴラート(弦楽器でいう左手)で作り出せって事みたいです。
弦の人って、左手でフォルテ作るの???
息はあくまでフレーズを作るために使えって意味かな?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

なるほど、勉強になります<左手でフォルテ
言わんとしていることはわかりますが、難しいな・・・
いしいし | URL | 2006/11/14/Tue 22:13[EDIT]
へぇぇ~。参考になります。
表現力が大事ってことなのかな?
・・っといってももう楽器を吹いてないんだけど。

>you change your voice naturally

歌っているときに、フレーズによって声は変わっているのかなぁ。。
あんまり表現力が無いのかも。。。
どちらかというと、私は一緒に歌う人や人数によって声が変わってしまう気がします。。
べゆ | URL | 2006/11/15/Wed 00:16[EDIT]
>いしいし

音の大小ではなく、やっぱり強弱ということだよね。
まったく右手を使わないわけはないでしょうけどね。

うん、むずかしい・・・ってか、俺も一生できなそう(笑

>べゆ

ボッティ氏が実際に歌いながら話していたんだけど、
そんなに難しい違いじゃないように思った。

もう楽器吹いてないのかぁ、もったいない!!
satoken | URL | 2006/11/15/Wed 08:36[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。