日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーボエのリードができるまで その13
2ヶ月以上のご無沙汰でした。
ちゃんと最後まで紹介できるでしょうか・・・

前回までの話はこちらから。
 #カテゴリー「オーボエ」にリンクはってます。

先端を切り落として、スクレープの形を整えました。
ここから、先端の削りですね。

先端を削るときの注意事項は
・絶対にリードに対してまっすぐ刃を入れないこと。
・なるべくケーンが乾いた状態で削ること。(ケーンの堅さによる)
・焦らないこと
です。
ゆっくり神経を集中してやりましょう。チューニングAより緊張します(まじでっ)

刃はリードに対して45度で入れる
「えっ、そんなに!」って思うかもしれないけど、削ってるとすこしずつ角度が甘くなってくるので、これくらいが丁度いいです。
実際には30度くらいに落ち着くかも。それでも初めのうちは焦ると20度、10度とどんどん浅くなっていって、気づくとリードに対してまっすぐ刃を入れてしまうことが多いです。
なので、気持ちは常に45度で。↓これくらいね。

DSCF0175.jpg


リードの対してまっすぐ刃を入れてしまうと、息を入れた時に息がまっすぐ楽器に伝わってしまい「びゃー」って音になりやすい。
息が通るのはリードの両サイドだけ。中心はあくまで支えてあげる場所なんです。だから極力厚く残す、先端も削る部分を少なくします。

↓こんな感じ

DSCF0176.jpg


今、自分が吹いているリードを見ながら研究してみるといいと思います。
先端の削る面積が狭いほうが、息を受け止めてくれる感じがする。面積が広いと、息がそのまま音になる感じ。
極端にいい楽器を使っている、あるいは現代曲を演奏する以外ではあまり薄いすぎるリードはお勧めしません
ホリガーは特別だって・・・)

先端が出来たら、もう音が鳴ります。
息もれさえしてなければ。

というわけで針金を巻いて、息もれを防ぐ&先端の開きを調整します。

DSCF0177.jpg


横からリードを見て確認&リードの根元を指で押さえて先端から息を思いっきり吹き込んでみます
初めのうちは信じられないくらい息が漏れます。糸の巻き方がうまくなるまでは、根気よく、この工程で息漏れを抑えましょう。

これで息が少しでも(本当にわずかでも)もれいたら×
針金と、場合によってはリードテープで補強します。

針金は、0.1mmのものか、0.2mmのものを使用します。
基本は、0.1mmで。それでも息が漏れるときは0.2mmのものを使用します。
最近は0.1mmのものの方が使いやすくなってきた。でも息が漏れやすいうちは0.2mmをつかいましょう。すこしでも漏れたら×なんです。

↓こんな感じ

DSCF0179.jpg


↓このとき、正面からリードを見て、開きも調整。

DSCF0186.jpg


開きは完全に好みです。俺は薄目が好き。
この写真のくらいが丁度いいかな。

さ、今日はたくさん書きました。
正しく削れていれば、この時点で音がなります。

次回(いつかは不明)はリードだけで鳴らしてみてから、いよいよ楽器に付けて演奏してみましょう!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。