日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味のわからない格言
「美しい花はあるが、花の美しさというようなものはない」
 小林秀雄

「私が自己矛盾したことを言ってるって?そうか、よろしい、私は自己矛盾したことを言っているのだ。
 私は大きい、私の中には多くのものが住んでいる」
 ホイットマン


これだけの数の格言を見ていると、意味のわからない格言がでてくることがある。
ひとつくらいそういうものがあっても、全然気にしない。



一つ目の引用、一年前くらいに見たときは意味がわかりませんでした。
「美しい花・・・」「花の美しさはない・・・」
う~~ん、何が言いたいのだろう・・・と。

ところがところが、ふっとある日意味がわかったのです。
別に、この言葉ばかり考えていたわけではなく(あたりまえ)
半年くらい経ってから、もう一回見てみたら意味がわかったのです。
わかったときは、感動ですね。本当に。
映画「イルポスティーノ」風に言うと、
「格言は言った人間のものではない、必要な人間のためのものだ」ってところでしょうか。必要な人間には意味がわかるのです。

そのとき考えてることとかによって、意味がわかったり、わからなかったり、解釈が変わったりしますね。
だから、格言っておもしろい!!

ところで、二つ目の引用ですが、いまだに意味がわかりません。
だれか、意味がわかったら教えて~~

教わらないで、自分で理解しないとだめかな??
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。