日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒笑小説
「大の大人がこの舞台に立つまでに、どれほどの勇気を必要としたかは、まともな人間ならわかるからだった。」
 東野圭吾「つぐない」より


どれだけ仕事が忙しくても、一日一ページは本を読もうと決めている。
その日が「仕事」だけで終わってしまわないように。
何かひとつでも人の話を聞いたり、文章を読むようにしている。

そんな生活をしていると、こんな本に出会うことがあるものだ。
よかったよかった。
大好きな東野圭吾の短編集。毒笑小説。30~60ページくらいの話が10本くらい。
ひとつずつは短いので、日ごろあまり本を読まない人にもお勧め。
どれも、面白おかしく現在を皮肉ったような話。
特に引用につかった「つぐない」は、またまた電車で鳥肌ものでした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。