日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セント・エルモス・ファイヤー
「There are several quintessential moments in a man's life: losing his virginity, getting married, becoming a father, and having the right girl smile at you.

 映画「ST. ELMO'S FIRE」より


金曜は映画。だけど、またまた昨日終電だったので、土曜の昼に更新してますが・・・


1985年公開の映画「セント・エルモス・ファイアー
友人の事故をきっかけに、社会人になってから4ヶ月目の再開を果たした7人の若者を描く青春映画。

タイトルの「セント・エルモス・ファイアー」は嵐や異常気象の時などに、船のマストにたいして起こる放電現象
これは船乗り達が、嵐のときの道しるべにしたといわれている。

欲しいね、こういう道しるべ。4ヶ月といわず、4年目になった今でもほしい。

さて、今回はなかなかおもしろい名言なので、訳を載せましょう。
quintessential は「典型的な」くらい。
virginity は 「童貞・処女」
あとの単語はわかるでしょう。

字幕訳は
男の人生にはいくつかの節目がある。童貞の喪失、結婚、子供の誕生、好きな女の笑顔
です。

何がおもしろいって「quintessential moments(節目)」としてあげた前の3つと、4つ目の「the right girl smile at you(好きな女の笑顔)」が同列に挙げられているのがおもしろい。
でも男ってそんなものです。とか思ったりする(笑)

おわり
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。