日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片思い その2
「悲しいことに今の社会は、男はこうあるもの、女はこうあるものという決め事に満ちています。
 私は性同一性障害という病気は存在しないと思っています。
治療すべきは、少数派を排除しようとする社会の方なんです。
 どれだけ性同一性障害という言葉だけががクローズアップされても、何もかわらない。
 受け入れられたいという我々の思いは、多分これからも伝わらない。
 片思いはこれからも続くでしょう。」
 東野圭吾「片思い」より


真ん中過ぎたくらいで、もう一回キーワード「片思い」が出てきました。なるほど・・・

男らしさ、女らしさってなんだろ?
もっと言ってしまえば、男と女ってなんだろ?
この小説を読んでると本当にわからなくなってきます。この後どんな展開になるのやら、楽しみです。

この小説、話的には暗いところもありますが、ちょっとお勧めします。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

読んだけど・・・細かいとこ忘れた。。。

私も東野圭吾は大体持ってます。
個人的には「秘密」が一番好きです。
たいち | URL | 2006/06/29/Thu 00:24[EDIT]
「秘密」はすごいね。感動的過ぎます。
電車でなきそうだったよ!
satoken | URL | 2006/06/30/Fri 01:22[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。