日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして誰もいなくなった
「いったん心に決めたことはどんな事でも実行しなければならない。
 そして、その後、全てを忘れ去るのだ。」

「神は断罪と贖罪の仕事をわれわれ人間に任せています。
 しかし、その仕事はたやすくなしとげられることではないのです。近道はないのですよ。」


アガサ・クリスティ「And then there were none(そして誰もいなくなった)」より


名作中の名作。アガサ=クリスティの代表作です。

↓イメージとしてはこんな感じ(?)

20060611224222


どこだかわかる?渋谷のスクランブル交差点です。
駅側から、109の方を撮りました。
人少なっ!


アガサ・クリスティは「ABC殺人事件」に続く2作目です。
ちょっと、ダン=ブラウンと似てる。ダン=ブラウンが作品の感じを真似てるのかな。
と思ってみました。
意外と短くて、あっという間に半分まできました。
結末は知ってるんだけど、犯人は知らないのだ。
まだわかりません、ちょっと検討ついてきたけど。


こないだちょっと話したけど、次回たんぽぽ告別」の演出として、
この作品を元にした演出つけるのってどうかね?
おもしろいと思うんだけど・・・


一つ目の引用は毎度毎度ですね。このブログで何回、同じような言葉を紹介したでしょうか。こういう言葉が好きです。
いつもと違うのは、その後に「忘れ去る」というフレーズが来るところ。良くも悪くも、行動の結果は忘れたほうがいい。

二つ目の引用は、ミステリーらしい言葉です。
そのとおり、神は人間に最も難しいこの仕事を任せているのです。
当たり前すぎて、気づかなかった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

アガサが気に入ったなら、『オリエント急行殺人事件』が良いぞ。ポワロ物です。
いしいし | URL | 2006/06/12/Mon 19:09[EDIT]
ありがとう!
はまってます。と言うわけで次回はオリエント急行にするよ!
satoken | URL | 2006/06/12/Mon 21:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。