日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変身!
「The rain in Spain stays mainly in the plain.」

「The difference between a lady and a flower girl is not how she behaves, but how she is treated.」

映画「マイ・フェア・レディ」より


ロンドンの下町生まれの花売り娘、主人公「イライザ・ドリトル」(オードリー・ヘプバーン)は、世界的に有名な言語学者ヘンリー・ヒギンズ教授の発音矯正を受ける。
訛りのない英語を話すようになった彼女は社交界で注目を浴びるようになる。
元々気が強く「変わりたい」人一倍強く願う彼女は美しい女性へと変身していく。

変わりたいと願う気持ちが強いと変われるそうです。(←弱気・・・)


一つ目の引用は、彼女の発音矯正で出てくる有名なセリフで訳しても意味はありません(笑)
【ei】(エイ)の発音の練習です。

二つ目の引用も有名なセリフ。あの有名なセリフへの布石(?)
ところが、あの有名なセリフ、見事に原文が見つかりませんでした。
というわけで、日本語訳だけ。多分、このセリフが一番有名なはずなのに・・・

「愛してくれる人が王様よ」 イライザ・ドリトル

扱われ方が変わっていく中での彼女のセリフ。
愛してくれる人の前では自分も綺麗になれるお姫様になれる。だから、その人が王様。ってことのようです。

二つの目の引用のすぐ後のセリフを、訳す人が訳すとこうなるだけなのかな・・・?知ってる人がいたら教えて!!
自分でも調べて、わかったら後日ブログに載せます。

因みに作者はあの「バーナード・ショウ
俺の中では、名言率の高い人のトップ5に確実に入る人です。

おわり
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。