日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーボエのリードができるまで その10
北村、住田、橋本弁護士に有罪と判定されたこのコーナー。
有罪の確率は80%・・・、ってなんで75%じゃないんだ?


さて、そろそろ削りに入れそうかな。

では、まずは工具の紹介からですね。
削る時に使う主な工具はこれ!ジャン!

DSCF0130.jpg


一番左がリードナイフ。とその
世界中で使われているANDOU製です。初めに先生が買ってくれたのを、かれこれ9年程使ってる。愛用。使いやすい。もちろん右利き用。多分1万5000円くらい。

一番右に並んでる黒いやつはプラーク。削る時にリードの先端側から挿して使います。削るときの下敷きみたいな感じかな。
都合、4種類使い分けてます。
一番右のが薄くて幅が広いもの先端を削る時に使います。
そのとなりが、中庸のもの。荒削りに使います。
そのとなりが、厚めでやわらかめのもの。スクレープの削りだしから先端のあたりまでを削る時に使います。
リードにはさんであるのが、厚めで固めのもの。スクレープの削りだし部分を整形するときに使います。
厚めのもの二つはあまり明確に使い分けてませんが、ケーンの材質によっても変えます

リードの隣あるのがインジケータ
長さを測るのに使います。JDR製。小さくて片側にフックがあって使いやすい。絶対にお勧め


さて、プラークは一種類でも平気ですが、先端削りようの薄くて幅が広いやつはあったほうがいいです。先端の削りやすさがかなり違う。


実際に削りに入る前にナイフを研ぎましょう
砥石はスーパーのキッチン用品コーナーで買いました。目が粗いのと細かいのが両面についてるの。2000円くらい。

↓粗いほう

DSCF0166.jpg


↓細かいほう

DSCF0167.jpg


軽く研げばいいと思う。いつもは10回くらいかな。

このほかにも先端をカットする時に使う専用の爪切りギロチンがありますが、それは明日以降。

さてさて、このコーナー、いつ終わるんだろう。
リードが終わったら、楽器のメンテナンスの仕方とか書こうとおもってるんだけどな・・・
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。