日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーボエのリードができるまで その9
サッカー日本代表のFW候補に名乗りをあげているこのコーナー。
あと2日でメンバー発表でどきどきです。


さて、今日はご質問にお答えしたいと思います。

リード一本あたりの、材料費はいくら?

とのことですが・・・一本の定義によって、どうのように答えたらいいか・・・
ここでは、「物理的に音が鳴るリードを一本作る」のにいくらかかる材料費を書いていきます。

まず、リードの直接的な材料は
1.ケーン  俺の場合はかまぼこ型。250円くらい。

2.    1000円くらい。でも一つ買ったら一生使える。だからリード一本あたりに換算すると無料みたいなもの。

↓写真
DSCF0120.jpg


糸を巻いてしまうと、何のケーンかわからなくなるので、巻く時に材によって色を分けてます。
今はグロタンCHしか使ってないですが、ピンクにしてます。ロレーのBMを巻くように欲しいな(ロレーの企業カラーなのよ)
グレーはグロタンBMとかアクタスオリジナルを使ってる時に使ってました。


3.針金、リードテープ  リードの開きの調整と息漏れ防止に使う。針金は一本1円。300本単位で買います。リードテープは300円くらい。何メートルあるのか知らない。多分一つ買うと50本以上は作れる。

↓リードテープ
DSCF0121.jpg


4.チューブ ちょっと特殊なの使ってます。750円~850円くらい。
ただし、これは使い回しが効きます。使えば使うほどよくなっていく(気がする。開きの具合が)

↓左から、チャトナー・E(なんの略だったかな?)850円チャトナー・S(スタンダード)750円、普通のやつ、買ったリードを解いて使うから、ただ。買うと250円くらい。
DSCF0119.jpg


愛用はチャトナーS。アンサンブルにもオケにもって感じ。ケーンは厚めに削る。
最近はチャトナーEの方が疲れなくていいね。長い曲には使いやすい。薄めに削ります。
音的には、うるさめのオケ曲向き。アンサンブルには使えないかな、俺は。
チューブは46ミリと、47ミリがありますが、46ミリを使ってます。

さてさて、質問の回答ですが材料費ということになると、ケーンがほとんどです。だからざっくりで300円くらいってとこかな。
あとかかった時間。プライスレス。
あとは、工具系ですね。初期に買った工具は合わせて1万5000円。これくらいは最低限かかります。
工具の値段については、今度書きますね。


でも一本削ったからといって、一本使えるリードが手に入るわけではありません
今回も5本削って、オケやアンサンブルで使えそうなのは2本。あと2本は個人練向きかな。あと1本はピッチが低すぎて没です。気持ち悪くて個人練にも使えない。

買ったほうが確実にものが手に入る。でも、いつも買ってるといざと言う時に品切れだったり・・・って事が続いた時期があって、今は手製が主ですね。


長くなった。シャケさんくらいはちゃんと読んでください(笑)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。