日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルはハムレットを書けるか?
って話知ってます?今日は久々に数学の話。

簡単に言うと
サルがキーボードの前にすわり、適当に(ランダムに)キーボードをたたいたとき、その文章(?)が、シェークスピアのハムレットと完全に一致する確率はどれくらいか?
ただし、大文字小文字の区別などは無視する。
という問題。

数学的には独立事象の確率を使って考えます。このあたりの話はめんどくらいので省略。

前提として、アルファベット(26文字)+「,」「.」「:」「 」(スペース)で、計30種の文字を使用するとします。

ハムレットの前編は、14,2943字、ランダムに文字を打っていってこれと完全に一致する確率は 1/30の14,2943乗。
わかりやすくすると(?)約 1/10の20万乗!
つまり、約10の20万乗匹のサルを連れてきてランダムに、14,2943文字たたかせると、うち一匹のうった文章はハムレットと完全に一致する!ということです。
10の20万乗匹のサルがいっせいにキーボードをたたいている姿を想像するとついつい笑ってしまう^^

それがどうした話でした。
参考文献)偶然の確率 アミール・D・アクゼル
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。