日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーンソフトウェア開発
「高品質と低価格とスピードは、本当に」共存できないのだろうか?
 リーン開発手法を知る前、製造や製品開発を行っていたころには、私たちも『できない』と思っていた。
 しかし、価値とフローと人に焦点をあてることによって、高品質、低コスト、迅速な出荷を実現できる、
 それを私たち自身、市場から逃げ出していった競合他社から学んだのだ。」

「あきらかなことが一つある。
 それは、ソフトウェア開発という産業には、改善の余地がいくらでもあるということだ」


 メアリー・ポッペンディーク「リーンソフトウェア開発」より


今までまとまった形で読んだことのなかった、アジャイル開発に関する本を読んでみました。

大量生産や製造業での成功事例が、ソフトウェア開発にどのような影を落としたか?
この業界で、「常識」とされていることが、どれくらい正しいか?根拠を持っているか?

改善とは何か?マネージメントとは何か?リーダーとは何か?
チームとは、そしてチームの成果とはなにか?効率化とは何か?

自分なりの答えがある人は、読んでみてください。
結構おもしろいです。

最近の仕事の仕方は、「短いスパイラル」を徹底しています!
またまた影響されすぎです。
スポンサーサイト

合宿
「この人生には、無数の教訓がちりばめられている。
 しかし、どの1つをとってみても、万人にあてはまるものはない。」

 山本周五郎「赤ひげ診療話」より


1年ぶりの合宿でした。
オケの仕事、全然できなくてすいません、、、

みんな忙しい中でいろいろとやっているものだ。
俺も、少しは平日に余裕をもって生きようと思いました。


どうでもいいが、オケの練習は木管のトップくらい集まってくれないと個人練になってしまう。
弦の人たちも同じかもしれないけど、、、俺としては木管トップはそろってほしい。

練習やら飲み会やら、懐かしい再開やらで盛りだくさんの合宿でした!
みなさま、お疲れさまでした。

コルテオ
「クマンバチは本当は飛べない物体なんだ。
 でも、飛べないことを知らないから、飛べるんだよ。」

 斎藤茂太(精神科医)


かなりいい席で観てきちゃいました!
すごい。すごい。

エンターテイメントとは何かをはっきりと教えてくれる。

俺も、飛べないとは知らないぞ。
飛べるかな!?

コーラスライン
「1年先、2年先、3年先の『あるべき姿』を持っている人は毎日の仕事が輝き、
 持っていない人は、ただの作業に追われている人です。」

 ジャック・ウェルチ


かなり時間が経ってしまいましたが、ちょっと前の日記を書きます!


久しぶりにミュージカル観てきました。念願のコーラスライン。
前々から、観たいみたいと思いつつ、全然見る機会がなかったので
今回こそは、、、と狙ってました。

というわけで、平日に休みをとって観てきちゃいました。

もっと普通に明るい話かと思いつつ、観てみると、どろどろな人間ドラマでした。
いや、そういえばミュージカルのテーマってみんな結構重いような、、、

オペラ座の怪人、キャッツ、ウエスト・サイド 、、、
そうか、重いテーマの話を、気楽に観れるようにするのがミュージカルの力か、、、

などと思いながら観てきました。

木五
「『夢』じゃなく、『目標』といってごらん。
 なにか行動しようと思うから。」

 斉藤一人

さて、前々からやりたいと思っていた木五を始めてみました。
メンバーに声をかけて、適当に譜面やCDを集めて、とりあえず練習!

今日は、3人だけだったけど、これは面白い。
次回は5人集まるでしょうか。

ドボルザークの弦カルテットの編曲版とイベールをやってみました。
まだまだ改良の余地はたくさんありますが、今後も少しずつ続けていこう!

家に帰ってから、ふとルーテル市ヶ谷を調べてみた。
土日だと昼~夜で、13万くらい。それに楽屋とかつけると全体でいくらくらいかな、、、
ピアノをつけると+3万前後。
結構行くな、、
チラシとか、パンフとか刷ってるとまた金かかるしなぁ。

と思いつつ、夢ではなく目標に向かっていきたいと思います。

虹を操る少年
「おまえ、わかってるのか。連中に会うってことは、
 おまえのあの芸術が金儲けに利用されるってことなんだぜ」
「芸術が金儲けに利用されなかったことなんて、歴史上一度もないよ」

 東野圭吾「虹を操る少年」より


また東野圭吾読み始めました。今回は会社の友達が貸してくれました。
ちょっと本の感じが古いなぁと思ったら、1994年の初版でした。
年季入ってるね、家にあった本らしい。

いわゆる東野圭吾らしい「科学的」な要素がふんだんに入っている話です
音や光について、その大本が波であり、
複数の波があわさるときにどのような現象が発生するか、
高校物理くらいの知識があると、いっそう楽しめる感じでしょうか。

まだ半分来ていませんが、これは結構おもしろい。
あと二日かからないだろうな、、、
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。