日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリコとルゼル
「与えられた仕事を着実にこなしていく
 ・・・これが私のモットーです。」

 ヘルベルト・フォン・カラヤン(オーストリア指揮者)


久しぶりに演奏会を聴きに行きました。
前回まで所属していたアプリコシンフォニーオーケストラ と今回、初のルゼルです。

14:00~
蒲田のアプリコホール。
曲は「ダッタン人の踊り」と「眠りの森の美女」と「ラフマニノフ1番」
ロシアプログラム。ラフ1って、、、なんてマニアックなんだ。

アプリコは知ってる人が多いだけに、おもしろかった。
いろいろと裏も見てきただけに、演奏を聴いていて不思議な気持ちになりました。
やっぱり音楽は凄い演奏会の本番は凄い
細かいいざこざなんてまったく感じさせない。

全曲打楽器をフル活用。
非常に多くの二酸化炭素を排出している地球にやさしくない演奏でした。

演奏はとってもよかったです。強いて言うならアンコールが欲しかった。明るめの曲。

17:00~
その後、新宿に行って回転寿司
学生の頃はよくたべたなぁ

18:30~
東高円寺。セシオン杉並。ルゼルの演奏会です。
曲は「おもちゃの交響曲」「少年のためのアルバム~子どもの一年」「モーツァルト40番」
今回は小編成の曲がコンセプトみたいです。
非常に省エネで、ECOの精神にのっとってます。二酸化炭素もアプリコの半分くらいでしょう。

でもひとり変な人がいました。
モーツァルトの1stバイオリンの4プルの表。
動き過ぎです。乗りすぎです。非常に見苦しかった。彼は次から乗せないほうがいいでしょう。
演奏全体の二酸化炭素の半分くらいは、きっと彼です。
もうちょっと省エネをこころがけましょう。

おもちゃの交響曲では、日頃は聞いたことのないおもちゃの音がたくさん出てきました。
ビオラ部隊がやってました。鳩笛や水笛など。
今度、ビブラートのかけかたを教えてあげることにしました(笑)

21:00~
そのまま帰るとおもいきや、せっかくなんで新宿のキリンシティに行ってビールを一杯。
やっぱりここのビールはおいしい。おいしい。

一日で、ふたつ演奏会聞いたのは初めてです!
スポンサーサイト

ぐぐっ
「一番忙しい人間が、一番たくさん時間を持つ」
 ピネ


ぐぐっ。

美しき凶器
「誰にでも・・・過去はあるわ。よいことばっかりじゃない過去がね」

 東野圭吾「美しき凶器」より


ちょっと異色な作品かな。
「鳥人計画」を年末に読んだばかりだったので、テーマが似過ぎてました。

鳥人計画を読んだ方は読まなくてよいと思う。

ちょっと東野圭吾に片寄すぎかな。
別のも読もう。

アフォガート
「今日は、何して遊ぼう?」
 樋口かずひさ


先週のたんぽぽの打ち上げで新しくオケに乗ることにしました。

アフォガート管弦楽団
おいしそう、、、

アラフォーではないらしい。

さてさて、今日はそんなアフォガートの曲をさらおうと、いつもどおりカラオケに。
時間がなくて90分。ワンドリンクで、920円。こんなもんか。
通された部屋がかなり広い部屋。ちょっと落ち着かない。
座敷型の20人くらいはいる部屋でした。もっとちっちゃいとこのがいいのに。

曲はシベ1とエルガーチェロコンとモーツァルト後宮からの逃走
どれもなかなか難しい。特にしべ1は難しい。

だいたい交響曲の3楽章なんて、吹けた試しがない。
べと5やドボ9ですら吹けない。べと7とか、3楽章の割には簡単だったけど、やっぱり怖かった。
アマチュアでスケルツォの3楽章をちゃんとリズムどおり、テンポどおりにふける人っているのだろうか。。

と言うわけでシベ1がんばってさらいます。シベリウス4曲目です。
2番、3番、7番やりました。もうちょっとで制覇だ。

華麗なるギャッツビー
「Whenever you feel like criticizing anyone,
 just remember that all the people in this world haven't had the advantages that you've had.
 In consequence,I'm inclined to reserve all my judgements」

 映画「The Great Gatsby」より


金曜日は映画の日。

1974年公開の映画「華麗なるギャッツビー
スコット・フィッツジェラルド の原作小説の冒頭の言葉。
映画も、このナレーションで始まる。

人間失敗を繰り返して大きくなるものだ。
他人と同じ失敗を、自分がいつするかわからない。
その、他人の失敗を非難することは簡単。
しかし、大切なのは、失敗からその人を理解してあげれること。相手の立場に立って考えること。

非難からは学ぶものは何もない、
他人に対する思いやりと、理解が大切。


さてさて、明日は土曜だしすこしゆっくり起きれる。せめて午前中は仕事を忘れよう。午後は仕事だし^^;
他人の失敗のせいで、こんなバカみたいに忙しいと思わないこと。
どこにターニングポイントがあったか、自分なりに反省してみよう。

久しぶりに(?)会社でキレた。自分の立場がよくわからないなぁ。
部長や課長の立場から、30前の部下が牙をむいてきたらどうなんだろう?
自分が、彼らの立場ならどう考えるだろう?

なんてことを冷静に考えながら。


エルガーのチェロコン、かっこいい。
譜面が届いた。さらわないと!その前にリード買わないと!楽器調整にださないと!


あっ、引用の訳を忘れてました。
他人のことを批判したくなった時にはいつでも、
 世間の人たちはお前のように有利な立場にあるとは限らないことを思い起こしなさい。

 そのため、私はあらゆる判断を即座に下さない傾向がある」
です。

耳が痛い名言です。

ぐぐっ
「人生は、他人を負かそうなんてケチくさい卑小なものじゃない。」

 岡本太郎「強く生きる言葉」より


忙しく疲れてるからって、細かいことでイライラするのはやめよう。
と思う今日この頃。

今度やることになった、エルガーのチェロコンを聞きながら。

天使の耳
「日本が本当に裕福になったんなら、真っ先に俺たちが暇になるはずなんだだ。
 ところが事件も事故も一向になくならない」
「モノはあってもゆとりはなし、ですか」

 東野圭吾「天使の耳(鏡の中で)」より


交通事故をテーマにした短編集。
車運転する機会の多い方は読んでみてください。
改めて、事故の怖さを知ります。

俺とは無縁(笑

白馬山荘殺人事件
「疲れは突然やってくる。チャンスと同じだ。」
「ピンチともね」

 東野圭吾「白馬山荘殺人事件」より


今年、二冊目の東野圭吾。

最近、昔の作品を中心に読んでますが(新しいのはほとんど読んでしまった)
こういう作品にこそ、後々の対策につながる要素がたくさん入っている気がします。

割と軽い作品でした。

引用のセリフ、結構好きです。

怠け者
「死ぬ気でやれよ、死なないから」

 杉村太郎

「人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない。」

 スティーブン・ホーキング(イギリス理論物理学者)



最近、結構怠けれてると思う。仕事を言い訳にするようになった。
あんまり、勉強しなくなった ^^;

昔と比べてそんなに極端に忙しいだろうか?
毎日、日付変わってから家に着くわけで、、、
今日も出勤だったわけで、、、
決して暇ではないのだが、「あの頃」と比べてそんなに忙しいだろうか?

毎日残業しながら、勉強して資格を取りながら、
ブログも毎日書きながら、友達とも遊びながら、音楽をやっていた時もあった。
やりたいことは全部やってた、やりたくないことも全部やってた。

もうちょっとちゃんとやらないと、この不景気に生き残れない気がしてきた。
世間は自分が考えているより深刻な事態だ。
勉強しよっと。今年はちゃんとやらないと。
20代、終わっちゃうし。

たんぽぽ
「人はやりたいと思うこと以外、何一つできない。」

 ウィリアム・バロウズ

「うつくしいものを美しいと思える あなたのこころがうつくしい」

 相田みつを(詩人・書家)


たんぽぽの演奏会でした。
今回は
「リュートのための古風な舞曲とアリア」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「シェエラザード」
でした。

シェエラザードのみの乗り番。一曲乗りで十分です。
演奏会前に、ステージで木五をやらせていただきました。ジブリ。
客席が中での演奏。

個人的には非常に気合入ってました。アンサンブル大好き。

さて、演奏会ですが、今回もたんぽぽらしい好い演奏会になったと思います。
多少(?)のトラブルはあったものの、終わってみんなで飲みながら騒いでいると
本当に楽しい時間を過ごせたなぁ と思いました。

毎度ながらみんなに
「本番何かやってくれると思ったのに、、」
と言われましたが、、シェエラザード 大好きなんです。
アドリブなんて入れるのがもったいないくらい大好きなんです。

人生に一回できるかできないかでしょうからね、
もう一回やる機会があったら、なんかやります(笑

しばらくは仕事がものすごいことになりそうですが、
こんなに楽しいことがあるうんだ、これで少しは仕事に向かう気がしてきましたよ。

たんぽぽの皆さん、お疲れ様でした。
&来てくれた皆様、ありがとうございました。

風と共にさりぬ ~映画史上最高の名言~
「Frankly, my dear, I don't give a damn.」

「After all, tomorrow is another day」

 映画「Gone with the Wind」より


知らない人はいないだろう、1939年公開の「風と共に去りぬ
観たことない人は多いと思うけどね。
古い映画だし、なんと言っても長い。3時間42分


この映画の中の最後のシーン。有名なセリフが二つ。
特に引用のひとつ目、今でも「映画の史上最高の名言」として、アメリカで非常に人気がある。

引用ひとつ目はヒロインのスカーレット「私、どうしたらいいの?」と聞かれた時のレットのセリフ。

字幕訳は
「正直のところ、どうでもいい。」

なぜこれが、こんなに人気あるセリフなのか、、、いまいちわからず。
アメリカ人と日本人の違いだろうか。

二つ目の引用、はスカーレットの最後のセリフ

「結局のところ、明日という別の日があるわ」

です。
こっちの方がかっこいいのに ^^

さ、明日は演奏会です。
がんばります!

Zenith
「どういうわけか、人々は行動のきっかけを、価値ではなくて価格に求める。
 価格とはあなたが支払うものであり、価値とはあなたが受け取るものである」

 バフェットの教訓(メアリー・バフェット&デビット・クラーク)より


Zenith のグランドクロノマスター Tオープンを購入しました!
大満足です。

色はさんざん迷った挙句、にしました。
やっぱりゼニスは黒がいい。
白の方が針が見やすいのですが、黒の方が「ゼニス」らしい。
白はBreitling もあるし。

買う時に店員さんと話していて、
「日本では黒が人気。外国では白が人気」って言ってました。
黒の時計を好むのは日本人くらいみたい。
でもROLEXもオメガもほとんど黒なのに、、、日本で見てるからかな。

グランドクロノマスター XII とも迷いましたが、Tオープン。
決め手はやっぱり大きさ。
XII は、直径45ミリ、Tオープンは39ミリ
やっぱり45は大きい。おれの手には馴染まない感じ。

そして、ベルトはやっぱり革ベルト。高級感が漂います。
夏になったらブレスを買おうかな。

では写真撮影!

DSCF1794.jpg

右から。

DSCF1795.jpg

左から。光が入らなくて、暗くなっちゃった。
でもこれもかっこいい。

DSCF1797.jpg

正面から。

魅力は何といっても正面からムーブメントの動きが見えること。
裏面はもちろんスケルトン
個人的に好きなパワーリザーブが付いていること。
そして、世界で唯一のクロノグラフ36000回転を実現したエル・プリメロを搭載!

難点は日常生活防水(本当は10気圧あるといいんだけど、、、)
そしてなんとハック機能がない!!?

買う時に店員さんに、秒針の位置を教えてもらいました。
そしたら、ハック機能がないから厳密に秒針の時刻を合わせられないとのこと。
最初は「えっ、こんなに高級時計なのに、、、」と思ったが、
よくよく考えたら、そんな時計精神が返ってよく思えてきた。
秒単位で時間なんて合わせる人のための時計じゃない。
もっと心にゆとりを持つための時計だ。

帰りの電車は時計とにらめっこです。

う~~ん、すごい。かっこいい。

引用のバフェットの名言、すごくいい。
ゼニスという価値を手に入れました!

ブルータスの心臓
「ロボットは裏切らない。
 期待を上回ることはないが、プログラムに対してはいつも忠実だ。
 ロボットが間違った動きをした時は、原因は必ずプログラムを行った人間の側にあるのだ。」

 東野圭吾「ブルータスの心臓」より


あけましておめでとうございます。
新年早々、読書でございます。

一冊目はやっぱり東野圭吾です。ロボット開発の天才の話です。

殺人を計画した仲間が、殺人計画中に殺された。
その後、主人公は何者かに命を狙われる&もともと殺すつもりだった相手を殺そうとする。

事件の真相が予測しにくく、のめりこんでしまいます。
結構面白いです。面白いです。


最近本屋に行くと、「オバマ」と「経済」の本が気になる。
オバマは一冊くらい読んでおきたい。あんまり知らないし。
経済は相変わらず勉強中。為替とか本当に面白いと思う。
グリーンスパンも読んでみようと思ったが、、、あの厚さで上下巻はちょっと引いた。

というわけで、小説以外にも何冊か買い込みました。
もちろんamazonです。本屋で探して、amazonで買う。重いからね!

では今年もよろしくお願いします。
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。