日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定時で上がる手帳術
「そもそも定時を意識して仕事をしていますか?」

 松本幸雄「定時で上がる手帳術」より


久しぶりに小説以外の読書ネタです。
最近、あまり読めていなかったですが、トヨタ式とかドラッカーとか、細々と続けてます。

毎年毎年、年始に
今年こそは手帳をちゃんとつけよう
と思うのですが、全然続きません。
ぶらっと本屋にたちよったら、もう来年の手帳がならんでる!!
使わないくせに新しいものを見ると欲しくなる。

でも待てよ、手帳の使い方って結構本になってるはず と思って探してみました。

とりあえず、薄めで面白そうなタイトルの本を買ってみました。
いきなり、引用の言葉に「ぎく」っとしました。

定時意識して仕事、、、本当にしてるか、、、?

この本を読んでから、買う手帳決めます。
とりあえず、今年の残り2か月、今持っている手帳を活用してみます!
スポンサーサイト

掃除
「はじめからゴミが落ちていなければ、誰もゴミを捨てようとしないんだ」
 ウォルト・ディズニー


確かに!!さすが、ウォルト様です。

部屋を片付けました。
本当は週に一回は掃除したいんですが、なかなか時間がなくて一か月振りでした。
たったの30分くらいなのに、、、このための時間がとれないなんて、、、

もともと狭い部屋だし、そんなに部屋にいないので極端に散らかるわけではないですが、
やっぱり片付いていると気持ちいいです。

週に一回掃除する時間じゃなくて、
もともと散らかさないで物をもとの場所に戻すくらいの精神的な余裕が欲しい。


井の中の蛙
従来の教育には、「教」はあっても「育」がありません。
育てるということは、「成功」の味をしめさせ、「失敗」に学ばせることです。
 西堀栄三郎「石橋を叩けば渡れない」より


久し振り社外研修。青山にうつった「神託」です。

今日の研修はすごかった、神託白金の研修だったんだけど
・・・ずっとDB作ってるの(笑)
まじで。

すごい。UNIX系苦手な俺は、まずそこから。
でもなんとか食らいついて行きました。
神託の話になれば、なんとか付いていけるが、OSが使い慣れないせいか
ちょっとしたスクリプトを書くにも、サンプルをコピーするにも
ひとつずつの操作が遅いのです。

それにしても、、、受講者全員、神託金の保有者です。
当然と言えば当然なんですが。白金の特訓講座だもん。

世の中広い。いろんな人がいる。a lot of people
上には上がいる。
社内では受けれないような様々な刺激をうけてきました。
まさに井の中の蛙。社内スペシャリストなんて、全然大したことない。まじで。
外に出よう
と意志を固めた今日この頃。
前回はen-japan dしたが、今回は DODA にします。

※神託=oracle
 白金=plutinum
 金=gold です。

ララピポ
「この街にテポドンが落ちたとしても、彼はまるで同情する気がない。
 馬鹿が一掃され、世の中がよくなるのではないかと思うほどだ。」

「世間は広い。
 おそらく世の中は、罪の意識を持つだけ損するようにできているのであろう。」

 奥田英郎「ララピポ」より


会社の先輩に借りました。
面白い、、、と言うか、、、おもしろすぎる。
過去最高に面白い。

真面目なのに笑える感じと、登場人物たちのキャラクターというか、境遇と言うか。
隣の芝生は青いと言うか、みんなそれぞれ苦労を抱えながら生きてます。
ちょっと気を抜くと、「自分基準」になりがちですが、
周りの人たちの心の中を少しでも理解してあげれることが大切。

かなりバカバカしくて、でも怖くてまともに受け止められない、、、
何も考えずにも読めるし、ちょっと感情移入すると現実が怖くなるほど考えさせられる。

これはすごい小説です。

・・・でも、間違いなく今まで読んだ中で最もお勧めしない一冊です(笑

名探偵の呪縛
「あたし、論理的な思考をしない人とは話をしない主義なんです。」

 東野圭吾「名探偵の呪縛」より


久しぶりに東野圭吾読みました。
最近はなんだか無気力で、何もする気が起きなかったけど、やっぱり東野圭吾は読み始めると止まらない。
うん、やっぱりもうちょっと本を読もう。気分転換になる。

さてさて、肝心の内容ですが、
「ミステリ」が存在しない世界に迷い込んだ主人公。
ミステリの概念が存在しない世界なのに、そこで密室殺人が起こる。

ミステリなんて存在しないので、みんな「自殺」と決めつける。
主人公の名探偵にとっては不自然なことばかり・・・

とまぁ、こんな感じに話が続いていきます。
最後の最後で、東野圭吾らしさがすこし出てきましたが、比較的シンプルな話で謎解きもそんなに難しくないです。
復帰第一号にはちょうど良い本でした。

残業
「1日に8時間真面目に働いたなら、あなたはいつしか長の座につき、
 1日に12時間働くことになるでしょう。」
 ロバート・フロスト(アメリカの詩人)

この負のスパイラルを切らねば、、、

株価反発
「経済学の研究が明らかにするのは、何かを買う最善の時期は常に去年である、ということだ。」
 マーティ・アレン(アメリカの俳優)


しばらく日記を書いていなかったせいで、手元に名言がたくさんたまっています。
少しずつ消化します。

どんな生活をすれば、手元に名言がたまるんだ、、、と言う疑問は無しにして、、、

株か、ドルか、ユーロか、、、
適当なタイミングで掴まないとね、ホバリング中に。

結婚式ラッシュ
「愛されているという驚きほど、神秘的な驚きはない。
 それは人間の肩に置かれた神の指だ。」
  チャールズ・モーガン(イギリス作家)


「大切なのはどれだけ相手を愛するかではなく、相手にとって自分は何かを知ることだ。」
 映画「偶然の旅行者」より


日記しばらく書いてませんでした。なんとか元気です。
9月は結局一回も書かなかった、、、もう少し書かねば。

9月は友人の結婚式が2回ありました。今日も、友人の結婚式でした。

毎度ながらに、何度行っても感動するね。手紙とか。
あの改まった雰囲気と、真面目な雰囲気と、二人のために友人たちがいろいろやるのが
なんか心あったまる。

自分の時にはこんなに多くの人が集まってくれるだろうか、、、
こじんまりとやりたい気もするし、盛大にやりたい気もする。
ま、その時だな。いつになるかわからんし ^^;

さて、今回は新郎・新婦のお二人のために、楽器を演奏させていただきました。
お二人の新しい生活へのお祝いとしてふさわしい演奏だったかはわかりませんが、
二次会を盛り上げるのに、少しは貢献できたと思います。

今後とも、ぜひぜひよろしくお願いいたします。


今日やったのは持ちネタ「スーパーマリオ」と時事ネタ「崖の上のポニョ
新婦のリクエストで、風笛~あすかのテーマ~です。

マリオは次までにアレンジしなおして、ちょっと長くしてみよう ^^
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。