日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の蜂 その2 「原発は必要か?」
「だけど世の中には、知らなくていいことと、知ってなきゃいけないことがある。
 ヘリコプターの仕組みは、知らなくていいことだと思うね」
「原発の仕組みは、知らなきゃいけないことってわけかい?」
「俺はそう思っているよ。国民全員が、ある程度は学習するべきだ


絶対に落ちない飛行機があるかい?ないよな。毎年、多くの死者がでている。
 それに対して、おまえたちのできることはなんだ?落ちる確率を下げていくことだろう。
 だけどその確率をゼロにはできない。乗客はそれを承知で、その確率なら自分は大丈夫だろうと
 都合よく解釈して乗り込むわけだ。それと同じなんだ。
 俺たちにできることは原発が大事故を起こす確率を下げることだけだ。
 そしてやっぱりゼロにはできない
 あとはその確率を評価してもらうしかない。」


「難しい問題だな。ずるいといわれるかもしれないが、原発はやむをえないが、事故は決して起きないように
 してもらいたいというのが正直な気持ちだな。」
「ずるいな。それは本当にずるい答えなんだよ。
 ほかに交通手段がないから飛行機に乗るが、絶対に自己は起こすなと言ってるようなものなんだ


 東野圭吾「天空の蜂」より


天空の蜂、読み終わった。
著者本人が、思い入れがあるというだけあって、かなり考えさせられる話だと思う。

話は、原子力発電所の上に、防衛庁から盗み出した飛行機をホバリングさせて、政府に日本中の原発の停止を迫る。
これだけ言われてもなかなか、犯人の目的はわかりにくい。うん、わかりにくい。

金とか要求するならまだわかりやすいが、なぜか「原発の停止」
ところが話を読んでいるとだんだんわかってくるのです。

日本人は原発の危険性に対して無頓着すぎる。一部の反対派を除いては、原発がいくつあるかすら知らない。
あるとどうなるか、なくなったらどうなるかも知らない。そもそも、実際に原発は必要なのか?

日本全体の電気の需要からすれば、原発はなくても大丈夫だという説もある。
日本では、電気需要の約30%が原発。この数字だけみたら、必要な感じがしてくる。

しかし、、、日本人は相当な量の電気を無駄遣いしているんじゃないだろうか?
もっと企業、個人レベルで電気を節約すればよいだけの問題じゃないだろうか?
消費電力の半分以上は、企業や公共の施設の冷暖房などの電気だろう。
もう少し、電車で暑さを我慢するとか、ビルの中で暑さを我慢すると言ったことができればよいだけではないだろうか。

今の電気消費量からすれば、30%は現実的にクリアできる目標だと思う。
そうすれば、(少なくても電気需要の観点からは)原発は必要なくなる。

実際には、アメリカの銃と同じで、それを作っている人がいる以上、
ある日急に、「今日から不要です」とはいかないのだが、、、

こんな小説を読んでいる時に、ちょうど洞爺湖サミット
環境問題の切り札は原発」などという記事を見てびっくりした。

なるほど、火力発電に比べれば確かにクリーンなエネルギーだが、、、
本当にいいのかちょっと疑問。

さて、電気を無駄遣いしないように、早く寝よう!
スポンサーサイト

天空の蜂
「もうゲームは始っている。そのとおりだった。もはや後戻りはできない。」

「諦めともいえるし、慣れともいえる。どちらにしても感覚が鈍っている証拠だった。」

 東野圭吾「天空の蜂」より


久しぶりの読書ネタです。東野圭吾久し振り、丸一ヶ月くらい空いたかな。

原発の問題を描いているですが、広くは環境問題な感じがします。
まだ、半分くらいなんで、犯人の真の狙いはわかりませんが、、、

今日はクールアースだったので、早く帰ってきました。
良いことだと思います。
エアコンの温度を高めに設定したり、少しずつ意識することで改善して行ける問題ですからね。

ブルレスケ
「私の死後50年経ってから、私の交響曲を初演できればよいのに!
 いまからライン河のほとりを散歩してくる。
 この河だけが、初演のあとも私を怪物呼ばわりすることもなく悠然とわが道を進んでゆくただ一人のケルンの男だ!」

 グスタフ・マーラー


久しぶりに、オーケストラを聞いてきました。

東京にはアマチュアのオーケストラが数えきれないほどある。
本当に、数えきれないほどあるのだ。
たぶん、オーケストラ関係者は知ってると思うが、日々生まれ、消えてくし本当に数えられない。

もちろん、毎週のようにどこかで演奏会が行われている。
ところが、、、自分のオーケストラの練習も大体、土日にある。
みんなそうだ。
ほとんどの人が、自分のオーケストラの練習で、友人のオーケストラの演奏会を聞きにいけないのだ
これは非常にもったいないと前々から思っているのです。

今回は、練習が夕方からだったので、昼から聞きに行けました。

またまた、初めてのオケです。フィルハーモニア・ブルレスケ。場所は墨田トリフォニー。
曲は、リムスキー・コルサコフのトロンボーンコンチェルトと、マーラー5番
なんて、マニアックなプログラム。
特に、トロンボーンのコンチェルトなんて、、、トロンボーンやってなければ、
ほとんどの人は一生、聞かずにおわってしまうんじゃないだろうか。

さてさて、演奏の方は言うと、、、
トロンボーンコンチェルトの方は、練習回数が少ない感じが出てましたが、
さすが、ソリストの力もあってかすばらしく迫力のある演奏でした。
アンコールのカバレリアルスティカーナが、泣けました。

メインのマラ5は、さすが。編成も大きくなって大迫力でした。
冒頭の有名なペットソロから、1楽章の結びのチェロまで、、皆さんいい音色でした。
モーツァルトや、バッハでは聞けないサウンドだね。いいね。

3楽章聞いてて、マーラーが指揮者が本業だというのがすごく感じられた。
面白いオーケストレーションでした。いいね。
静かな4楽章が、多少眠くなりましたが、5楽章は圧巻。
ラストまで、油断することなくダイナミクスの変化をつけてフィナーレ!

う~ん、アマチュアの演奏会って、ただのやつ多いし
ちょっといろんなオケを聞きに行ってみようかな。練習ばっかするのもなんだし、、、

必要なこと
「人生には必要な事しか起こらない。
 今あなたを悩ませている事も何かをあなたに伝えている。」

 
なるほど!
あれもこれも、みんな必要なんだ!
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。