日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪意
「要するに今の親は自分では全く本を読まないくせに、子供には読ませなきゃいかんと思っている訳だ。
 ところが自分には読書の習慣がないものだから、何を読ませていいのか見当がつかない。
 で、結局お役所が薦める本をあてがうことになる。
 ところがそんな本はお堅いばっかりで少しも面白くないから、子供は本嫌いになる。
 そういう悪循環がえんえんと繰り返されていると思っていいんじゃないかな」

 東野圭吾「悪意」より


最近、読書日記書いてないな。手元のメモが増えてきたので、この辺でかくとしよう。
こないだ読んだ東野圭吾から。

俺は子供ができたら、まず間違いなく東野圭吾を勧める。
・・・くら~い子供に育ちそうだ(笑
スポンサーサイト

台場
「年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。」
 サミュエル・ウルマン「青春」より


今日は、普通に今日あったことを書いてみよう。

今日は情報処理試験でした。台場にて。
昼休みに愛用の国際展示場のSUBWAYで昼を食べた。

実は、SUBWAY大好きです。
あの注文の複雑さ(?)がいい。ヘルシーなところがいい。
野菜が多いところがいい。ポテトがあがってないところがいい。
パンの種類の多さがいい。

いつもどおり昼を食べていたら、隣の席に二人組の女性が。
30歳前後でしょうか、昼間っからかなり熱く恋愛論を語ってた。
話をこっそり聞いていると、、、(ってか、声がでかくて聞こえちゃう。)

どうやら片方の女性が年下の男性に恋をして・・・告白して振られた・・・
って感じらしい。
それを聞いてもう一人の女性が、ものすごい大声で
「一回ふられちゃくらいであきらめちゃだめ」
「男は基本的に若い子が好きだから、年上と付き合うメリットを感じさせないと」
とか言ってるのが、面白かった。
「いきなり、結婚結婚言うと、男は引くから」
って(笑
ものすごい大声なところが面白かった。
たぶん、ほかの人たちもみんな聞こえてた(聞いてた)でしょ、、、
励ましているというより、相当上から目線で笑えた。
「なにさま」って感じ。

さてさて、午後試験を終え、ちょっと頭がくらくらでしたが、
国際展示場から台場の駅まで歩いてみました
このあたりは、職場近くでなんとなく方向がわかるからいいね。
まよっても、どこかに駅が見えるし。

歩いていると、
おぉっと、どこかで見たような景色に遭遇。思わず写真撮影。
どこかのオーケストラのホームページがこんなですね。

20080420231832


台場は草木がたくさんあって、意外ときれいな場所だ。
草の香って久しぶりな感じです。
歳とったものです。


その後、銀座でバーバリーとユニクロと本屋に寄ってから帰宅。
ふっと、久しぶりにヘルスメータに乗ってみました。

結果は、撃沈(何が?)

と言うわけで、今日からジョギングをすることにしました。
まずは海岸を一往復。
7月の健康診断の公式記録に向けて、測るだけダイエットを始めよう。


あまり書きたいことを決めずに書くと、何が書きたいのかよくわからない日記になってしまった。
ま、日記って本来そういうものだ。

流星の絆 その2
「でも、社会のことを何も知らないままで卒業するというのは、とてもリスキーだと思いません?」

「簡単に得られた答えより、多少は苦労して手に入れた答えのほうが、ありがたみが出るものなんだ。」

 東野圭吾「流星の絆」より


ちょっと前に読み終わっていた本が戻ってきました。
貸していたのは、職場で一緒だった協力会社さん。先週いっぱいでおわりでした。

3月で、一応プロジェクトが終了となり、4月からぞろぞろと協力会社さん達が
引き上げていきます。5月中旬くらいまで、送別会が続きそうです。

今回は、2年にわたるプロジェクトだったため、仲良くなった協力会社さんがたくさんいる。
先週引き揚げたのは、中でも特になかったよかった人なので、ちょっとさみしいですね。

さて、明日は春の情報処理試験です。
ちょっと、朝早いな。起きれるかな、、、

話を聞かない男、地図が読めない女 その3くらい(?)
「『恋に落ちる』という現象は、脳で起こる化学反応が引き金になって、
 精神と身体に発生する様々な反応の集まりと言うことができる。」

 アラン・ピーズ+バーバラ・ピーズ著 藤井留美訳
 「Why men dou't listen & women can't read map(話を聞かない男、地図が読めない女)」より



この本の解説によると、「恋に落ちる」という現象ですら、
体内でおきる細胞間の電気的な情報交換の集合でしかないのです。

たしかに科学的に言えば、人間の感情はすべて、脳内の細胞間の情報交換の集合でしかない。

う~~ん、深い、、、

リーダーとは?
「せっかくの昇進をもたらした仕事の仕方が、新しいポストでは間違った仕事の仕方になっている。」

 P.F.ドラッガー「プロフェッショナルの原点」より

「リーダーは生まれながらにしてリーダーである」

 吉越浩一郎「残業ゼロの仕事力」より

「誰がボスになるべきか?という質問は、四重奏で、誰がテノールを務めるべきか?
 という質問に似ている。
 当然、テノールを歌える人間、ということになるだろう。」
 
 ヘンリー・フォード アメリカのフォード創始者


最近読んだ本から二つ&アメリカのフォードの創始者の言葉。
うちのリーダーは明らかにリーダーに向いていない。ドラッガーの言葉のとおりです。

フォードの言葉はとても重みがある。自然と周りから慕われる人がいる。
そういう人がリーダーだ。
リーダーって上が任命するんじゃなくて、下が決めるんだ。

さ、俺も気をつけよう。

Wicked
「自分を信じられるなら、世界は変えられる」

 ウィキッド(劇団四季)のコピー


念願のウィキッドを観てきました。
よかった、期待を裏切らない演出、舞台装置などなど。

今まで観てきた四季に比べると、ダンスが少なくて歌が多い感じかな。
特に、エルファバ(緑の魔女ね)の唄がよかった。よかった。
キャスト表をもらい忘れてしまったので、誰だかわかりませんが、、、
前半のラストとかは、圧巻ですね。ミュージカルの醍醐味って感じです。

ストーリーが意外と重い内容で(友情とか恋愛の奪い合いとか)びっくりした。
もうちょっと子供でも楽しめる内容かなと・・・いや、子供でも楽しいか。

実はオズの魔法使い、見たことないんですが、近いうちにDVDでも探してみてみようかなと思いました。

ちなみに、次に狙ってるのはモンゴメリの「赤毛のアン」です。
ほのぼのした話の展開を期待してます。

その後、夕食は銀座正泰苑

DSCF1351_.jpg


焼き肉最高。週二回。うん、いいね。
さしのきいたカルビ。最高!

親子丼
「食事こそは、人が始めから決して退屈しない唯一の場である」
 サヴァラン「味覚の生理学」より


神楽坂のちょっと有名な店に行ってきました。
親子丼、最高!!


DSCF1349_convert_20080412231929.jpg

名言と肉
「世界とは鏡のようなもの。それを変えるにはあなたを変えるしかない。」
 アレイスター・クロウリー

「決して倒れないのが良いのではない。
 倒れたらすぐ起き上がるのが貴いのである。」
 オリバー・ゴールドスミス イギリスの小説家

20080410005921


おいしい肉の前では、こんな名言も効果なしですね。

サーロインの焼き肉。
ステーキと、焼き肉の中間みたいな感じ。おいしかった・・・

天才の名言
「僕は天才ではありません。
 なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです。 」
 イチロー


かっこいい・・・
説明、聞きたいな

びびっとくる名言
「努力することよりしないことの方が難しい」
 ポール・マッカートニー


さすがポール、良いこと言うよ。

日曜日
「幸せは香水のようなもの。他人にふりかけようとすると、自分にも2、3滴ふりかかる。」
 レオ・バスカーリア(アメリカ哲学者)

「『君はどんなときに幸せを感じるんだい?』
 『今よ』
 『どんなときに不幸と思うんだ。』
 『今よ』」
 映画 イングリッシュ・ペイシェントより


何も予定のない日曜日、いいものです。

一つ目の引用の名言好きです。
ユダヤの諺にも、同じ意味の言葉があります。
ユダヤの諺は面白いことわざ多いです、また紹介します。
レオ・バスカーリアは、盗んだものと思われます。

二つ目の引用、意味わかるでしょうか?
名言慣れ(?)してないと、この手の言葉の意味はわからないかもしれません。
幸せの事を考えればそれだけで幸せ、不幸なことを考えればそれだけで不幸
ってことです。

ちなみに、レオ・バスカーリアと言えば、
雑草とは、その美点がまだ見つかっていない植物のことである
の人です。
↑この言葉大好きです。このブログで紹介するのは、3回目ですね(笑

イチゴ
「すべてのものは土から生じ、ついにはすべて土に還る。」

 ディオゲネス「クセノファネス」より


イチゴ狩りに行ってきました。
人生で二回目。一回目は小学生の時なんで、何年ぶりかわからない。

宇都宮、空気も景色もいい場所でした。いちご三種、ハウスで食べ放題でした。
3つめのハウスの、、、「とちひめ」(だったかな?)がすごかった。
ここでしか食べれないらしい、身がやわらかすぎて出荷できないんだって。
とってすぐしか食べれない。おいしかった ^^

DSCF1344_convert_20080406000347.jpg



↑これです。見た目は市販のイチゴとそんなに変わらないかな。

そのあと、宇都宮といえば「餃子」を食べてきました。
一番有名な店に二軒。安くておいしい。
ちょっと住みたくなりました。たぶん、住んだら東京に戻りたくなるけど、、、

それにしても大学時代の友人と言うのはいいものです。
久しぶりに会っても気楽に話ができる。
それぞれ、みんな仕事が大変そうです。どこの会社に行っても似たようなことに悩まされているものだ。

おわり。

プロフェッショナルの原点
「組織に働く者のうち、知識に優れた者は少なくない。
 だが、彼らが報酬を受けるのは知識によってではない。なされるべきことをなすことによってである。」

「時間以外の資源はなんとかなる。だが、時間はもっとも希少な資源である。」

 P.F.ドラッガー「プロフェッショナルの原点」より


20世紀後半のマネジメントの理念、手法、哲学を確立してきた経営学者ドラッガー
最近、本屋でよく見かけるので、ちょっと買ってみた。

これはすごい。
なるほど、平積みされるだけの本だと思う。

ドラッガーが説きたいのは、リーダーシップやマネジメントのあり方について。
時間、貢献、効率 あたりは彼にとってのキーワードでしょうか。よくでてくる。
この本では、引用の一つ目にあるように、「なされるべきこと」とは何か、「それをなすためにはどのようにすればよいか」が話の中心です。

最近では、本やインターネットでいろんな人の考え方に簡単に触れることができる。
この時代に生れて、勉強する時間がないのはすごく不幸なことだ。
勉強するためのツールはすべて用意されている、あとは自分次第だ。

読み始めたら、あまりにほとんどすべての言葉を書き留めたくなったので、
ちょっと厳選することにしました、、、もったいない。

仕事にかかわるすべての人にお勧めです。
ちょっと哲学すぎて、受け入れない人もいると思いますが、受け入れないとしても彼の考えを知っておくことはプラスだと思う。
現在の多くの企業は、彼の考えを受け入れた人たちが創設したものだから。

不思議な少年
「嫌いにはたいてい理由があるども、好きには理由なんてないんだ。」

 山下和美「不思議な少年(23.ムメキクと周平)」より


待ちに待った新刊です。
さっそく買いました・・・嘘です、さっそく借りました。

確かに、今回は一年ぶりの割には「普通」な感じかな。

でも、不思議な少年のすごいところは、2回以上読まないと、本当の意味がわからなかったりする。
マンガとは思えない。

さて、次回も楽しみにしてます。
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。