日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロマネは見た! その2
「ここで勘違いしてはいけない。バッファーは使うためにあるんじゃない。」

「メンバーのコスト意識が低いプロジェクトは成功しない。」

 伊藤靖「プロマネは見た!」より


最近、周りの人に貸した本で結構評判がいいのがこれ。
おもしろい。

筆者はあくまで「体験や人の話を聞いたうえで、自分で構成したフィクション」と言っているが
うちの会社がモデルになっているんじゃないかと思える部分がたくさんある。
まわりの人も同感らしい。

引用1:名言!!机の上に張っておきたい、

引用2:この本の中で出てくるのは、社内資料なのにカラープリンタを使いまくる人。
そもそもSEなんて内勤が多いんだから、もっとコスト下げることに専念してもいいんじゃないかな。
個人の数字が見えにくくなればなるほど、コスト意識が下がるからね。
たとえば、職場のTさんとか、、、、いつもカラー印刷でびっくりする。
スポンサーサイト

花見
「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」

 サクラの花言葉

「優美」

 しだれ桜の花言葉


だそうです。
↓たしかこれはしだれ桜かな。

DSCF1321_convert_20080331003059.jpg


これが一番キレイに撮れてたので。


それにしても今日は寒かった。寒かった。
かなり寒かった。
しかもだった。

雨は雨で風情があっていいものです。
しかも、空いてたし。

経済を勉強しよう
娘「どうしてうちにはパンがないの?
母「それは、お金がないからだよ」
娘「どうして、お金がないの?」
母「それは、仕事がないからだよ」
娘「どうして、仕事がないの?」
母「それは、パンが余っているからだよ

 世界大恐慌の風刺


最近の円高、日銀総裁不在、原油の高騰、株価の低迷、中国株の上昇、、などなど
良くも悪くも、経済にかかわるニュースを聞かない日はない。

円相場と日本経済の関係、わかるか?と聞かれたらたぶんわらかない。
なんとなくしかわからない。

と言うわけで、ちょっと経済の本を買ってきてみました。
勉強というより、少し雰囲気をつかんでみよう。
経済のニュースが身近に感じれるくらい知識は付けたいものです。

引用は、小学校の教科書でみた世界大恐慌のときのアメリカの風刺。
相変わらず、、、、インパクトがあるものはよく覚えていると感心jします。

準備
「人生の成功の秘訣は、チャンスが来たときにそれに対する準備が出来ていることである。」
 ベンジャミン・ディズレーリ


あっ、準備しなきゃ。

卒業 その2
「あれは精神的なものだな。たかがアーチェリーって気になった時に、ああいう射ち方ができる。
 財産だよ、ひとつの。」
 
 東野圭吾「放課後」より


読み終わりました。
犯人当たりました。
殺人の状況とかから、「こいつがあやしい」って、なんとなく思っていたのです。
トリックや、隠された動機などのすべてがわかったわけではないですが、ちょっと嬉しい気分です。

引用は、アーチェリーの大会の前に急に上達した新入部員に対する主人公のセリフ。
「たかが」って言うくらい軽くものごと考えたときってうまくいくね、

最近は「たかが仕事」です。
モチベーションと相談しながらうまくやってます。

さて、読書はいったん中断して、4月のテストまでは移動中は参考書を読むことにします。

ダイヤモンド
「冷たい泉に 素足をひたして 見上げるスカイスクレイパー
 好きな服を着てるだけ 悪いことしてないよ」

「幾つも恋して 順序も覚えて KISSもうまくなったけど
 初めて電話するときには いつも震える」

 Diamond (作詞:中山加奈子) より


スカイスクレイパー = 摩天楼
知ってた??

1番の初めの部分の歌詞と、2番の初めの部分の歌詞を抜き出してみました。

好きな服きてるだけで、確かに気分が変わる。
「悪いことしてないよ」って、言うのが面白い。

2番の詞も面白い。と思うのは俺だけ?
・・・じゃないから、この曲は人気あるんだろうね。

かっこいい名言
「彫像は既に石の中にあった。自分はただそれを掘り出したにすぎない。 」
 ミケランジェロ


かっこいい、、、
こんなこと言ってみたいね。
いうシチュエーションがわからないけど f^^;

卒業
「抜き打ちテストをやるとブーブー言うくせに、中間テストや期末テストに備えて勉強するわけじゃない。」

 東野圭吾「放課後」より


いよいよデビュー作を読んでみました。
ちょっと雰囲気が違う。今まで読んできた東野圭吾とはちょっと違う。

学園を舞台にした殺人事件が起きるミステリなんですが、ちょっと冗長な感じ。
さすがに殺人が起きてからは、テンポよく進んでいるけど。
ちなみに、まだ犯人わかりません。
だいたい、目星はつきました。

引用の言葉、、、すごく的を射ていると思う。
うん、すごい。

自分の演奏を聞いてみる
「報酬への期待を行動のバネとする人にはなるな。」
 ベートーベン


年末にやった演奏会のDVDを見ました。
自分の演奏を、DVDで見るのは初めてかも。すっごく画像が綺麗ね、びっくりした。

曲は、べと5「運命」としべ3です。
べと5は1st、しべ3は2nd。

聞いてみた感想。

うん、もっと練習しよう。

音の処理があまい。
特に、他のパートに合わせようとしているときに、棒吹きになる傾向がある。
周りを聞きつつ、音を丁寧に処理するということができない。
男の脳は、ふたつのことは同時にできないらしい。

いい機会だ、今までのCDとかも聞いてみよっと。

しべ3は、木管の鬼門2楽章が、DVDで聞くとそれなりに(?)ごまかせてる感じがしました。
録音で聞くと、実際に演奏しているときより音程が気になるのはなぜだろう。
演奏中ももっと気にしろって感じですね。

余命一ヶ月の花嫁 その2
「みなさんに明日がくることは奇跡です。
 それを知っているだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています。」

「毎日何やってるの?病室で」
「生きてる」

 長嶋千恵(余命一ヶ月の花嫁 より) 


あしたから、会社の友人が入院するそうです。
だから「これ」ってわけではないですが、、、

当り前のことが当たり前にできる幸せ、大切です。
時には涙を流すと、ストレス発散しますよ!!お勧め。

シェエラ
「女神は過ちから学んだ者に味方する」

 「アラビアンナイト」より


次回の選曲が決まりました。
念願の念願の、、、シェエラザードです。

かなり楽しみです。練習も本番も楽しみです。
はやく譜面こないかな~~


アラビアンナイト読んだことあるんだけど、30夜くらいで進めなくなった。
めちゃくちゃつまらない。
どこかで聞いたことあるような話ばっかりだし、文体は古いしでだめでしたね。
全編はやっぱり重すぎたかな、今度、こども向けか、ハイライトかの短いやつを探してみよう!

残業ゼロの仕事力 その2
「たしかに、効率の悪さを労働時間の長さで補うことができた時代もありました。」

 吉越浩一郎「残業ゼロの仕事力」より


水曜は定時退社日なのに・・・
うちの会社は、まだ↑な時代です。

余命一ヶ月の花嫁
「健康でいることが一番の幸せ。体を犠牲にしちゃ人生もったいない」

 長嶋千恵(余命一ヶ月の花嫁 より)


23歳で癌宣告を受けて、24歳の若さで昨年他界した長嶋千恵さん。
彼女の、癌宣告からの闘病生活が本になっています。
(以前にテレビでもドキュメンタリーを流しているらしい。 テレビを全然見ない俺は、全然しりませんでした。)

彼女と家族にとっては、ちょっとしたことがおおごとで、些細なことに感動させられる。
自分たちが、当たり前にできること、健康であるということが、
どれだけ尊いかを、どれだけ幸せであるかを、あらためて考えさせられる。
一回の旅行、一日の仕事、一通のメールがどれだけ貴重な時間かを考えさせられる。

(延命)治療が不可能になって、余命一ヶ月、退院してからの生活。
友人たちの気遣い、愛し合った彼との結婚式

今の生活が当たり前になってきている人、最近泣いていない人にお勧めです。

流星の絆
「仕方がありません。誰だって間違いはある。大事なことは繰り返さないこと。」

 東野圭吾「流星の絆」より


新作、もちろん買いました。
と言うより、2月末に amazon から「予約開始しました」メールがきました。
もちろん、そのままメールにリンクがついてて、すぐ買えるの。
「発売日に届きます。」みたいな。

すごい、amazon に完全に行動パターンを読まれている・・・

さてさて、話の内容ですが、
幼いころに両親を殺された3兄弟が主人公です。
殺した犯人は結局つかまらず、、、
ところが、3人は成人してから、その犯人を見つけます。
警察に通報しても信じてもらえない、、、だったら自分たちで、、、
と言った感じの展開です。

まだ、半分くらいなので、先楽しみです。

ところで、、
だいたい、話の大まかな展開が読めるようになってきてしまった。
百夜行」とか、似てなくもないしね。
でも、ラストでいつも感動させられる。
今回も楽しみです。

バンテージ・ポイント
「みずからを最も信頼するが最も欺かれる」
 エリザベス女王「語録」より

「何人をも信用しない者は己自身が信用されていないことを知っている」
 アウエルバッハ「断片」より

前に何かの映画を見た時に、予告編で見て気になっていた映画を観てきました。
面白かった、面白かった。

90分と、映画としては短い時間だと思いますが、内容はかなり詰まってます。
8つの視点から描かれる一つの事件。
犯人はだれ・・・?
的な映画ですが、、、
真実は意外とあっさりとしています。
真実ては欺かれ、誰かを欺いたら今度は自分が欺かれ、、、う~ん、人生のいろんな教訓を含んでいる(ような気がする。)

さてさて、明日からまた仕事です。さ、また一週間がんばりましょう!

カラヤン
「落ち着け。人を恨んで自分をダメにするな。」
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮者)


次の演奏会のCDを探しに、タワレコに行ってみたらカラヤンのCDがでかでかと並んでた。
没20年くらいだったかなぁ、と思いつつCDを見てたらいろいろほしくなってきた。
どうせ、一回か二回しか聞かないくせに、、、

ベートーヴェンの交響曲全集が2つあって、ひとつが10000円で、もうひとつが3200円くらいだった。
なんの違いだ?時期か?オケか?録音か?
詳しく見なかったけど、たぶんオケはどっちもベルリンだろう。

さてさて、目的の シューマン作曲、ホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥック は見つからず。
また、今度探そう f^^;

ここからが本題。
前から探していたグリュミュオーのベートーヴェンを見つけました。
ただし、コンチェルトではなくてソナタ。コンチェルト見つからない~~~

でも、ソナタもクロイツェルが入ってるし、久しぶりに聞いてみようと1枚購入。
コンチェルトは、シェリングの演奏があったから、こっちも購入。
バイオリンは、ほとんどこの二人の演奏しかきいたことないね。
と言うか、聞いても印象に残らない人が多い。

それにしてもムターのCDがめちゃくちゃおおい。どうも音が嫌いで買う気になれない。
独特すぎる気がするんだよね。
ずっと聞いてると味があって良く聞こえてくるんだけど、なかなかそこまでが時間かかる。

久しぶりに聞いたグリュミュオーはやっぱりきれいでした。高音の方が信じられないくらいにきれい。
大好きなクロイツェルの3楽章を聞きながら、
「俺もバイオリンやってればよかったなぁ」
などと、いまさらながら思う今日この頃でした。

おわり

水曜なのに
「およそ事業に必要なのは、成し遂げる能力ではなく、やりとげる決心である。 」
  リットン

定時退社日なのに・・・ (T_T)
強い意志を持って帰らないと帰れないですね。

それぞれのキャリア
「今の自分に疑問や不安を感じたらそれは、変化しなさいという心の声です。」
 葉祥明「風にきいてごらん」より

「しなければならいことをしても、一生。できることをしても、一生。好きなことだけしても、一生。」
 中谷彰宏


同期入社の友人が、半年間の短期留学をするので、今日はその壮行会でした。
彼は、同期入社で同い年だが、結婚して子供もいる。二人ともアメリカ(ハワイ)に連れていくらしい。


入社時に同期で今の部署に入った男は、俺含めて4人

ハワイに行く彼は、もともと海外留学を希望していて、念願がかなった形。
うん、うらやましい。

もう一人も現在、転職活動中
現在の部署の方針、仕事の仕方に不満があるようだ。
最大手を目指しているらしい。

もう一人も、「結婚前に・・・」と軽く転職活動中。

実際にどう転ぶかはわからないけど、転職活動経験者の俺としては、転職活動自体はとても、キャリアアップにつながると思います。
転職するしないにかかわらず、外の空気を吸う意味でもとても大切。
さらなるキャリアアップを目指していきましょう。

さてさて、俺はというと、社外で高く評価されていることが認められて、今や社内でも「スペシャリスト」と呼ばれる立場。
この時代、「資格」と「特許」は強いです。
「引かれたレールの上」というよりは、自分でキャリアを切り開ける可能性を信じつつ
日々の精進しながら業務に臨んでいるわけです。

さ、この先みんなどんなキャリアを積むかはわかりませんが、刺激し合って頑張りましょう!

という気分な今日この頃。今日は早く帰れたので機嫌がいいです。

そうそう、同期入社で言うと、「戦友」の大阪フレンドが妊娠中で8月出産予定らしいです。
おめでとう!!

それぞれのキャリアを歩き続けましょう!

容疑者Xの献身 その2
「数学の問題に対し、自分で考えて答えを出すのと、他人から聞いた答えが正しいかどうかを確認するのとでは、どちらが簡単か。
 あるいはその難しさの程度はどの程度か、クレイ数学研究所が懸賞金をかけている問題のひとつだ。」

 東野圭吾「容疑者Xの献身」より


東野圭吾と言えば「ミステリ
この作品も、2006年の「直木賞」「本格ミステリ大賞」をとった作品です。

ところが、内容は完全にサスペンスです。
こないだ読んだ「嘘をもうひとつだけ」もそうでした。彼の作品にしてはめずらしいのかな。


読み終わった感想。すごい。
「秘密」「百夜行」を超える「マイベスト東野圭吾」となりそうです。
鳥肌もののラストが圧巻。

唯一悔しいのが、、、いつも電車で読んでいるんですが、
ラスト数ページを残した感動的なシーンで、目的の駅についてしまったこと。
ものすごい勢いでラストの追い込みをかけたのに、間に合わず。でした。

興ざめ、、、

久し振りに
「失われた時は再び還らず」
 アウゲー「説話」より

「音楽は世界共通語である」
 ジョン=ウィルソン「神々しい夜」より


一か月半ぶりくらいに楽器を吹きました。
ぼろぼろでした。8小節持たない。
曲が吹けないから面白くない。音もぼろぼろ。リードもぼろぼろ。

やっぱり、コンスタントに吹かないとだめですね。
なるべく毎週末、30分でもいいから吹けるようにしよう。

膝と合わせて、こっちもリハビリです。

残業ゼロの仕事力 その2
「内閣府が発表した『平成18年度版 国民生活白書』によると、日本で週50時間以上働いている労働者の割合は 28.1%。
 これはフランス(5.7%)、ドイツ(5.3%)などほかの欧米先進国と比べても極端に多くなっています」

仕事を指示する上司も、『なるべく早く』とか、『できたら持ってこい』というように、期限を厳格に示していないことが多い。」

 吉越浩一郎「残業ゼロの仕事力」より


休日出勤でした、二月は休息の月と勝手に決めていたので、休日出勤は交わしてきましたが、、、
とうとうかわしきれず、、、です。

日本の残業社会、残業文化を嘆き、日本人の真の「国際的競争力」を問題視しているこの本ですが、
額縁に飾って職場に張っておきたい言葉が目白押しです。

一つ目の引用、正直いうと「思ったより少ない」という印象を受けました。
週50時間ということは、ほぼ10時間残業。毎日20時あがり。
それって、30%しかいないなの?
実態としては、残業が多い人に集中しているだけなのかも。
メシアンは間違いなく60hを超えるでしょう。(あたりまえか、、、)

二つ目の引用、机の前に飾っておくことに決めました(笑
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。