日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近
「目標は高く 努力は厳しく 人間能力の差は小さい
 しかし 努力の差は大きい」

 こころに残る名言集より


最近、あんまり勉強してないなぁ。

下期の半年でとった資格が一つでは、ちょっとさみしい気がする。も一つくらい・・・
スポンサーサイト

人のセックスを笑うな
「人は他人のちょっとしたしぐさから、勝手に感情を恣意的に読み取る。
 自分の感情を他人に想像されることほどイライラすることはないが、
 俺も彼女に対してそれをしていることに気づく」

 山崎ナオコーラ「人のセックスを笑うな」より


最近映画になってた本が、ぶらっと立ち寄った本屋にあったので買ってしまった。
おもしろいし、短いのであっという間に読み終わりました。

こういう話、面白くて好きです。

最近、買物はなるべくクレジットで、って思ってます。
今回もクレジット。単行本3冊で、1500円くらい(笑
いくら現金を持ち歩かない俺でも、これくらいは持ち歩いてます。
でも、基本はクレジット。ポイントがつくから。

こういうのを「名言」っていうんだよ
「手を抜くほうが疲れる。」
 木村拓哉

すげぇ。

24時間
「24時間、自分のやりたいことだけやって何が悪い。それをやりつくしても、時間は全然足りないのに。」
 山本恭子


最近の一日
6時15分起床。
8時半ころ 会社到着
22時ころ  仕事終了

24時ころ 帰宅
2時ころ 就寝

いらいらしてる時間 9:00 ~ 20:00 くらいの間、ほぼずっと。
20:00 過ぎると自分の仕事ができてちょっと落ち着く。

自分のしたいことをまともにできているのは帰り道くらいだろうか、
本を読むか、愚痴大会か。

本当はもっと勉強したり、本読んだり、テレビ見たり、音楽聞いたりしたいのだ。
う~ん、やりたいことを24時間できるようになりたい。

今は無理か、、、 ^^;

すべき
「私たちは、そうすべきだと思っていながら、いろんな理由を考え出して、そうしないことが多いわね。
 それは恥ずかしいことだと思うの。」

 小峰元「アルキメデスは手を汚さない」より


耳が痛い。
最近、こういう格言好き。

トヨタ方式
「結局のところ、モノづくりとは人づくりであり、人の指導の仕方いかんなんだ」

 若松義人「トヨタ式鬼十訓 私が大野耐一に学んだこと」 より


カイゼン、見える化、看板方式・・・
などなど、トヨタ方式の特徴を表す言葉は多い。
うちの会社でもよく耳にする、本当に合ってるのかはよくわからんが。

と言うわけで、トヨタ方式の本を読んでみよう!
と思って本屋に行ってみたはいいが、何せ数が多くてどれを読むか決めれたなった。
そのまま閉店時間、買わずに帰ってくる。

何かお勧めの本ないですかね?なるべく薄いのがいいな。
ちなみに引用の本は(借りて)読みました。

節目
「音楽なんてのは習ったり勉強したりするもんじゃないんだから、好きな時に好きなように聞いたらいいんだ」
「なるほどな。人間ってのは、誰でもそれなりに苦労を背負ってるものなんだな。」


 東野圭吾「手紙」より


こんなに仕事ばっかりの生活の中で、やっぱりオーケストラはいいものだと思う。
なんとなく勝手に、今回を節目の演奏会と決めていました。

ちょっと違う音楽やってみたい。
室内楽とかアンサンブルとか、もっと自分を生かせる音楽やってみたい。

オーボエとの『時間』
「ひとつのフレーズを飽きるまで演奏することだ。ファンタジーを育てるのは忍耐力に他ならない。」

 宮本文昭「オーボエとの『時間』」より


オーボエの巨匠、宮本氏が引退前に書いた本です。
こないだたまたま、amazon で見つけたので買ってみました。

やっぱすごい。
ためになる話もたくさん。
まだまだ精進が必要です。

ジュリアス・シーザー
「一角獣を生け捕るのは立木を使うに限るし、熊なら鏡、像は落し穴、ライオンは罠、
 そして人間をものにするのはおだてるのが一番だ。」

 シェイクスピア「ジュリアスシーザー」

だってさ。
おだてには気をつけましょう。

アインシュタインの言葉
「理詰めで物事を考えることによって、新しい発見をしたことは、私には一度もない。」

 アインシュタイン(ノーベル物理学者)


うわっ、彼にしか言えない!!!!

頭ではわかってるんだけど、できないことだらけです。

はぁ、3時か・・・明日も早いし寝よう。

気楽
「われわれはまあこの世に間借りしているようなもので、何もむきになることはない。」
 庄野潤三


そうそう、なんでもかんでもまじめに考えすぎずに、気楽に生きたいですね。

愚痴
「行動がどれほど価値あるかを知るためには、行動しない場合を何か想像してみるとよい。」

 ジョージ・シン


愚痴が楽しくなってきたら、結構本格的に疲れてると思う。
う~ん、何もする気しない。
はやく休み来ないかな。

幻夜 その2
「人を動かすには、いろんな方法があるのよ。お金を使うのは最低のやり方。
 お金で動く人間の事を信用しちゃいけない」

 東野圭吾「幻夜」より


今年の頭に読み終わりました。
おもしろすぎる・・・「百夜行」がよかったと思う人は是非読んでほしい。

800ページくらいの結構な長編なんですが、後半400ページくらいは一気に読み終えた。
作者の特徴ともいえる伏線に伏線を被せる展開。
どこで、どの事件とどの事件が結び付くのか・・・気になって一気に読んだ。

さて、今年は何冊読めるでしょうか ^^
楽しみです。

現場監督
「低迷する野球チームの監督が、ただ選手に頑張れとか根性見せろとか言うしか手立てがないとすれば、その監督はどう考えても無能だということだろう。」

「君ら幹部がやるべきことは、何も難しい話じゃない。野球の監督と同じことだ。采配を振るうと言うことだ。
 采配とは何だ。まず、現状を把握すること
 それから、方針を立てて、必要とされる人材を適正な場所に適当数投入すること。そして、その効果を見定めること。 それだけだ。言ってみれば、官民問わず、世の管理職に任される仕事というのはこれだけなんだ。
 これだけのことをやって数字という結果を残すのが、君らの任務であるわけだ。」
 
 雫井脩介「犯人に告ぐ」より


今の仕事の現場をこれほど的確にあらわした言葉はない。
オリベ見てるか??(笑

新年初日記
「人生を逆向きに生きようとする人が多い。  ものや金をいくらでも欲しがり、それで自分のしたいことをして幸福になろうとする。
 それは順序があべこべなのだ。
 まず真の自分になり、それから、するべきことをして、自分の望みのものを手に入れるのである。」
 
 マーガレット・ヤング


今年ももう6日目です、なんだか新年早々ばたばたしていて日記書けなかった。

さて、今年の初名言はこれです。
つまりは、今年の目標です。

なるほど・・・まずは、「真の自分になる」ことから始めよう!

今年は、気持ちを入れ替えてちゃんと日記を書こうと思う今日この頃。
目標、月に10回以上・・・低っ!
今年もよろしくお願いします m(_ _)m
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。