日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

viva
「思っただけで、何かが変わるなら苦労はないよ」

 山下和美「不思議な少年(16 ルイ・イスカリオテ)より」


あ~、月曜から飲んだ。
いい一週間になりそうです(笑

話を聞いてくれる人って重要。
スポンサーサイト

ダヴァーイ
「人は着物に応じて歓迎され、知能に応じて解雇される。」

「ペンをもって書かれたものは、斧をもってしても壊れぬ」

「愛はガラスのようなものだ。いいかげんにつかんだり、しっかりつかみすぎたりすると割れる」

 ロシアのことわざ


演奏会に行ってきました。

ダヴァーイというオーケストラです。ロシア語で「Go」の意味らしいです。ロシア音楽をやりたい人が中心になって作ったオケで、今回が立ち上げの演奏会でした。

それにしても・・・すごかった。うまかった。迫力あった。
曲に惚れ込むって大切なことだなぁと思いました。

まず、前プロのリムスキー=コルサコフ「ロシアの復活祭」
曲がオケにすごくあっている。コンミスのソロも圧巻。すごい。
「そつなくこなす」と言う表現がぴったり。安定感のある演奏
前プロから「ブラボー」がでたのも、納得できる。

中プロはソプラノの協奏曲。ほどほど。
若干、選曲ミス気味な感じ。まぁ、疲れるプログラムの中の小休止でしょうか。
ここで、「ダッタン人の踊り」とか「ルスランとリュドミューラ」とかきたら、演奏する方も聞く方も疲れてしまうし。

メイン。チャイ4
またまた、迫力のあるいい演奏でした。
関門の3楽章も割ときれいに流れました。

正直、管楽器はこれくらいのオケは割とあると思う。
それでも全体として打楽器の迫力と、弦楽器が安定感のある厚みがよかった。

久しぶりのアマチュアの演奏会でしたが、ここまでいい演奏は、6年くらい前にきいた、フライハイトの「ティルオイレンシュピーゲル」と「べと5」以来かな。
ちょっと一緒に演奏してみたくなった今日この頃。
ま、機会があったら誰かに連絡とってみよう。

いい演奏会でした。
おれも練習がむばろう。

中国語を勉強しよう
「アクセントは会話の生命である。
 アクセントは会話に完成と真実を与える」

 ルソー「エミール」より


最近、職場で中国語を勉強中です。
なんとなんと、職場の協力会社さんに中国の方がいるのです。
LEEさん(←仮名)は日本語も上手なので、中国語を教わりつつ、どうでもいい日本語を教えてます。

今日教えた日本語。
眉唾(まゆつば:Mayutuba)・・・○○さんのこと
泥縄(どろなわ:doronawa)・・・今のプロジェクトの状態のこと

日本人でも正確に使えるかどうか、わからない。

ちなみに昨日は古語の
いと(ito)・・・とても
あやし(ayasi)・・・不思議だ
を教えました。


さて、明日から職場使える中国語は
・我明白了 (ヲ・ミン・バイ・ラ:わかりました)

あと、球技を一通り教わりました。
漢字を覚えてないですが・・・


それにしても、本当にアクセントがよくわからん。
そして、LEEさんの発音は早くて、聞き取れない。

今後、中国の人が日本に来ることも増えるだろうし、俺も行くことあるかもしれないから、
今の英語くらいの知識は付けておきたいなぁと思う今日この頃。

3分で気持の整理ができた
「ほとんどの悩みは、意味のないことに意味があると思ってしまうことから始まります」

「迷うのは選択肢が無限にある状態です。
 選択肢が多いのは、まだ余裕のある状態です」

 中谷彰宏「3分で気持の整理ができた」より


大学時代に「面接の達人」を読んでから、この人の本にはまっている。
昔は買いあさるように読んだけど、今回は結構久し振りかな。

相変わらずの読みやすさで、読み始めたらあっさり終わってしまうのです。
読むといつも、ちょっと元気がでます。
何かしよう」って思えます。

誰にでも悩みはあるわけで、そのこと自体が悪いわけではない。
悩みや迷いがあるのは、選択肢が多い状態。まだまだ余裕がある状態。
プラスにとらえられるようにならねば。


ちょっと仕事にメリハリをつけて、平日でもやりたいことができる時間を確保するようにしたい。
初めから終電覚悟で仕事をするのは精神的にもよくないしね。
今日は、日付変わる前に帰れた!!^^

イングリッシュホルンを練習しよう!
「なんでもやれる人に秀でたる人はいない」
 フラー「格言集」より

「獣を追う者は大山を見ず」
 劉安「淮南子」より


ちょっと前から思ってたんですが、、、
もうオーボエはこれ以上はうまくならない気がする。
完全に頭打ちが来ている感じ。

また、先生についたりしたら違うんだろうけど、そんな時間もないしなぁ。
別の環境にいって新しい音楽にふれ合う時間があったりすればいいんだけどね、それもしばらくは難しそう。

と言うわけで、イングリッシュホルンを練習することにしよう!
オーボエだけできる人より、両方できた方がオケ的にも需要が多そうだし。

息の入れ方とか、抵抗の使い方とか、オーボエとは結構違うところが多い。
高音のときの息使いに慣れてきたら、オーボエも一味違う音がでるようになるかも!・・と期待して、今日は思う存分吹いてきました。

それにしても楽器を二本持ち歩くのはかなり疲れる。
いいケースないかなぁ。

時計を洗おう
「世界中で最も美しいものは、いちばん役に立たないものである、孔雀や百合のように」
 ラスキン「胡麻と百合」より


前からほしかった超音波洗浄器を買いました。
会社の先輩が、時計を買ったらサービスで付いてきたらしく、使ってみたら結構よかったということだったので、買ってしまいました。

20070722232643



とりあえず水で。専用の洗浄剤があるみたいですが、水だけでも十分みたい。
おいらの時計は、防水なのでそのまま水につけて大丈夫。

時間を300秒に設定して、さっそくスイッチオン!
じ~~じ~~って、メガネ屋の前にあるやつみたいな音がする。

ほほぉ、結構ちゃんと汚れが落ちるものです。


眼鏡もやってみました。
こっちも上々ですね。
今度は専用の洗浄剤を買ってきてみようかな。


いい買い物したかも ^^

機嫌と気分
「自分ひとりで頑張れないやつは、たぶん恋人や仲間なりが2,3人いても頑張れないと思う」
 江角マキコ


人間には機嫌や気分というものがあって、
ほとんど毎日誰かの(半分くらいは自分の)それに振り回されている気がする。

日々、平常心でいたいものです。
なんてことを考えてみた一日。

最近見つけたサイト
「まっすぐで純粋な思いに、人は心を動かされる事がある。」

 心に残る名言集 より


最近、新しい名言サイトをみつけました。
ここから、カレンダーの上の名言もらってます。

心に残る名言集

言い回し
「ジキルとハイドってこと?」
「そうじゃなくて、同じものをみても、角度が違えば全然違うものに見えるということ」

 東野圭吾「私が彼を殺した」より


最近、人の細かい言い回しを気にしすぎてしまう。
もともとそういうところあるけど、、最近、特にひどいな。

冷静と情熱の間
「人はどうして出会ってしまうのだろう。
 みんな自分と同じように忘れられない人がどこかにいるのだ、と勘ぐってしまう。」

 辻 仁成「冷静と情熱のあいだ blu」より


帰りの電車で本を読もうと思ったけど、座れた日に限って忘れたりする。
音楽を聞こうとおもったら、mp3プレーヤーまで忘れてる・・・

寝るだけ、もったいない。

美音
「美は感覚的なものと精神的なものとの感性の一致である」
 グリルパルツァー「美学試論」より

「見た目を飾るべからず、美は営み、すなわち生き方の中にこそありと知れ」
 タレス「警句」より


楽器を問わず美しい音というものにはやっぱり惹かれるものです。
オーボエはもちろんそうですが、やっぱりきれいな音が好き。
別の楽器の音でもそういう音を聞くのが好きです。

今まで聞いた「美音」を思いつく限り列挙。

フルート:ツェラー(元ベルリンフィル)「バッハ管弦楽組曲第二番」
フルート:ゴールウェイ(元ベルリンフィル)「モーツァルトフルート協奏曲ニ長調」
フルート:レズニチェック(元ウィーンフィル)「モーツァルトフルートカルテット1番ニ長調」
オーボエ:シェレンベルガー(元ベルリンフィル)「ヴィヴァルディオーボエ協奏曲ヘ長調」
オーボエ:宮本文昭「モーツァルトオーボエ協奏曲ハ長調」←ラストコンサートの方ね
オーボエ:コッホ(元ベルリンフィル)「ファッシュオーボエ協奏曲ト短調」
ファゴット:霧生吉秀(元N響)「ヴィヴァルディファゴット協奏曲」
木五:ベルリンフィル五重奏団「danzi 変ロ長調」 特にクラがきれいです。
リコーダー:ペトリ「グリーンスリーブス」

ピアノ:アシュケナージ「ムソルグスキー展覧会の絵」
ヴァイオリン:シェリング「ベートーヴェンバイオリンソナタクロイツェル」
ヴァイオリン:クライスラー「ブラームスハンガリー舞曲」
テノール:カレーラス「メモリー」

番外編:オペラ座の怪人のクリスティーヌ「think of me」

などなど。
これらの曲は「音楽的」とか「解釈が新しい」とかって観点は0です。
ただただ、音がきれいで好きなものです。
(もちろん、音楽的にもきっと名演です)

そしてそして今まで聞いてきた中で最高の美音と言えば「グリュミオー
昔何かのCDで聞いたベートーベンのバイオリン協奏曲が忘れられない。
あんな存在感のある輝くような音がだせたらいいだろうなぁと思う。

また聞きたいとおもってCDを探したんですが、見つからず。
アマゾンで探してもことごとくsold outな訳です。
代わりにグリュミオーの「ブラームスバイオリン協奏曲」を買ってみました。
うん、やっぱ奇麗。でもベートーベン程のインパクトは無い。
記憶の中で美化されてるだけかも・・・

さて、渋谷のタワレコでも行って探してみよう!

演奏会
「好きこそものの上手なれ」
 ことわざ


久しぶりに演奏会本番でした。
今回の演奏会は、大田区アマチュア音楽祭の一部でした。
自分でも、前日まで知らなかった。
クラシックのコンサートなのに、司会者とかいるし・・・しかも落語家。びっくりした。

さて、肝心な演奏のほうですが、、、さすがアプリコ。
自分が乗っていた二曲はほどほど。
練習通り、練習以上のできだったと思います。
個人的には、本番で一か所落ちたのが悔しかった・・・
メインの交響曲も、本番はいいできだったと思います。


練習後、大学時代の友人に会いました。
懐かしすぎる。大学時代に一緒に馬鹿をやっていた友人と、卒業以来の4年ぶりの再会です。
お互い、全然変わってなかったのが、なんだか嬉しかった。

さて、また練習しよっと。

浮き沈み
「子供じゃないんだから、自分の考えぐらい話せるだろう。」

「今までが悪すぎたんだよ。これからは何もかもうまくいくよ。」

 東野圭吾「手紙」より


昔からそうですが、結構気持ちの浮き沈みが激しい。
この性格だけはなんとかならないものだろうか。


ちょっと前に読んだ本&見た映画から。
手紙は小説よりも、映画の方がよかった。
泣きそうだった。音楽が泣かせるね。

東野圭吾の中でもかなりお勧めです。
また何か読もうっと。

眠い。
「女性が綺麗になる方法は二つあります。
 『いい恋をすること』と『悪い恋をやめてしまうこと』です。」
  浜尾朱美


だってさ。
今日も終電で眠い・・・

久しぶりに
「本当の騙され方とは、自分が他の誰よりも抜け目がないと思い込むことである」

「書物より人間を研究することが一層必要である」

 ラ・ロシュフーコー


梅雨っぽい雨は、今年初めてな気がする。
というわけで、久しぶりにオーソドックスな名言を。

疲れた一日の締めくくり
「辛抱強い愛情」「浮気」

 アジサイの花ことば


ちょっと久しぶりにアロマを炊きました。
一日動き回った後ですが、多少余裕があるってことでしょう。
やっぱりオーケストラでの疲労はいい具合です。
仕事もこれくらいだといいのに(笑

暑さにはミントがいいらしい。ミントのアロマってあるのかな?
今度探してみるとします。

引用の花ことばは、6月に鎌倉に見に行ったアジサイのものです。
花言葉は、同じ花でも色によって違ったりするのですが、アジサイは同じみたい。あんなにいろんな色があるのに、もったいない。

七夕
「『名誉を軽んぜよ』と書物に書く人も、わが名をその書物に記す」
 キケロ「アルキアス弁護論」


今日は七夕でした。電車乗っていたら、浴衣の人がたくさんいたから
「どっかで花火でもあるのかなぁ」
と思っていたら、別に花火とかなくても着るときは着るらしいですね。
知らなかった ^^;


さてさて、そんな話はどうでもよく・・・
銀座今半に行ってきました。
すき焼きで有名な店です。
すごいすごい。すごいすごい。

写真は撮れませんでしたが(カメラ忘れたし)、ちょっとしばらく肉はいらないくらいおいしかったです。
 

夜明けの街で その2
「出会いというのは、いつだってそれほど劇的じゃない。少なくても僕の場合はそうだ。」

「必要なのは態度と行動だ。」

 東野圭吾「夜明けの街で」より


面白い。吸い込まれるように読み入ってしまいます。
不倫な恋をする主人公の心境の描写がリアルですごい。

そして、その相手は、殺人事件の容疑者・・・

うわ~、残り半分が気になってしょうがない!!

夜明けの街で
「それ、さっきもおっしゃいましたよね。一度やってみたいって」
「いったよ」
「でも、嘘ですよね。」
「どうして?」
「適当に話を合わせただけじゃないですか。本当は特にやりたいとおもってませんよね」
「なぜ話をあわせなきゃいけないんだ。機会があれば、本当にやりたいとおもっている。」
「本当に?」
「ああ」
「じゃあ、行きましょうよ」
「いいよ、行こうよ」
「どうせ誘わないって高をくくってるんでしょうけど、あたし、誘いますよ。口先だけの約束なんてしませんから」
「いいよ」
「本当に誘いますよ。嘘じゃないです」
「おれだって本気だ」
「今、焦ってません?」
「全然、君のほうだろ」

数日後のメール
『今度の土曜日、湘南にいきます。行きますか?それとも逃げますか?』

 東野圭吾「夜明けの街で」より


新刊を買いました。ちょっと読み始めてみたんですが・・・面白い!
この話のヒロインが、ちょっと俺に似てる・・・(笑

扇風機
「節約はかなりの収入なり」
 エラスムス「愚痴神礼讃」より


定時退社日。すばらしい。
もちろん定時には帰れないけど、銀座をぶらついてから、ビックカメラに寄れるくらいの時間には帰れました。

念願の扇風機を買いました。
扇風機と言うのは・・・USBで動く卓上扇風機です。
明日から会社でお披露目です。

以前から一人、使っている方がいて・・・無いよりはあったほうがいいんだろうな、程度に思ってたんですよ。
ところが、今週、隣の席の後輩が買ってきていたの、ちょっと拝借してつかってみたところ、全然体感気温が違う
これはすごい。暑いフロアで効率がわるいところで、これは結構いい。

と言うわけで買ってきてしまいました。
シンプルなやつがなく、三色に光るLED付き
なんじゃそりゃ って突っ込みながら、「ちょっと俺っぽいかも」って思いながら買ってきちゃいました。

明日がちょっと楽しみです。

次は付箋を張るミニコルクボードか・・・

分身
「牧場には時折牛の姿が見える。白と黒のまだら模様の牛もいるが、その模様は一頭一頭違っている。
 彼らにも個性があるのだ。」

 東野圭吾「分身」より


読み終わりました。
ちょっと本を離れ過ぎていたせいか、あまりツボがつかめなかった。
ラストがいまいち・・・

話の展開や、初めのころの謎や、伏線が少しずつ明らかになっていくあたりの話の広がり方はさすがなんですが・・・
ラストシーンの前に、頂点を迎えてしまう感じですね。


今日は終電の二本前に帰れました (^○^)
勢いにのって、たまっていた日記を書いてしまった。

分身
「迷いはなかった。今のままでは何も解決しないからだ。
 風が止んでから帆をあげたって、船は前に進まないのだ。」

 東野圭吾「分身」より


確かに。風がとまってからでは遅いのだ!

快眠!
「快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれるやさしい、なつかしい看護婦だ」
 シェイクスピア「ヘンリー4世」より


土曜日仕事から帰って、夕方6時から、15時間寝た!
すごい。記録的。

おかげで体調も回復です^^
さすが睡眠はすごい。

日曜も有効に過ごせましたとさ。

おわり
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。