日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GYU
「贅沢と貪欲--これらの疫病は、あらゆる国家を破滅するものなり」
 カトー「語録」より

破滅します・・・(笑)
まぁ、そこまでの贅沢ではないです。はい。

20070301004445


焼肉!焼肉!
またまたレバサシが食べれる店でした。
うん、やっぱり肉はいいね。

今日はレバーの焼いたやつも食べれた。
テール(尻尾?)って初めて食べた。
骨が多かったけど、変わった歯ごたえでおいしかったです。
おすすめのハラミがおいしかった。おいしかった。
さすがです。

また、肉行きましょう!!
スポンサーサイト

引退
「創世記みたいな時っていいな、って思うんですよ。
 僕は、これで電車を降りるというわけじゃありません。
 これから違う電車に乗り換えて、・・・なんだかわからない荒唐無稽な電車があるんだったら、それはそれでいいなぁ」
 宮本文昭(オーボエ)


世界的なオーボエ奏者として、日本だけでなく、クラシック音楽の本場ドイツでも揺るぐことのないほどの名声と人気を誇った宮本文昭氏が引退するそうです。
そういえば、ちょっと前に誰かに聞いたような・・・
そのときは「まさかぁ」と思っていたけれど、いよいよこの3月で引退。
クラシックの演奏家としては60前の引退は早すぎますね。

いつか、ドイツでアーノンクールが指揮者とし注目を浴び始めたころ、60歳前後で「突然現れた若手の星」と何かの雑誌に書かれていたのを覚えている。
そう、この世界では60なんて若手なんです・・・ ^^;

宮本氏といえば、NHK朝の連ドラ「あすか」やたばこのCMなどで日本ではクラシックなんてしらない人にも多少なじみがあると思う。
う~~ん、あの美音の持ち主がもう引退してしまうなんて。

宮本氏のCDをちょっと紹介。

そのすばらしい美音が生きるのは、やっぱりモーツァルト

サイトウ・キネンのチェンバープレイヤーズと共演しているモーツァルトのカルテットは、聞いているとため息がでます。本当にすごい。

初期のころの作品で、イギリス室内管弦楽団とのモーツァルトのコンチェルトもすばらしい。一楽章のカデンツァの独創性が特にすごい。

そして個人的に好きなのは、カリヴォダの「サロン小品」
モーツァルトはコッホや若いころのシェレンベルガーの演奏など、綺麗な演奏はたくさんあるんですが・・・カリヴォダは、宮本氏がダントツです。
あとパスクッリね。「ポリウート」。耳を疑う。まじで。

最後のクラシックCDとなるSpecial Live にもモーツァルトが入っているのです。若いころの演奏と聞き比べてみると、またおもしろい。

リサイタルを聞きに行ったときのサン=サーンスもよかった。よかった。

たくさんの演奏をありがとうございました。
今後も、あたらしい分野でのご活躍を期待しています!

オペラ
「賢い男は、世間の噂や評判にまどわされないものです。」

「女はいつも口先ばかりで行動が伴わない」

 W.A.モーツァルト「魔笛」より


初めてオペラを生で見てきました。
おもしろかった、おもしろかった。

一つ目の引用は確かタミーノ。
二つ目の方は、覚えてません。ザラストロだったかな・・・

演目はモーツァルトの最後のオペラとして有名な魔笛
アマチュアだけのステージでした。指揮者も音大の院生。

でも上手かった。上手かった。
正直いうとオケはいくらか粗が目立ったところもあったけど、歌はすごい。
聞く人が聞けば非のうちどころもあるんだろうけど、俺はなかった。すごい。

特に夜の女王。すごい。
例えば、マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」や荒川静香で一気に有名になったプッチーニ「トゥーランドット」など、有名なオペラのアリアは多いが、やっぱりこのアリアが一番有名。
しかもロッシーニ「セビリアの理髪師」のアリアと並んで難曲としても有名。

そのアリアを・・・安心して聴けました。圧巻。圧巻。圧巻。
上のFも完璧。すごい。鳥肌を通り越して泣きそうでした。泣きそうでした。

やっぱり音楽っていいな。またちゃんと練習しよっと。

それにしても、オペラのこの手の話は展開が早い
絵を見ただけで、そんなにすぐに恋に落ちないでください。
噂話を聞いただけで、そんなにすぐに恋に落ちないでください。

今風に言うと「メンクイ(死語?)」「その気になりやすい人
ですね。
一番ひどいのはトゥーランドットの主人公(名前忘れた)でしょうか・・・

まぁ、わかりやすくていいけど。

オープンタイプ
「一つも馬鹿なことをしないで生きている人間は、彼が自分で考えているほど賢明ではない。」
 ラ・ロシュフーコー「道徳的反省」より

前から行きたいと思っていた時計屋さんに行ってきました。
中野のかめきちって店です。

安いとは聞いていたのですが・・・本当にやすい。
店の内装とかに金をかけてないかんじ(すいません)

時計も高級時計とは思えないほど、ところ狭しと並べなれていて、少しでも安く時計を提供しようとしているのがわかりました。
この店で、注目したいのがZenithのオープンタイプ
ここだと定価の半額くらいまで下がっているようなので、ためしに見てみました。
すごい、半額は行かないけど、大台を切ってました。

ま、今の財布じゃ買えませんが。

When Harry Met Sally・・・
「And I love that you are the last person I want to talk to before I go to sleep at night」
 映画「When Harry Met Sally・・・」より


1989年、「恋人達の予感」からの引用。
アメリカ映画らしいお話。ある日、相手への気持ちに気づく系の話です。(どういうくくり方だ・・・?)

訳がおもしろい。ってか間違えないでください。
主人公のハリーがサリーに気持ちを伝える時のセリフなのです。
いいシーンのセリフなのです。

「夜寝る前、一日の最後に話したいと思う人間が君だということもすごく気に入っている。」
ですよ。

間違っても
「夜寝る前、一日の最後に君とは絶対に話したくないと思うこともすごく気に入っている。」
としないように・・・
文法的には↑このようにも訳せるみたいね ^^;
前後関係が大切なのです。雰囲気が大切なのです。
どの単語を強調するかが大切なのです。

「それは妻のグチを聞くことだ」
 リチャード・ギア (夫婦円満の秘訣は?という質問に対して)


名言!!

今日は初めて・・・飲み屋に行って一滴も飲みませんでした。
水曜日は定時退社日なんですよ。
最近、また規制が厳しくなってきて、結構無理やり帰らされる。

と言うわけで仕事終わってから飲み屋へ。
痛み止めの薬を飲んでいたので、酒はやめておきましたよ。
初めてだった。うん、初めてだった。
結構普通でした。気を使ってくれたんでしょうか・・・?

来週からは飲みます。飲めます。

女はなぜ突然怒り出すのか? その3くらい
「特にぐちっぽい話になると、おんなは主語が誰でなんの事を言っているのか皆目わからないような話し方をするものだ。」

「まるで『ジキルとハイド』のようだが、ひとりのおんなの中にはそんな正反対の心が矛盾なく住んでいる。」

 姫野友美「女はなぜ突然怒り出すのか?」


だってさ。
わかるようなわからないような・・^^;

この本はかなりおもしろいので、男性にも女性にもお勧めです。

医者
「電話にて 風邪の具合を つげながら 安心させたい 心配させたい」
 俵万智「もうひとつの恋」より


基本的に、薬嫌い、医者嫌いなんですが・・・
スキーができなくなったら嫌なので、医者に見てもらってちゃんと治すことにしました。

朝から整形外科のある総合病院へ。

・・・医者はやっぱりすごい。ちょっと足をさわっただけでいろいろわかるのね。
ひざが内出血していて、血を抜いたほうがいいとのこと。
針がちょっと痛かったけど、信じられないくらいひざが軽くなった

それでも、靭帯に損傷があるからはMRIで検査しないとわからないんだって。
と言う訳で後日、検査をうけることになりました。

随分かるくなったので、調子にのってそのまま会社に向かいましたが、さすがにたくさん歩くとちょっと痛んできたね。
明日からは松葉杖は不要ですが、やっぱりもう少し足をいたわってあげることにしよう。

この世に階段がなければ・・・^^;

テレビ
「時と潮流は人を待たない」
 ウォルター=スコット「ナイジェルの富」より


今日は予定をキャンセルして、一日家にいました。
さすがに出歩く気力がない・・・^^;

ひさしぶりにテレビを見ていて思ったのですが
波田陽区とレイザーラモンHGはどこに行ってしまったんだ??

スキー
「病気は千もあるが、健康は一つしかない」
 ベルネ「戯曲論」より


初めてスキーで、怪我らしい怪我をしました。

スピードを出しすぎた、コースを確認してからすべるべきだった。
途中で左に大きく曲がることを確認しておけばよかった。
う~~ん、くやしい。こんなことで、スキーを不意にするとは・・・

ご迷惑おかけしました。反省。
幸いなので仕事にはあまり響かないだろう。
あまりの激痛に骨までいったことを覚悟しましたが、骨は無事でよかったです。
シップのパワーを知りました。あんなにも痛みが和らぐとは。

まぁ、これは「休め」と言うことだな・・・
と言うわけで、松葉杖がとれるまでは(すぐかも^^;)
しばらく休みの日はのんびりしましょう。

とは言え、スキーそのものはとても楽しかったです。
こりずにまた行きましょう!

どちらかが彼女を殺した その2
「世の中には自分の手ですべきことと、そうでないことがあるが、これは決して他人の手に委ねるべき事柄ではないと彼は思った。」

 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」より


仕事ってさ、うまく人に振らないと回らなくなるよね。
おかしい、絶対におかしい。冷静に考えればわかるのに。

何故もこう、ふりかかってくる仕事たちを振れないのだろう。
思うとおりに人を動かすことができないのが悪い。
だから、振っても期待している結果が返ってこない。
だから、振れない。
だから、仕事がたまる。
だから、人に説明する時間がない。
だから、振っても期待している結果が返ってこない。

悪循環、起こしてます。起こしてます。

YOKU MOKU
「冷静な女なら賢い男は取り扱えるが、愚かな男を取り扱えるのは賢い女である」
 キプリング「直言」より

「女はたとえ百人の男にだまされても、百一人目の男を愛するだろう」
 キンケル「詩」より

ぎゃぁ、一つ目の引用すごい。

しばらく演奏会とかなさそうだけど・・・好きなものアピール。

YOKU MOKU のSIGAREが好きです。
渋谷の駅とか、歩いてるとめちゃくちゃ食べたくなる。
自分ではめったに買わないけど、演奏会の差し入れとかでもらうと一番嬉しいです。
そして、自分で差し入れるときもよく買って行きます。
俺自身は何本でもたべれます。
はい、本当に何本でも食べれます。

何か差し入れる際には是非(笑)

oracle master 10g
「教師はローソクのようなもので、みずから燃やし尽くして生徒を啓発する」
 ルーフィニィ「語録」より


すばらしい格言です。
教えることに脳のない俺は、見習いたいですね。

oracle master 10g silver を受けてきました。
9iのsilver と比べると問題がとっても簡単に思えた・・・ちょっと方針変わりすぎでないですか??

たしかに9i から 10g に変わって、管理者がすべきことがEMで操作できるようになったから、覚えるべきは、細かい設定よりも寧ろEMの操作なのかもしれないが・・・
内部がわからないまま、EMの操作をマスターししてDBを管理するのは非常に怖いと思う。さきに9iで受けておいてよかった。

9iでも、8iまでに比べれば結構自動化されている。
rollback segment とか、dictionary管理とか、実質的に使わないし。
segment管理もautoあるしね、、、PCT FREEとかも気にしない。
8iまでで、oracle覚えた人は、「9iしかわからないやつは危険だ」って言うかも ^^;

もちろん、oracle自体の機能が充実してきているのだから、当たり前といえば当たり前だが・・・

試験の問題は結構簡単でしたが、簡単なら簡単なりにテストでは悩むものです。
合格ライン68%のところを正答率78%でした。
あんまり余裕じゃないね(笑)

久しぶりに誰も興味のないSEトークでした。

変身 その3
「生まれ変わるということと、少しずつ自分を失っていくこととは違う。」

「弱い人間は本当のことを言われるのをひどく嫌う。そして本当のことをいう人間を憎む。」

 東野圭吾「変身」より

あ~、やっぱり平日は疲れる。
自分を見失わないように。

仕事では本当のことを言わない方がいいときもあるのだろうか・・・
いや、明らかに上が間違っていると思うのだが・・・

銀座とメガネと東京タワーと焼肉
「人間は笑うという才能によって他の全ての生物より優っている」
 アディソン「スペクテーター誌」より


銀座はいろんな店があっていいね。
ヤマハにて、べト7のスコアを買おうと思ったら、改装中でしまってやがった。と言うわけで、山野にてスコアをゲット。
Dover版です。頭のオーボエおいしすぎ。

その後、メガネ屋へ。
今までメガネドラッグしか見たことなかったのですが・・・
999.9とOBJeastへ。
すごい。値段もすごい。でもかっこいい。これはいい。
今日は買わなかったけど、次回は買います^^
OBJeastが改装するらしいので、3月になったらまた来ましょう。
もちょっと時間ある時にゆっくり選ばせてください。

さて、その後ちょっくらberberryを見に行きました。
念願の財布をゲット。
今まで、Ferragamoの長財布を愛用していたのですが、やっぱり革財布はずっと使っていると、革が疲れてくる。
雨の日とかは寝かせてあげたい
と言うわけで交互に使います。

そしてそして、東京タワーへ。
ジャン。

DSCF0928.jpg


夜景が綺麗。レインボーブリッジも見えましたよ。

DSCF0933.jpg


DSCF0939.jpg


その後、焼肉を食べに品川へ。
大忙しです^^;

何とかってお酒。初めて飲んだ。聞いたことすらなかった。
焼肉の時はこれがいいらしい。韓国のお酒だってさ。

DSCF0948.jpg


この店のは癖がなかったらしい。すっきりしてておいしかった。

スペイン産イベリコトントロ
さすが・・・

DSCF0950.jpg


上ロース
ぐうの音もでない・・・

DSCF0952.jpg


そんなこんなで、盛りだくさんな一日でした。
おわり。

携帯
「悪しき作家とは、読者に理解できない自己の内部での文脈を考慮に入れながら書く連中である」
 カミユ「手帖」より


いつからだが忘れたが、キャリアの違う携帯にも一部の絵文字が送れるようになった
去年の夏くらいに、iモードの友達から来たメールで気づいた。
(俺vodafoneです。今はsoftbank??もうどこでもいい)

「へぇ~。送れるようになったんだ」

って・・・基本的にあまり使わないため、興味なかったんだけど・・・
最近、送られてくるメールに絵文字が入っていることが多く、ちょっと使ってみたくなってきた(←基本的にミーハー
俺の携帯は、Eメールで送信しようとすると、絵文字が全く表示されないので、使えないのだ。

と言うわけで、近いうちに携帯を見に行こう!
ワンセグも気になるし。テレビ見たいし。
見なきゃ見ないで、どうにでもなるんだが、サッカーダイジェストくらいみたい。

石焼ひつまぶしと水出しコーヒーと時計とスキー
「自分で自分のことを真剣に考えないで、他に誰が考えてくれるというのかしら」

 シンディー・クロフォード「CREA」より


三連休の一日目。今日は大学の後輩ちゃんと会ってきました。
新宿にて、石焼ひつまぶし
なかなか美味でした。

新宿といえばこの店
だいたいここ行くね ^^;

フォーマルウォッチが欲しくて、10万前後で探してみようと思っていたのです。
候補は、FREDERIQUE CONSTANT か MAURICE LACROIX
FREDERIQUEは、Zenithと一緒でオープンタイプの時計のフォーマルウォッチが手ごろな値段でそろっているのです。
こっちを考えていたのですが、もうひとつ考えていた、MAURICE OACROIXを見てみたら・・・
こっちもやっぱりいい!
Pontos に一目ぼれ。値段もほどほど。
クロノグラフにすると、オメガと似てくるなぁ、クロノグラフならやっぱ白かなぁ。

うん、ゆっくり考えるとしよう。資格試験の報奨金もあることだし。

その後、喫茶店へ。
・・・どこも混んでる・・・4件目くらいにしてやっと入れた。
以外にもこんなところで水出しコーヒーに出会いました。
なんだんかんだ言って初めて飲んだ気がする。
うん、意外と普通のコーヒーとの違いがあまりわからなかった・・・

そしてそして、神保町のビクトリアへ。
ちょっくらスキー用品を買って、来週のスキーの準備を整えましたじゃ。

なかなか密度の濃い一日でした。
おわり。

THE APARTMENT
「Why can't I ever fall in love with somebody nice like you?」
 映画「The Apartment」より


1960年「アパートの鍵貸します」より引用。
ヒロインのフランが、バドに言うセリフです。

昔、漫画でよくあったようなストーリー。イメージは週間雑誌の読みきり恋愛漫画(って言ったら、この映画ファンに怒られるかも・・・)
フランに想いを寄せているバド。ある日、上司の浮気計画に手を貸すが、その上司の浮気相手は、なんとフランだった。
バドは戸惑うが、上司はあっさりフランを捨ててしまう。

バドは傷ついているフランを慰めるが、自分の気持ちは伝えられずにいた。
引用は、優しく接してくれるバドに対してフランが言うセリフ

訳としては
私、どうしてあなたみたいないい人に恋をすることができないのかしら

です。

その後、フランは自分自身が本当に好きなのはバドだと気づく。

と言う、まぁよくある話ですね。

ではそろそろ寝ます。おやすみなさい。

嫉妬の香り その7
「我々は皆、生まれ出た時より未来を見て生きてきた。未来のために今日がある、と錯覚してばかりであった。
 しかし果たして未来とはそれほど重要で必要なものであろうか。」

 辻仁成「嫉妬の香り」より


まぁ、未来は大切ですが・・
今を犠牲にするほど大切ではない。

一日
「休息はよいことであるが、倦怠はその兄弟である」
 ヴォルテール「放蕩児」より


さて、神託の研修最終日
そして、研修後は帰社せずに帰れるのです。
いい一日です。

研修終了後、会社からメールが・・・
「○○さんが困ってるみたいなので電話してあげてください」
楽しい楽しいアフター5(死語)が・・・
ちゃかっと用件をすませ、まずは渋谷のタワレコへ。

やっとこさ、ブラシェン買いました。
原曲のピアノカルテットも買いました。
ブラシェンは、N響の演奏です。

あとね、久しぶりにホリガーのCDを2枚買いました。
一枚は大好きなモーツァルトのオーボエカルテット
もう一枚は、ヴィヴァルディのオーボエコンチェルト集

ホリガーは現代曲のイメージが強い人も多いと思うけど、俺はバロックこそ彼が一番本領を発揮する分野だと思う。

音の伸びやかさや、変幻自在の音色とイントネーション。
何といっても、歌ってるんじゃないかと思うくらい自由に音を操るその演奏スタイルは、技巧的な現代曲より寧ろ、音の数がずっと少なくて、規則的に並んでいるバロックでこそ生きると思う。
(現代曲も不規則な訳ではないと思うが・・・)

2枚ともすごい。すごい。モーツァルトはテンポ遅め、一音ずつじっくり。すごいすごい。
ヴィヴァルディはアドリブ少な目。
すごいな、みんなあの演奏にあこがれて激薄のリードが流行ったものだが・・・
大学に入ったころはやってたけど、やっぱ使いこなせない。第一あんな音しないし。
またやってみようかな、今なら少しはまともかも。

渋谷で買い物した後は、九段下へ。
夕食は斑鳩です。1年半ぶりくらいかな。
店について唖然・・・行列。1時間待ちでした。
ちょっと体が冷えてしまった。でもやはりおいしい^^

食べ終わって8時くらいだったのに行列は減っていなかった・・・すごい店だ。相変わらず。

その後は、まっすぐ帰りました。

なんか仕事の後をこれだけ優雅に過ごすと、一日が二日に別れてるみたい。こんな毎日が続けばいいのに・・・

二日で三食
「愚者は己の舌を抑えられない」
 チョウサー「バラの伝奇物語」より


渋谷の神託の近くに、なんとかって中華料理屋を発見。
四川料理。辛いもの。

坦々麺がおいしい
二日で三回食べました。

辛さが丁度いいのです。
しかも安い。研修は明日まで。明日も行くかも・・・

明日は水曜だし、会社に戻らなくて良くなりました!いぇい。
また、定時退社日制度が幅を効かせてきました。いいことです。

いつまで続くでしょうか・・・

神託
「貧困とは、礼儀作法の教師なり」
 アンティファネス「断片」より


研修で、渋谷の神託に来てます。
にしても、ここはすごい。資本力が違う。

紙コップのジュースが無料なのだ!!
紅茶華伝のアップルティーを飲みまくってます。
おいしい(笑)

スキー!
「好奇心は力強い知性の最も永久的な特性のひとつである」
 サミュエル=ジョンソン「ランブラー誌」より


ちょっと日記の更新が止まってました^^
まとめて、更新。間は全部は埋めれませんね。

シーズン初スキーに行ってきました。
金曜の夜から、友人宅でとまり。夜の12時ころ着

そのまま、軽くビールをあおり、2時に就寝。4時起床
(多少、飲酒運転気味だが)そのまま、車で長野へ。
途中、もう一台の車と合流。7人で、雪山へ向かいました。


いい天気でした。晴れて、寒すぎず気持ちよかった。
ちょっと風が強くて、冷たかったけど。
でも、確かに雪が少ないね。すべる分には何とかなったけどね。
景色はもう少し雪化粧の方が雰囲気出るね。

早く中級コースくらいがサクッと滑れるようになりたいものです。
まだ、怖いね。

日曜日には、スクールにも入り、いろいろ教わってきました。
うんうん、いいスキー旅行でした。

さ、シーズンの目標は3回。
もうすこし楽しみましょう!

手抜きブログ その2
「何を始めるにしても、ゼロからのスタートではない。
 失敗や無駄だと思われたことなどを含めて、今までの人生で学んできたことを、
 決して低く評価する必要はない」

 ハーランド・デーヴィッド・サンダース(ケンタッキーフライドチキンの創業者)

名言!名言!
手抜きブログです。
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。