日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事でイライラしないパラダイムの持ち方
「そうであろうと努めながら、ついにそうであることはできない。
 しかしそうであろうと努めること、それ自体が尊いのだ。」

 稲盛和夫「生き方」より


仕事でイライラするのは時間がもったいないと思う。
会社から帰ってまでイライラしていると本当にもったいない。
たかが仕事なのに。

最近はイライラしないように心がけている。冷静に冷静に。

必要なパラダイム
「勉強させてもらっている」
「うまくいかなのは自分のせい」

これだけでいい。

イライラするのは時間がもったいない。そんなに人生長くないのだ。
スポンサーサイト

号泣
「教育の目的は、機械をつくることではなくて人間をつくることである。」

 ジャン・ジャック・ルソー(フランスの思想家)

「学校で学んだことを一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ。」

 アルベルト・アインシュタイン

「誰かを真似て他人の二級品になるよりも、常に自分自身の一級品でありなさい。」

 ジュディ・ガーラン

もう一週間前の日記になりますが、、、

後輩に号泣された。飲みの席で。

俺のトレーニとして、入ってきた子で、丸二年間面倒を見てきた。
4月からは俺がグループが変わったこともあって、(席はとなりだが)
無事、俺の手を離れ仕事を進めてくれていた。

7月から、トレーナになるらしい。新人君を見ることになるのだ。

・・・それが辛いらしい。
俺みたいに後輩が見れるか不安らしい。

俺は(人事制度上も)、全社が認める特別な男だ。
2年くらいで追い付けるはずもない。
俺みたいになる必要は全然ない。
自分らしく、後輩を見てあげてほしい。
困ったらいつでも相談に乗る。
相談に乗りにくい空気を漂わせてるとしたらそれは、俺の問題だ。
なんとかKAIZENしていこう。

仕事だけできるような、機械みたいな人間に育てた覚えはない。
誰より人間らしい感性を持っているはずだ。
上海だって一緒に行った。何度も飲みに行った。何度もラーメン食べに行った。
人間味がある人間。
それは俺自身の目標であり、俺の教育方針だ。
一瞬たりとも、外したことなんてないはずだ。

本人はどう思っているか知らないが、俺からみると良くなついた子で
人間的にも社会人的にも、よく育ったなと思っていた。
もちろん、俺一人の力じゃない。彼女自身の力だ。
でも、本人がそのことに気づいていない。

そんな俺に対する敬意は、正直ありがたいと思う。
よくできる子と言っても、まだまだ3年目なんだ、不安はあるだろう。
もう少しバックアップしてあげよう。

それにしても、人前にあんなに号泣できるところが、正直うらやましかった。
自分を、あそこまで出せるところが。

さ、俺ももう少し素直に生きていこう!
後輩が先輩から学ぶことよりも、先輩が後輩から学ぶことの方が多いのだ。
改めて、そんなことを痛感した。

英語の勉強
「if anything can go wrong , it will.」

 マーフィーの法則より


今年になってから英語を勉強してます。
まずは、昔の感を取り戻すことから。
これでも、大学受験の時は得意科目だったんです。
なので正直、長文とか、あんまり苦手じゃない。

年頭からいくつかリーディングの本を読んで、基本的な単語とかおさらい。
先月末から Japan times を購読し始めました。
英字新聞。日本語で読むより、記事の内容が頭に残る。懸命に訳すからね。

苦手なのがリスニング。毎日たくさんCDを聞いてるんだけど、簡単な単語も全然聞き取れない。

と言うわけで「リスニングの本」を買ってみました。ちょっとおかしな感じするけど
聞きとるにもコツがあるらしい。
マーフィーの法則でリスニングの勉強です。
俺にはぴったりの本です。

近々、英会話教室を探してみようと思います。
GW明けくらいから、通いたいなぁ。

あっ、引用の訳を忘れてました。
失敗する余地のあるものは、失敗する。
です。名言、、、

些細なきっかけ
「学び続ける人は、たとえその人が80才でも若いと言える。
 逆に、学ぶことをやめた人は、20才でも年老いている。
 人生で最も素晴らしいことは心をいつまでも若く保つということだ。」

 ヘンリー・フォード(フォード・モーター創業者)


プロフェッショナル社員の集いがありました。
つわものたちと会話をしつつ、情報を交換しつつ、、、
役員たちとも話をしながら、いろいろと考えさせられました。

会社を変わらないで、今やりたいことをやっていけたら一番いいだろう。

となりの事業部の事業部長に
「うちの部こない?そっちの部長に話しておくよ」
って、誘われました。

行きます!!

モチベーション
「トップの任務は知恵を出し、目標を決め、戦略を立て、そして先頭を走って結果を出すことだ。」

 御手洗冨士夫(経営者・実業家)

「プロジェクトを組むときに大切なことは二つ。
 “キーマン”を見つける。そしてその人がやる気になるよう
 “説得”する。それができれば、目的は半ば達成したようなもの」

 井深大(ソニー創業者)


キーマン、いないなぁ。
俺がなるか、、、そこまでのモチベーションがない、、、

出会いと別れ
「学校で学んだことを一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ」

「大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。」

 アルバート・アインシュタイン


5年間、一緒に仕事をしてきた後輩が、地元に帰ってしまいました。
異動で、、、


ひとつ下で入ってきて、ほぼずっと組んで仕事をしてきた。
お互い20代前半~後半にかけての多感な時期を、一緒に乗り越えてきた。
一緒にラーメンたべまくったなぁ、彼がいなければ俺の体重はあと2キロくらい
下かもしれない、、まじで。

さぁ、また別の後輩を育てていかないと。
俺も仕事で楽できるようにならない。

最後に俺が心から尊敬するアインシュタイン先生の名言を送ります。
俺から学んだことは忘れてよし!自己流に磨きをかけること!学んだことが消えることは絶対にない!
疑問を持ち続けること!好奇心を持ち続けること!
慣れてきたときほど初心に戻る!

鹿児島戻っても、これからも仕事頑張ってください!

井の中の蛙
従来の教育には、「教」はあっても「育」がありません。
育てるということは、「成功」の味をしめさせ、「失敗」に学ばせることです。
 西堀栄三郎「石橋を叩けば渡れない」より


久し振り社外研修。青山にうつった「神託」です。

今日の研修はすごかった、神託白金の研修だったんだけど
・・・ずっとDB作ってるの(笑)
まじで。

すごい。UNIX系苦手な俺は、まずそこから。
でもなんとか食らいついて行きました。
神託の話になれば、なんとか付いていけるが、OSが使い慣れないせいか
ちょっとしたスクリプトを書くにも、サンプルをコピーするにも
ひとつずつの操作が遅いのです。

それにしても、、、受講者全員、神託金の保有者です。
当然と言えば当然なんですが。白金の特訓講座だもん。

世の中広い。いろんな人がいる。a lot of people
上には上がいる。
社内では受けれないような様々な刺激をうけてきました。
まさに井の中の蛙。社内スペシャリストなんて、全然大したことない。まじで。
外に出よう
と意志を固めた今日この頃。
前回はen-japan dしたが、今回は DODA にします。

※神託=oracle
 白金=plutinum
 金=gold です。

残業
「1日に8時間真面目に働いたなら、あなたはいつしか長の座につき、
 1日に12時間働くことになるでしょう。」
 ロバート・フロスト(アメリカの詩人)

この負のスパイラルを切らねば、、、

リーダーとは?
「せっかくの昇進をもたらした仕事の仕方が、新しいポストでは間違った仕事の仕方になっている。」

 P.F.ドラッガー「プロフェッショナルの原点」より

「リーダーは生まれながらにしてリーダーである」

 吉越浩一郎「残業ゼロの仕事力」より

「誰がボスになるべきか?という質問は、四重奏で、誰がテノールを務めるべきか?
 という質問に似ている。
 当然、テノールを歌える人間、ということになるだろう。」
 
 ヘンリー・フォード アメリカのフォード創始者


最近読んだ本から二つ&アメリカのフォードの創始者の言葉。
うちのリーダーは明らかにリーダーに向いていない。ドラッガーの言葉のとおりです。

フォードの言葉はとても重みがある。自然と周りから慕われる人がいる。
そういう人がリーダーだ。
リーダーって上が任命するんじゃなくて、下が決めるんだ。

さ、俺も気をつけよう。

それぞれのキャリア
「今の自分に疑問や不安を感じたらそれは、変化しなさいという心の声です。」
 葉祥明「風にきいてごらん」より

「しなければならいことをしても、一生。できることをしても、一生。好きなことだけしても、一生。」
 中谷彰宏


同期入社の友人が、半年間の短期留学をするので、今日はその壮行会でした。
彼は、同期入社で同い年だが、結婚して子供もいる。二人ともアメリカ(ハワイ)に連れていくらしい。


入社時に同期で今の部署に入った男は、俺含めて4人

ハワイに行く彼は、もともと海外留学を希望していて、念願がかなった形。
うん、うらやましい。

もう一人も現在、転職活動中
現在の部署の方針、仕事の仕方に不満があるようだ。
最大手を目指しているらしい。

もう一人も、「結婚前に・・・」と軽く転職活動中。

実際にどう転ぶかはわからないけど、転職活動経験者の俺としては、転職活動自体はとても、キャリアアップにつながると思います。
転職するしないにかかわらず、外の空気を吸う意味でもとても大切。
さらなるキャリアアップを目指していきましょう。

さてさて、俺はというと、社外で高く評価されていることが認められて、今や社内でも「スペシャリスト」と呼ばれる立場。
この時代、「資格」と「特許」は強いです。
「引かれたレールの上」というよりは、自分でキャリアを切り開ける可能性を信じつつ
日々の精進しながら業務に臨んでいるわけです。

さ、この先みんなどんなキャリアを積むかはわかりませんが、刺激し合って頑張りましょう!

という気分な今日この頃。今日は早く帰れたので機嫌がいいです。

そうそう、同期入社で言うと、「戦友」の大阪フレンドが妊娠中で8月出産予定らしいです。
おめでとう!!

それぞれのキャリアを歩き続けましょう!

送別会
「自分が眠っていると気づいた人は、その瞬間、既に半分目覚めている。」
 ウスペンスキー&グルジェフ


去年末でうちの会社を辞め、別の会社に移った先輩の送別会でした。
新しいことがやりたくて、別の会社に移ったそうです。
確かにうちの部は、異動が少ない。
他の部署から来る人は多いが、出ていく人はすごく少ない。

もちろん、ノウハウの蓄積や固定客の対応など、メリットも多いがデメリットも多い。
することやメンバーが変わらないことによる、いわゆる「マンネリ」やモチベーションの低下。
かく言う自分もその例に漏れず、最近はモチベーションが下がり気味。
だから、いつ別の職場に行っても通用するように技術を磨く事を忘れないようにしています。


さてさて、新しい仕事への期待を抱いて転職した先輩ですが、
曰く「会社変わってもあんまりすること変わってない」だそうです。

自分が転職する機会があったら、ぜひとも相談に行きたいと思います。

最近
「目標は高く 努力は厳しく 人間能力の差は小さい
 しかし 努力の差は大きい」

 こころに残る名言集より


最近、あんまり勉強してないなぁ。

下期の半年でとった資格が一つでは、ちょっとさみしい気がする。も一つくらい・・・

愚痴
「行動がどれほど価値あるかを知るためには、行動しない場合を何か想像してみるとよい。」

 ジョージ・シン


愚痴が楽しくなってきたら、結構本格的に疲れてると思う。
う~ん、何もする気しない。
はやく休み来ないかな。

バランス
「行動だよ。何もしないで、ある日突然潜在能力はあらわれはしない。」

 勝沼精蔵(医学博士)

ぐぐっとくる名言です。
耳が痛いでしょ?


10月に受けた「プロマネ」試験に合格しました~。
よっし、順調順調。

今年は5個を目標にしていましたが、4個までですね。
年末にまたひとつ受けようかと思ったけど、さすがに無理そうだ。
気づいたら12月も中旬だし。

年明け早々に一つ受けよかな。

早起き
「早寝早起きで、勤勉で、分別があって、金を浪費しない正直な人間が、運の悪さを嘆くのを見たことがない。
 人柄が優れ、よい習慣を持った勤勉な人間は、悪運に見舞われたとしても決してびくともしない」
 ジョーゼフ・アディソン


仕事が終わらないと、朝を早起きします。
今日は5時半起き。6時前には家をでました。
なんと、職場でいつもダントツの歩くレッサーパンダより早く着きました。
ちょっとした優越感。
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。