日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島&沖縄
「人が旅をするのは到着するためではなく、旅行をするためである。」

 ゲーテ


ゲーテ、正しい!帰ってくるために旅行してんじゃないんだよ。
旅行するための旅行なんだよ。

というわけで、会社を休んで旅行していきました。
初九州&初沖縄。

5泊6日。長旅。


霧島神宮in鹿児島。
杉が多い県ですね、ここにも神の杉がありました。

杉

その後、えびの高原に行きました。
ガイドブックを見て、「ここの湖が見たい!」と意気込んだものの、、、
かなりな山道でした。
でも、湖は綺麗だった!

カルデラ湖

その後、沖縄へ。

沖縄ビーチ

ビーチ。
これはホテルの目の前のプライベートビーチかな。
瀬底ビーチが一番きれいでした。
11月に入ってたせいか、人は少なかったです。
ちゅらのビーチは人多かったかな。
水族館は最高でした。また、マナティに会いに行こう!


平和祈念

最後は平和祈念公園。
戦争の歴史とかは、詳しくないけど見るのは大好きです。
知らなければいけない歴史の一部。
ここは、思っていた以上に内容が濃かった・・・

鹿児島と、沖縄と合わせて200Km以上運転した!
そろそろ運転も、人並みにできるようになってきたかな。
油断しないで頑張ります!
スポンサーサイト

Happy Wedding
「Love does not consist in gazing at each other, but in looking together in the same direction.」
 (愛とは、互いに見つめ合うことではなく、ふたりが同じ方向を見つめることである。)

 サン・テグジュペリ「人間の土地」 より


「三週間互いに研究しあい、
 三ヶ月間愛し合い、
 三年間喧嘩をし、
 三十年間我慢しあう。
 そして子供達が同じことをまた始める。」
 
 テーヌ

「人間は判断力の欠如によって結婚し、
 忍耐力の欠如によって離婚し、
 記憶力の欠如によって再婚する。」

 アルマン・サラクルー


会社の後輩の結婚式でした。鹿児島で。

新郎新婦入場前


いろいろびっくりしました。
まず、参加者が多い。
新郎、鹿児島。新婦、群馬。なんですが、、、新郎の身内だけで、30人くらい・・・
全体は100人弱。ほとんど新郎友人とか。
ちょっと偏り過ぎな感じが、、、

そして、二次会。安い。3000円。さすが鹿児島。物価が違う。

式も披露宴も二次会もすごく良かったです。
披露宴では、なぜか泣けてきてしまった。
なぜだ、、、後輩がしっかりしてるのが、妙にうれしかった。
後輩が後輩から、慕われてるのが、妙にうれしかった。

うん、うれしかった。

結婚する友人には、いつも引用の2個目と3個目の言葉を贈ります。
結婚をよくいう名言があったら教えてください。

讃岐旅行の締め
「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」
 
 坂本龍馬


この歌好きです。今回の旅行とあんまり関係ないけど、あえて龍馬。
初日、とまった旅館で龍馬館のあんないとかやってて。
そっか、四国ってそういうところなんだなと思ったわけです。
歴史、あんまり詳しくないからね。少しは勉強しようと思いました。

さて、最終日は有馬温泉に入りました。
茶色のお湯。
熱い方のお湯(44度)は入れなかった、、、ゆるめ(42度)でも十分熱い。

温泉街をぷらっと歩き回っていたら、有馬温泉の源泉を発見。

DSCF0499.jpg

さ、いよいよコーヒーの街、神戸に向かおう!
と言うわけで、わずか30分ほどで神戸に着。

神戸と言えばコーヒー。向かう途中でるるぶを購入。
コーヒーの特集は無い、、、でもやっぱりカフェはたくさん紹介されている。
老舗、にしむらコーヒーにてケーキとコーヒー。
お土産に豆も買いましたよ!

DSCF0502.jpg

南京町にちょっと寄って、そのままぷらっとして、
みんなと別れて横浜に戻ってきました。

さてさて、今回は比較的よく会っている同期二人との旅行でしたが、
こんな感じに旅行するのはひさしぶりで、かなり楽しかった。
変わってないところも多い。変わっているところも多い。
昔からの友人たちに、ちょっと刺激を受けつつ、明日からも頑張ろう
と少し思えた旅行でした。
で、何から頑張ろうか、、って疑問は残ったままですが。

また、どこか行きましょう!

讃岐→姫路→宝塚
「初秋の風を簾にまきとりて 軒はにおほう竹の葉の露」

 上句・本多忠刻
 下句・千姫


二日目。旅館で温泉につかってから、一日スタートです。

まずは、こんぴらにてこんぴらうどん。

DSCF0403.jpg


エビ乗っけちゃいました。
ここはまぁまぁでした。

次へ。
るるぶのお勧め第一位。讃岐にきたらここ。
山越うどん

大きい駐車場が、、、めちゃくちゃ期待できる。
うわ、並んでる!。

DSCF0408.jpg

100人くらい並んでた。
角を曲がったら、まだ列が続いてた、、、結局食べるまで、30分くらい。

どーん。

DSCF0410.jpg

かまたまやま。
釜あげに卵と山芋がかかってる。
おいしかった、、、が、ここまで列ができるほどかな??
まわりの店と、そんなに違いがわからない。

そのまま、谷川米穀店に向かうも臨時休業中、、、
そして、なかむら

ここは駐車場が小さくて、駐車場の待ち時間の方が長かったかな。
結局、食べるまで1時間くらいかかった。

DSCF0412.jpg

かまたまにしました。
山越うどんとの違いがよくわからない。
個人的にはこっちの方が好き。

そして、揚げが美味しそうな写真がでていたがもうへ。

しかーし、揚げが直前に売り切れ。
仕方ないのでそのまま冷やしでいただきました。

写真忘れた、、、

かなり満腹ですが、最後は瀬戸大橋の近くでおか泉

DSCF0415.jpg

うん、ここは麺がレベルが違うくらいにおいしい。
すごい。

結局のところ、がもうと竹清が一番よかったかな。
かまたまよりも冷たいうどんで、ねぎとしょうがと天かすで食べるのが良いとわかりました。

瀬戸大橋を超えて

DSCF0422.jpg

工事中の姫路城へ。
5時までに入らないといけなかったのですが、
駐車場についたのが4時55分。城の入口まで全力疾走でした。しかも雨ふってるし・・・

さすがに、閉門の直前ということでものすごく空いてる。
廊下、だれもいない(笑
かなりレアな写真かな??

DSCF0449.jpg

帰りに城を見上げたら虹が出てた。
いい写真とれた。

DSCF0474.jpg


二日目は、このまま神戸に向かい、神戸牛を食べておわり。

つづく・・・

讃岐うどん
「世にふるは苦しきものを槙の屋にやすくも過ぐる初時雨かな」

 二条院讃岐


讃岐旅行に行ってきました。
うどん、たべまくりです。

高松空港には、昼の12時前に着。はやくも空腹。
レンタカーを借りる前に、さっそく二軒。

まずは、これ。さかえだ

DSCF0368.jpg

あまりの空腹に2玉にしてしまった・・・たべすぎた、失敗。
初の本場讃岐うどん。おいしい!

そのまま2分ほど歩き、竹清
ここのワサビが、麺との相性が絶妙でした。

ここは込み過ぎてて写真撮れず。かわりに店の前の行列を・・・

DSCF0370.jpg


車を借りてきて次へ。
松下製麺所

DSCF0375.jpg

シンプルに冷たいうどんを。麺がおいしい。
さすが。

次、池上製麺所
カーナビの通りに向かったら、音声案内終了と同時に看板が

「カーナビの案内が間違っている場合があります。
 池上製麺所は・・・」と地図が貼ってありました。

みんな間違えるんだろうな、、、
ちょっと期待値が上がりました。

DSCF0376.jpg

かまあげに卵を入れてみました。
麺が美味しい。うん、全部麺がおいしい。

と言うわけで一日目は4件。

その後、少しでもエネルギーを消費しようと、こんぴら山を登りました。

DSCF0400.jpg

本尊のところまでね。ここから先は暗くなってしまったので止めです。

旅館近くの鳥飲み屋で飲んで(まだ食べれた、、、)
温泉浸かって、今日は終わりです。

ひさしぶりによって大学時代からの親友×2と語らいました。
いい夜でした。

つづく、、、

ライアーゲーム
「早寝早起きの、勤勉で、分別があって、金を浪費せず、真っ正直な人間が、運の悪さをこぼすのを見たことがない。
 
 人柄の優れた、よい習慣を持った、鋼鉄のように強く、勤勉な人間は、愚か者には想像もつかぬような悪運に
 見舞われたとしても、決してびくともしない。」

 ジョセフ・アディソン


水曜日の定時退社日を使って映画観てきました。
前々から観たかった「ライアーゲーム」

相変わらずのストーリーのなさ。ただただゲームをするところが面白い。
嘘をついてのだましあい。
知恵比べ、はったりの勝負。

いや~、ものすごくシンプルなルールのゲームなのに
こんなにもいりくんだ勝負になるとは、、、すごい。
よく考えられている。

ドラマ版も、レンタルになったら観てみようと思います。

白鳥の湖
「感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ。」

 ウィルヘルム・フルトヴェングラー(ドイツ指揮者)


初めてバレエというものを生で観てきました。
オケだけのときと違い、バレエの踊りが入ると表現力がすごい。

舞台の色使い、衣装の色使い、大きな動きの合い方。
かなり感動してしまいました。

プリマのスヴェトラーナ・ザハロワが急きょ体調不良で代役でしたが十分すごかった。

またまた、はまってしまいそうです。

年末カルテット
「目は何者であるかを語り、口は何者になるかを語る。」

 ジョン・ゴールズワージー(イギリス小説家)

「よき友人を得る唯一の方法は、まず自分が人のよき友人になることである。」

 ラルフ・ウォルドー・エマーソン



年末恒例のカルテット飲みでした。大学時代からの後輩たちと4人で飲むのカルテットです。
今年は、一次会4人、二次会から5人。

この会でしか会わない一つ下の後輩の近況を聞きつつ、
「あぁ、みんな変わってないな~」などと思う今日この頃。

また来年も、この時期にカルテットやりましょう!
みんなどれだけ変わってるか、、、あるいは変わってないか。
自分はどれだけ変わっているか、、、あるいは変わってないか。

年末年始休暇は、目標体重-1キロ・・・
食べすぎには注意しないと!

上海旅行
「熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
 ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。
 それが相対性というものです。」
 
 アルベルト・アインシュタイン



12/4(金)~12/7(月)で、上海に行ってきました。
旅行中の細かい思い出話は、後日まとめて書きます。

それにしても、、、、
お誘いいただいた上海の方々のおかげで素晴らしい旅行でした!
こちら側はあまりに何もしなくて申し訳なくなってきてしまいました。

短い期間の中で、かなりたくさんの場所を回らせていただきました。
あまりに楽しすぎる旅行で、あっと言う間の4日間でした!

コルテオ
「クマンバチは本当は飛べない物体なんだ。
 でも、飛べないことを知らないから、飛べるんだよ。」

 斎藤茂太(精神科医)


かなりいい席で観てきちゃいました!
すごい。すごい。

エンターテイメントとは何かをはっきりと教えてくれる。

俺も、飛べないとは知らないぞ。
飛べるかな!?

コーラスライン
「1年先、2年先、3年先の『あるべき姿』を持っている人は毎日の仕事が輝き、
 持っていない人は、ただの作業に追われている人です。」

 ジャック・ウェルチ


かなり時間が経ってしまいましたが、ちょっと前の日記を書きます!


久しぶりにミュージカル観てきました。念願のコーラスライン。
前々から、観たいみたいと思いつつ、全然見る機会がなかったので
今回こそは、、、と狙ってました。

というわけで、平日に休みをとって観てきちゃいました。

もっと普通に明るい話かと思いつつ、観てみると、どろどろな人間ドラマでした。
いや、そういえばミュージカルのテーマってみんな結構重いような、、、

オペラ座の怪人、キャッツ、ウエスト・サイド 、、、
そうか、重いテーマの話を、気楽に観れるようにするのがミュージカルの力か、、、

などと思いながら観てきました。

余命一ヵ月の花嫁 観てきました。
「こんな薬を10錠飲むより、心から笑ったほうがずっと効果があるはず。」

 アンネ・フランク「アンネの日記」より


さてさて、やっぱり気になったので観てきちゃいました。
ネットで見ると賛否両論のようですが、要は自分が入り込むかどうかの違いな感じがします。

映画は、もともとあらすじと公開していることもあり、淡々と進みます。
ドキュメンタリーを観ているようだった、特に前半の方は。
それぞれのシーンはゆっくり進むのですが、話の展開は速い。
本を読んだことがあるなり、ドキュメンタリーを見たころあるなり
しないと、おいてかれそう。

ま、ストーリー自体はシンプルなのでだいじょぶか。


お父さんが、ちょっと感動的でした。
自分の娘のために、あそこまでやってくれる人がいたら本当にうれしいだろうね。

人間は、どんな薬よりも
友人たちに囲まれて、笑顔でいられる時間が一番大切だと改めて思いました。
何かひとつに偏っちゃだめだ。

引用は大好きなアンネの言葉。
毎日、心から笑って過ごしていきたいものです。

土曜日
「富を欲するか。
 恥を忍べ、傾絶せよ。故旧を絶ちて、義と背け。
 (恥に耐え、命の限りに全力を尽くせ。旧友との交際を絶ち、義理に背け。
  もし富を得たいのならば)」

 孟子


さて、土曜日。GW明けに二日会社に行っただけなのに、、、昼まで寝てました。
会社なんて週に2日で十分じゃ などと思った人は俺だけじゃないはず。

夕方からOBオケの練習でした。シベリウス、エンサガ
今日は戦線練だったのですが、ここの先生はシベリウス大好き人間。
この先生のシベリウスは非常に面白い。

今日も、今までもやっとしてた箇所が「おっ、そういうことだったのか!」と
すっきりした箇所が何箇所かありました。

もう少し練習しよう。

練習後、大学同期3人と軽飲み。時間も時間なんで一杯だけ。
このメンバーで、軽く飲みながら、魚と野菜つまみながら一杯で帰るなんて、、、大人になった(?)

会話はいつもどおり、音楽や車や仕事の話などですが、やっぱり気心知れたメンツは良いです。

富を築くために、これを断つくらいなら富などいらぬ。ま、全力で頑張りはしますが、、、

酔い
「今こそは酔うべき時だ!
 『時間』に酷使される奴隷となり終らぬためには、絶えず酔っていなければならぬ。
 酒であろうと、詩であろうと、徳であろうと、それは君にまかせる」
 
 ボードレール「パリの憂鬱」より


完全に酒に酔った、、、、
明日から、時間に酷使される奴隷になりそうだ。
そのために今日は全開でした。

そしてGWも終わり。かなりゴールデンなウィークでした。

ではまた明日。

久しぶりの木管飲み
「最高だけを望んでいると、最高のものが手に入るのが、人生のおもしろいところだ。」
  W・サマセット・モーム

「一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。」
 アインシュタイン


久しぶりに大学の後輩たちと飲んできました。
まずは、昼から後輩とアンサンブル。自作含め数曲を合わせてきました。
いや、やはりアンサンブルは楽しい、と心から思う。
Hendel の Trio Sonata いいね。また、やるぞ。
最高のアンサンブルを作り上げるのだ。と意気込む今日この頃。

その後、16時から餃子飲み@飯田橋。
そのまま、18時から木管新歓@飯田橋。
そのまま、20時から木管二次会@飯田橋。

ついこないだまで一年生で入ったばっかりだった後輩たちが、早くもOBになってました。
時間が過ぎるのは早いものです。

引用の「サマセット・モーム」って何者か知らないが、素晴らしい名言です。
アインシュタイン先生はさすがですね。意味のある一日でした。
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。