日常生活の中で出来事から、考えたこと、感じたことを適当に。 音楽やら、数学やら、食べ物の話やら、好きなことを好きなだけ気が済むままに。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価反発
「経済学の研究が明らかにするのは、何かを買う最善の時期は常に去年である、ということだ。」
 マーティ・アレン(アメリカの俳優)


しばらく日記を書いていなかったせいで、手元に名言がたくさんたまっています。
少しずつ消化します。

どんな生活をすれば、手元に名言がたまるんだ、、、と言う疑問は無しにして、、、

株か、ドルか、ユーロか、、、
適当なタイミングで掴まないとね、ホバリング中に。
スポンサーサイト

バフェットの言葉
文字色「自分の純資産の10パーセントを注ぎ込む勇気と確信をもてないなら、
 その銘柄に投資するべきではない」

「損をしたのと同じ方法で金を取り戻す必要はない」

 バフェットの教訓(メアリー・バフェット&デビット・クラーク)より


世界第二位の大富豪、ウォーレン・バフェット
言わずと知れた、伝説的な投資家。

今まで、名前は聞いたことはあっても関連する本を読んだことはなかったのですが、
ちょっと買ってみました。

相変わらず影響を受けやすい体質ですが、、、この人はなかなかすごい。
何がすごいって、やっぱりただの投資家じゃない。
当たり前か?

ビジネスの世界を先読みする力に優れていただけじゃない。
人格的にも優れていて、多くの人から尊敬されている。
自分の哲学を持っていて、人と意味のないことで無理に争ったりもしない平和主義者。
圧倒的な自信。信念

引用は投資に関する言葉ですが、人生全般に通用する素晴らしい言葉や考え方のつまった本です。
株を実際にやっている人はもちろん、やっていない人もちょっと読んでみたら面白いかも。

20世紀最高の経営学者「ドラッガー」や、バフェットなど、
この手の人の本を読むと、、、やはり、「ただものではない」を感じます。
はじめてトヨタ方式を読んだ時の感動を思い出しました。

初体験
「何が値上がりしそうかわからない者は、一年で商売をやめることだ」
 ヘイウッド「英語の諺」(1546年)より


ぎゃふん、わからない・・・やめようかな・・・^^;

今日は念願の株のデイトレードをやってみました。
リアルタイムで株が売り買いされていって、値段が動いていくのを見ていたら、(自分の部屋のくせに)雰囲気に呑まれてしまい禄に注文をだせず。

「買おうかな」って迷ってた株が、10分で15円くらい上がっていくのを指をくわえてみてたり、実際買った株が1円しか上がらなくて、結局売るタイミングを失ってみたり・・・
日経平均が下がっていくのをみて「今日は買ってもだめかぁ」と思ってみたり。
まだまだ先は長いです。
でもおもしろい・・・はまり過ぎないようにしましょう!

「十月。これは株に手を出すには特に危険な月だ。そのほか危険な月は、七月と一月と九月と四月と十一月と五月と三月と六月とニ月と八月、それになんといっても十二月だ。」 マーク・トウェイン

「僕はずっと山に登りたいと思っている。……でも明日にしよう」 おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。  レオ・ブスカリア


前に「株をはじめたい」と書いたのはなんと2月2日でした。ずいぶん間が空いてしまった・・・。さぁ、今度こそはじめよう。やっぱり始めようと思ったら始めねば!忙しいを言い訳にしない!

目標ROLEX GMTマスター!
Copyright © 名言の宝箱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。